銀翹解毒散エキス細粒(銀翹散) 食養生 ツボ 生活改善等|ハル薬局|3頁目
Now Loading

銀翹解毒散エキス細粒の食養生 ツボ 生活改善等

風熱表証のかぜによる発熱・咽喉(のど)の痛み・口(のど)の渇き・咳(せき)・頭痛に

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

銀翹解毒散エキス細粒

食養生  食養生1

食養生

 銀翹散は、体質: タイプです

養生法

●料理が薬(くすり)になる膳=薬膳
●薬膳=食べる方の体質に合っている食事料理
●薬膳は中華料理とは限りません。日本の日常の食材で作れます。

 養生法

のどや身体の炎症を排除することを目的に、熱を冷まし、消炎、利尿のはたらきをもち、食性が「寒涼性」か食味が「辛味」の食材がよく使用されます。



次の食材を積極的にご利用ください。

 漢方食材

葛粉 金銀花 陳皮

 薬味etc.

 穀類・豆類

 野菜・キノコ

きゅうり(胡瓜) トマト(蕃茄)

 果物・木の実

 魚介・海藻

蟹

 風邪(ふうじゃ)+火邪(熱邪)によるカゼまたはインフルエンザ


かぜという病気は、上気道(鼻腔、咽頭、喉頭)の粘膜に起こる感染性の炎症で、のどの痛みから始まることも多いものです。炎症が気管や気管支などの下気道にも広がると、せきや痰が出てきます。

こうした炎症症状が前面に出るかぜは、中医学では「熱邪(ねつじゃ)」が原因と考えます。熱が体にこもり、悪化すると高熱が出ます。のどが赤く腫れて痛みが出て、のどが渇き、冷たい水を欲しがります。強い頭痛やせきなども伴います。

このタイプのかぜは、強力なウイルスに感染したとき、あるいはふだん大酒を飲んだり、タバコの吸いすぎや辛いものをとりすぎる体質の人に起こりやすいのが特徴です。

 調味料

 飲 物

緑茶

 風熱の食材

くず湯が手軽です。くず粉を少量の水で溶いてお湯を注ぎ、弱火にかけて透明になるまでかき混ぜます。しょうが汁や甘みを補うと飲みやすいです。かぜかなと思ったときにおすすめです。

ツボ(経穴)  ツボ(経穴)1

 銀翹散は、体質: タイプです

ツボ(経穴)

●気になる不調を自分で手軽にケアする方法として、おすすめなのが『ツボ』(経穴)です。

数千年の歴史を持つ中医学(東洋医学)の治療法です。

WHO(世界保健機関)の主導でツボの名称統一を行うなど、最近は世界的にも関心が高まっている治療法です。

「お茶で一服する」「トイレに立つ」といったタイミングでツボを押すことを、ぜひ習慣化しましよう。その場で不調を解消できるだけでなく、病気への抵抗力や免疫力を日々、高めていくことが可能です。

 合谷(ごうこく)

合谷(ごうこく)

上半身の熱や余分なものの溜まりを取る作用があります。

 つぼの見つけ方

手の甲側の、親指と人差し指のまたから少し入ったところにあって、押して痛むところにあるツボです。

 つぼの押し方

押しこむようにグーッと押します。

経穴

 風邪(ふうじゃ)+火邪(熱邪)によるカゼまたはインフルエンザ

かぜという病気は、上気道(鼻腔、咽頭、喉頭)の粘膜に起こる感染性の炎症で、のどの痛みから始まることも多いものです。炎症が気管や気管支などの下気道にも広がると、せきや痰が出てきます。

こうした炎症症状が前面に出るかぜは、中医学では「熱邪(ねつじゃ)」が原因と考えます。熱が体にこもり、悪化すると高熱が出ます。のどが赤く腫れて痛みが出て、のどが渇き、冷たい水を欲しがります。強い頭痛やせきなども伴います。

このタイプのかぜは、強力なウイルスに感染したとき、あるいはふだん大酒を飲んだり、タバコの吸いすぎや辛いものをとりすぎる体質の人に起こりやすいのが特徴です。

 風門(ふうもん)

風門(ふうもん) 風の邪気は、風門から入って風邪が発生します。

 つぼの見つけ方



 つぼの押し方




ツボ

 風池(ふうち)

風の邪気は、風池に溜(た)まります。押せば、風邪の諸症状に効果絶大です。

 つぼの見つけ方

首の後ろの中央のくぼみから左右2寸のところのツボです。

 つぼの押し方

中指を立てて、ツボに対して垂直に押します。左右両方を一緒に押すといいです。


ツボ

 風府(ふうふ)

風の邪気は、風府に集まって風邪をこじらせます。

 つぼの見つけ方



 つぼの押し方



生活改善アドバイス  生活改善アドバイス1

 銀翹散は、体質: タイプです

生活改善アドバイス

●世界の伝統医学の中でも、最も理論体系が整い、豊富な治療手段を備え、長い経験の蓄積があり、実用性の高いのが中医学(東洋医学)です。

この医学は病気の治療ばかりでなく、養生思想も内容が豊かで、病気の予防や健康増進にも活用できます。

その大きな特徴は、一人一人に合わせたやさしい眼差しで、各個人の体質を見極め、体質や体調に合った養生や生活改善を提案することです。

 生活環境対応

水分不足

 熱感が強い方の養生法

高熱が出て、ふとんをはぎたくなるくらい暑く感じるのは、火熱の邪の勢力が強い状態です。

鼻やのどから病邪が侵入するので、のどが痛むことが多いのが特徴です。

かぜのひきはじめには寒気がすることもありますが、期間は短く、すぐに熱っぽくなって、のどがかわきます。

汗をかいて病邪を発散させ、体の熱を冷ますことが大切です。

また、水分が不足しやすいので、こまめに水分を補いましょう

養生訓

 風邪(ふうじゃ)+火邪(熱邪)によるカゼまたはインフルエンザ

風邪(かぜ)という病気は、上気道(鼻腔、咽頭、喉頭)の粘膜に起こる感染性の炎症で、のどの痛みから始まることも多いものです。炎症が気管や気管支などの下気道にも広がると、せきや痰が出てきます。

こうした炎症症状が前面に出るかぜは、中医学では「熱邪(ねつじゃ)」が原因と考えます。熱が体にこもり、悪化すると高熱が出ます。のどが赤く腫れて痛みが出て、のどが渇き、冷たい水を欲しがります。強い頭痛やせきなども伴います。

このタイプのかぜは、強力なウイルスに感染したとき、あるいはふだん大酒を飲んだり、タバコの吸いすぎや辛いものをとりすぎる体質の人に起こりやすいのが特徴です。

風熱

 備 考

(remarks)
銀翹散がつくられたのは、東洋医学の全盛期といわれる清の時代※。その処方は、呉鞠通(ごきくつう)という有名な漢方医により書かれた「温病条弁(うんびょうじょうべん)」という医術の書物に記されています。そこで、つくられたのが銀翹散です。

日本であまり知られてこなかったのは、日本がちょうど江戸時代で、鎖国の政策がとられており、銀翹散の知識が伝わってこなかったからです。しかし、漢方薬の本場となる中国では、葛根湯以上に親しまれている風邪薬になります。

※西暦1644年~1912年で、日本の江戸時代から明治時代

風邪症候群の漢方薬と症状の関係

●風邪症候群の漢方薬と症状の関係
漢方薬























備考
銀翹散 表熱実 赤い風邪(温熱病)。炎症性のカゼではほとんど寒気(さむけ)が無く、熱感が強く、初めから熱がでます。特に口が渇いてノドに熱を持つことが多く、赤く腫れて痛むカゼです。
葛根湯 表寒実 × 青い風邪(傷寒)。症状としてまず寒気を訴え、次第に熱がでて、頭痛や肩こり、節々の痛みなどを訴え、顔色が青白いカゼです。
麻黄湯 表寒実 × 青い風邪(傷寒)。症状としてまず寒気を訴え、次第に熱がでて、頭痛や肩こり、節々の痛みなどを訴え、顔色が青白いカゼです。
桂枝湯 表寒虚 × × 青い風邪(傷寒)。症状としてまず寒気を訴え、次第に熱がでて、頭痛や肩こり、節々の痛みなどを訴え、顔色が青白いカゼです。
霍香正気散 裏熱虚 胃腸症状の風邪。

◎、○、△ = 使用目標 (症状の強さ=◎>○>△)
▲ = 無いか、あっても極わずか
× = ある場合は適応しない

江戸時代町人文化まっさかり

銀翹散がつくられたのは、東洋医学の全盛期といわれる清の時代。その処方は、呉鞠通(ごうぎくつ)という有名な漢方医により書かれた「温病条弁(うんびょうじょうべん)」という医術の書物に記されています。
従来、傷寒論(しょうかんろん)という書物に記された治療が行われてきましたが、生活様式の変化に伴って、新しい治療体系ができあがり、「温病条弁」の概念が取り入れられました。そこで、つくられたのが銀翹散です。

日本であまり知られてこなかったのは、日本がちょうど江戸時代で、鎖国の政策がとられており、銀翹散の知識が伝わってこなかったからです。しかし、東洋医学の本場となる中国では、葛根湯以上に親しまれている風邪薬になります。

※西暦1616年~1912年で、日本の江戸時代から明治時代

風寒と風熱
外界からの邪には、風(ふう)寒(かん)熱(ねつ)湿(しつ)燥(そう)などがあり、中でも風(ふう)は、常に動きまわり、ほかの邪を運ぶといわれています。寒は風によって運ばれてきて感冒となった場合を風寒感冒、熱が運ばれてきた場合は風熱感冒と呼びます。運ばれる邪の種類によって、風邪の症状も異なると考えます。実は感冒をカゼ(風邪)と呼ぶのは、このように邪を運んでくるからです。すなわち邪の種類によって感冒の症状は異なってくるのです。ですから症状をよく見極め、症状に合った薬を使うべきというのが、漢方の考え方です。熱と結びつくと風熱感冒と呼ばれ春から初夏にかけて多いと考えられています。体の熱感、のどの痛みや、冷たい水をほっするのどの渇きなどが主症状にあげられます。風熱感冒の治療では熱を冷ます生薬を含む漢方薬を用います。つまり、解熱、解毒、炎症を抑えていくわけです。

銀翹散(ぎんぎょうさん)は、風熱型の風邪に効果がある生薬製剤。
金銀花(キンギンカ)、淡豆?(タンズシ)、連翹(レンギョウ)、牛蒡子(ゴボウシ)、桔梗(キキョウ)、淡竹葉(タンチクヨウ)、甘草(カンゾウ)、荊芥(ケイガイ)、薄荷(ハッカ)、羚羊角(レイヨウカク)という10種類の生薬(しょうやく)が組み合わされてつくられています。

銀翹散がつくられたのは、東洋医学の全盛期といわれる清の時代※。その処方は、呉鞠通(ごうぎくつ)という有名な漢方医により書かれた「温病条弁(うんびょうじょうべん)」という医術の書物に記されています。 従来、傷寒論(しょうかんろん)という書物に記された治療が行われてきましたが、生活様式の変化に伴って、新しい治療体系ができあがり、「温病条弁」の概念が取り入れられました。そこで、つくられたのが銀翹散です。

日本であまり知られてこなかったのは、日本がちょうど江戸時代で、鎖国の政策がとられており、銀翹散の知識が伝わってこなかったからです。しかし、東洋医学の本場となる中国では、葛根湯以上に親しまれている風邪薬になります。

※西暦1616年~1912年で、日本の江戸時代から明治時代

2009年新型インフルエンザ

2009年の新型インフルエンザ騒動

漢方を中心とした治療を行う平馬医院(内科・アレルギー科、神奈川県大和市)の平馬直樹院長は、2009年の新型インフルエンザ騒動の後、中国で現地調査に当たった。「中国では新型インフルエンザウイルスに対して桂麻各半湯(けいまかくはんとう)や銀翹散(ぎんぎょうさん)で治療効果を上げていた」(平馬院長)。

銀翹散解熱効果
銀翹散の解熱効果割合

判定  類方鑑別

【銀翹散類似処方の紹介】…次の方剤は、使用目的が銀翹散に比較的近い方剤です。あなたの症状とともに、比較検討してください。

香蘇散   …比較的体力の低下した人の感冒の初期で、不安、不眠、頭痛、抑うつ気分などの精神神経症状、食欲不振などの胃腸症状を伴う場合に用いる。(気滞の感冒)

葛根湯   …比較的体力のある人の熱性疾患の初期で、悪寒、発熱、頭痛は本方に似ているが、より激しく、項背部のこわばり、体痛などを訴え、自然発汗の少ない場合に用いる。(太陽陽明合病)

桂枝湯   …比較的体力の低下した人の熱性疾患で、悪寒、発熱、頭痛とともに、のぼせ、身体痛などを訴え、この時、自然に発汗することが多い場合に用いる。(太陽中風)

麻黄湯   …体力中等以上の人で、悪寒、発熱、頭痛、腰痛、四肢の関節痛、筋肉痛などが一層顕著で、特に咳漱、喘鳴を伴う場合にもちいる。(太陽傷寒で表不解、無汗、脈浮緊)

 注 文

shopping 銀翹解毒散エキス細粒のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k1181 2.5g×15包(スティックタイプ)(5日分) 2,592円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

↑ページ先頭へ