Now Loading

当帰養血精の効能効果・弁証論治・舌診等

貧血をはじめ、各種婦人科系疾患を治す聖薬

↓ご注文へ ↓ページ最終へ 次頁⇒食養生・ツボ・生活改善

この商品ページは、3ページあります。

当帰養血精

 弁証論治

中薬学

中医学漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学漢方)の良さは、薬そのものよりも、にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

 弁証論治概要

症状・所見→四診→証→治法→方剤
血虚  
心血虚  
肝血虚  

次の症状のいくつかある方は、四物湯が良く効く可能性が大きいです。

四物湯


 八綱分類

裏寒虚(りかんきょ) 裏 寒 寒 虚 …証(体質・症状)が、裏証(慢性症状)、寒証(冷え)、虚証(虚弱)、燥症(乾燥)、血虚(血流不足・貧血症状)の方に適応します。



 八法(治法の8分類)

四物湯は、補法:気血陰陽あるいは臓腑の虚損を補養する治法です。

【中薬大分類】補益剤…正気を補う方剤です。補益薬を主体にして正気の不足である虚証を改善する方剤です。扶正剤・補剤ともいいます。

【中薬中分類】補血剤…血を補う方剤です。血虚に対する方剤です。養血剤ともいいます。

 気血津液

人体の生命を支える要素として、氣(qi)・血(blood)・津液(body fluid)の3つがあります。
●血虚…血が不足している方が使用します。血の濡養(栄養・滋潤)作用の不足による症候で、広義での栄養不良状態に相当します。 皮膚につやがない、爪の色が悪い、頭のふらつき、目がかすむ、しびれ感などの症状を呈します。

【気血津・臓腑証】
血虚(けつきょ)…補血の基本方剤です。構成は単純で、補血薬と活血薬のみからなります。補血の熟地黄・白芍・当帰は全身の栄養・滋潤に働い て栄養状態を改善し、二次的に内分泌や自律神経系の失調を改善します。補血の効能を全身に広げるのが循環促進に作用する活血の川芎・当帰です。なお、四物湯は月経調整に働きますが、間接的には補血の効果で内分泌系・自律神経系の失調を改善し、直接的には子宮筋に作用することにより効果を生じると考えられます。子宮筋に直接作用するのは白芍・当帰・川芎で、白芍は筋弛緩に働くのに対し、当帰・川芎は緊張の強いときには弛緩に、緊張が弱いときには収縮に働くという調整作用をもっています。この3薬が協同して調整的な効果を生じます。また、白芍・当帰・川芎は止痛の効能をもち、血虚にみられる筋肉のひきつりや痙攣(けいれん)を改善します。

 中医学基礎知識

中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
女性 五臓(ごぞう)   気・血・津液・精   弁証論治・事典  

【証(病機)】肝血虚(かんけっきょ)

女性 > 男性 女性の使用が多い方剤です。

【中医学効能(治法)】 補血活血・調経・滋補肝血・養血(肝・心)

【用語の説明】(term)

リンク補血(ほけつ) »…血を補うことです。=益血、養血。

リンク活血(かっけつ) »…血の流れを良くすることです。

リンク調経(ちょうけい) »…月経を調節することです。

リンク肝血虚(かんけっきょ) »…肝血の不足によるもの、栄養障害、視覚系や運動系の異常・月経異常などがみられます。

リンク血虚(けっきょ) »…体を栄養する血が不足した状態です。貧血などで栄養成分が不足した状態です。顔色不良、口舌が淡白、爪・毛髪につやがない、ふらつき、視力減退などがあります。

リンク滋補肝血(じほかんけつ) »…肝血を補って肝を強化することです。

 証の判定

判定

証(症状・体質)判定を望む方判定の方証判定メニュー  
※この判定のために、AI(人工知能)のエキスパート・システムを構築しました。Java


 診断のポイント

●貧血
●皮膚枯燥
●下腹に軽い抵抗(臍上悸)


【病症】(symptoms) 次の病症どれかのある方に本処方は適合します。

●体力がやや衰えている。
●皮膚が枯燥していて血色が悪い。
●手足が冷える。
●月経不順。
●貧血。
●下半身の出血がある。


当帰の作用
左図は、当帰の花の写真です。
7割を占める当帰の作用は次の通りです。
●補血作用…血の機能を高め、身体の栄養分を補います。
●行血作用…子宮を収縮して、瘀血(流れの滞った状態の血液)を排出したり、子宮の痙攣を抑えます。
●潤腸作用…腸内の水分不足を改善し、便秘に効果を発揮します。
●調経作用…月経を調節します。
●鎮静作用…気持ちを静める作用です。

クスリ

当帰養血精の4つの特徴
当帰養血精には4つの特徴があります。

第1の特徴は、成分の70%を占める当帰が血を補い、巡らせ、「補血」、「調血」、子宮の発育を促進することです。特に子宮収縮の抑制と促進という双方向に調整する働きを持っていて、その時の体調によって子宮をゆるめ、血流を増加させて栄養を改善し、あるいは逆に子宮を収縮し、リズムを回復します。

第2の特徴は、黄耆(おうぎ/マメ科の植物キバナオウギの根)を加えていることです。疲れを防ぎ、精力の回復のために当帰と黄者の配合は非常に価値があります。黄書はパワーとエネルギーを補充し、筋肉運動を支配しています。「目は口ほどに物を言う」という諺がありますが、目は顔の表情の中で一番大切で、瞳が輝いていると、豊かで魅力的な表情を作ることができます。いきいきした表情にも黄耆は役立っています。

第3の特徴は、「養血」、「止血」の働きを持った阿膠(あきよう/ロバからとったにかわ`コラーゲン)を加えることによって、補血の効能を増強しながら出血を止めることです。不正性器出血、子宮筋腫による多月経、腸からの出血(便血)、痔出血などを繰り返す、血虚傾向の方の体質の改善薬として使用されています。

第4の特徴は、胃腸の消化吸収をよくする党参(とうじん)、茯苓(ぶくりょう)、甘草(かんぞう)が配合してあることです。貧血の人には鉄剤を投与しますが、鉄剤には、むかつき、胃のもたれ、食欲不振などの「副作用」も決して少なくありません。

一方、補血剤の当帰養血精の中の党参、黄耆、茯苓、甘草は胃を丈夫にさせ、腸を整え、消化吸収を助けてくれます。従って食欲も出て貧血を早く改善します。その上に、党参、茯苓、甘草が、「氣」を補うことにより補血作用をさらに強めてくれます。
当帰養血精はこうした4つの特徴を持ち、配合のすばらしさから、「補血」・「調血」の効能は四物湯より優れ、まさに「女性の宝、美容の宝」です。
同時に、女性のみならず、「血虚」から起こるすべての症状に、したがって「冷え」を感じる男性にも当帰養血精は適用できます。

クスリ

当帰養血精
当帰養血精の集い!

クスリ

 舌診

舌診舌診(tongue) 淡、薄白苔または無苔です。


舌診

舌診
上図の舌象と似ている舌の方は、四物湯が良く効く可能性が高いです。

下のボタンをクリックすると、健康な人の舌が表示されます。ご自分の舌を鏡で見て確認してください。

 脈診

脈診【脈診】(pulse) 弦細です。時に渋です。

 腹診

腹診【腹診】(abdomen) 腹部が全体に軟弱で臍(へそ)の上に動悸があります。

 合方

【合方】(複数の漢方薬を合わせた処方)
他剤との効用併用を示します。合方は良効なケースが多いです。
本方の証の方で、さらに次の症状がある方は、合わせて次の方剤を飲むと良く効きます。
病症症状 合 方 備 考
四物湯証で胃腸の動きが弱い場合 四物湯+小建中湯  
双和湯
四物湯証に脾胃の気虚を伴う場合 四物湯+四君子湯  
八珍湯

 使用方法

正しく使用 食前または食間に服用 ●成人(15歳以上)…1日2回、1回4mLを朝夕服用する。
●15歳未満…服用しないこと。

<用法・用量に関する注意>
●服用前に容器をよく振ってください。
計量スプーン

 成分

生薬
成人(15歳以上)1日の服用量8.0mL中に、下記成分及び分量より得た当帰養血精抽出エキス4.8mLを含んでいます。

当帰(トウキ)…5.52g
黄耆(オウギ)…0.36g
地黄(ジオウ)…0.36g
茯苓(ブクリョウ)…0.36g
芍薬(シャクヤク)…0.36g
川芎(センキュウ)…0.16g
甘草(カンゾウ)…0.16g
党参(トウジン)…0.36g
阿膠(アキョウ)…0.36g

添加物として白糖安息香酸ナトリウムを含有する。

 組成成分

次図をクリックすると各生薬の詳細説明にリンクします。
熟地黄  芍薬  当帰  川芎 

 構成生薬の説明

1.当帰・芍薬・熟地黄は、全身を栄養・滋潤し、神経機能や内分泌機能を正常化させます(補血)。
2.当帰・川芎は、血管拡張によって循環を改善し、栄養物の分配・供給を強めます(活血)。
3.当帰・芍薬・川芎は、子宮筋の収縮を調整して正常化させます。当帰は子宮の発育促進に働きます。また、4薬すべてがもつ栄養・滋潤・血行促進などの作用により、子宮・卵巣などの機能を改善して、月経調整に働きます(調経)。
4.芍薬・当帰・川芎は、鎮静作用をもち、自律神経系の失調を改善します。
5.熟地黄・芍薬には、ある程度の止血効果があります。
. (補足)
本方は血虚に対する基本処方で、多くの場合は加減して用いる。
なお、血虚は貧血ではないので、貧血を目的に使用すべきではありません。


四物湯の中薬一覧(herb list)
生薬名(herb name) 薬量(quantity) 君臣佐使(role) 効能1 効能2 効能3 大分類 中分類
熟地黄 »

3

臣薬

補血

滋陰

補虚薬

補血薬

芍薬 »

3

佐薬

補血

調経・止痙

補虚薬

補血薬

当帰 »

3

君薬

補血

活血

調経・止痙

補虚薬

補血薬

川芎 »

3

使薬

活血

調経・止痙

活血化瘀薬(理血薬)

君薬…方剤配合中の主薬で、症状に対して主に作用する薬物です。
臣薬…主薬を補助して主薬の効き目を強化する薬物です。
佐薬…主薬に協力して二次的な症状を取り除くか、または主薬を制御し、主薬による副作用を抑えるか防ぐ薬物です。
使薬…方剤の中では二次的な薬物か、引経(薬物を病のある場所まで引率していく作用)の薬物です。

 製剤・薬剤形状

シロップ剤

内用液剤 内用液剤…店頭でよく売れているドリンク剤や子供用に多いシ□ツプ剤などです。飲みやすく、吸収が速いのが特徴です。一般的な液剤・シロップ剤・チンキ剤・エレキシル剤.懸濁剤.乳剤・酒精剤・浸剤・煎剤・リモナーデ剤・ドリンク剤・ミニドリンク剤.アンプル入り内服液剤などがあります。容器から一定量を取り分けて服用する内用液剤は、コップなどに取り分けて飲むようにします。

処方の副作用  処方の副作用

証が合わなかった場合には、食欲が落ちることがあります。

使用上の注意  使用上の注意

---------------------------------------------------- 1. 次の人は服用前に、医師又は薬剤師に相談して下さい。
医師の治療を受けている人
2. 次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)服用後、次の症状があらわれた場合 関係部位 症状
皮ふ 発疹・発赤、かゆみ
消化器 食欲不振、悪心・嘔吐
  (2)しばらく服用しても症状がよくならない場合
----------------------------------------------------------------------- 保管及び取扱い上の注意
(1) 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して立てて保管して下さい。
開封後は、品質保持の点から冷・暗所(約3~10℃)に保管して下さい。
アキョウが入っていますので、まれに固まることがありますが、その場合は常温に戻し、服用前によく振ってから服用して下さい。
(2) 小児の手のとどかない所に保管して下さい。
(3) 他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4) 服用のつど、キャップをよく拭き、常に清潔にしてから、キャップをしっかり閉じて下さい。
(5) 開封後は、なるべく早く(2~3ヶ月以内)に服用して下さい。
(6) 付属の計量スプーンは服用のつど、洗浄して常に清潔にして下さい。
(7) 使用期限を過ぎた製品は、服用しないで下さい。

【妊娠・授乳の注意】女性
●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。



補足説明  補足説明

 


ツムラ漢方薬一覧へ

 注 文

shopping 当帰養血精のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 この商品を買う↓
k1197 300mL入(約37日間) 5,400円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

↑ページ先頭へ