銀翹解毒散エキス細粒(銀翹散) 効能効果・弁証論治・舌診等|ハル薬局|2頁目
Now Loading

銀翹解毒散エキス細粒の効能効果・弁証論治・舌診等

風熱表証のかぜによる発熱・咽喉(のど)の痛み・口(のど)の渇き・咳(せき)・頭痛に

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

銀翹解毒散エキス細粒

 弁証論治

中薬学

中医学漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学漢方)の良さは、薬そのものよりも、にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

 弁証論治概要

症状・所見→四診→証→治法→方剤
風熱(表熱)  
熱邪犯肺・風熱犯肺  

次の症状のいくつかある方は、銀翹散が良く効く可能性が大きいです。

銀翹散


 八綱分類

表熱実(ひょうねつじつ) 表 熱 熱 実 …証(体質・症状)が、表証(急性症状)、熱証(炎症、ほてり)、実証(体力はある)の方に適応します。



 八法(治法の8分類)

銀翹散は、汗法:肺気を宣発し営衛を暢調にして膜理を開泄することにより、「遍身にちゅうちゅうと汗出づ」の状態にし、肌表にある外邪を汗とともに解除する治法です。

【中薬大分類】解表剤…発汗、解肌、透疹等をうながして、初期の感冒等表証に対処する方剤です。主に外感病の初期に使用します。

【中薬中分類】辛涼解表剤…冷やしながら解表(体内表面の邪気を除く)する方剤です。風熱表証(表熱)に用います。

【気血津・臓腑証】
表熱(ひょうねつ)辛涼解表の代表方剤です。発汗・消炎して表熱を緩解させるもので、非常に有効です。発熱・熱感あるいは軽度の寒け・咽痛・頭痛に使用します。
日本でみられる大多数の感冒は、初期には表寒を呈してもすぐに化熱して表熱となり、子供などでは初発から表熱を示すことが多いです。また、炎症傾向の強い感染症でも表熱が大多数です。
こうした状況から、辛温解表剤(葛根湯など)よりも辛涼解表剤(銀翹散)の方がはるかに適応が多く、有効です。

 中医学基礎知識

中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
女性 五臓(ごぞう)   気・血・津液・精   弁証論治・事典  

【証(病機)】表風熱・風熱犯衛(ひょうふうねつ・ふうねつはんえ)

【中医学効能(治法)】 辛涼解表・清熱解毒・軽宣透表・泄衛透汗・疏散風熱・利咽

【用語の説明】(term)

リンク辛涼解表法(しんりょうげひょうほう) »…辛涼解表法:辛涼の薬で冷まし風熱の邪を体表から発散させる治療法です。発熱、咽痛、咽の腫れを治します。類語:祛風清熱法。

リンク清熱解毒(せいねつげどく) »…解熱と抗炎症の作用のある方法です。

リンク風熱表証(ふうねつひょうしょう) »…体表から風熱の邪が侵入して起こる軽い悪風、高熱、咽の痛み・発赤・腫脹などの症状です。

リンク温病(おんびょう/うんぴょう) »…感染性発熱疾患のことです。温熱の邪を感受することでの発病です。←→傷寒。習慣的に「うんぴょう」と読むことが多いです。四季それぞれの季節において、温熱の邪を感受して引き起こされる各種外感急性熱病の総称です。臨床症状には、発病が比較的急・初期にかなり激しい熱象が現れます。病状の変化が速い・燥に変化し陰を傷つけることが多い、などの特徴があります。治療は、衛気営血あるいは三焦弁証理論にもとづき、解表・清気・通下・清営・涼血・開竅・熄風・滋陰・化湿などの治法を、各種の温病に対応させて用います。

 証の判定

判定

証(症状・体質)判定を望む方判定の方証判定メニュー  
※この判定のために、AI(人工知能)のエキスパート・システムを構築しました。Java


 診断のポイント

●寒気(さむけ)は、ほとんどない
●口が渇く
●咽喉(のど)に熱を持つ


【病症】(symptoms) 次の病症どれかのある方に本処方は適合します。

●寒気(さむけ)は、ほとんどない
●口が渇く
●咽喉(のど)に熱を持つ


 舌診

舌診舌診(tongue) 舌尖辺が紅、舌苔が薄白あるいは薄黄です。


舌診

舌診
上図の舌象と似ている舌の方は、銀翹散が良く効く可能性が高いです。

下のボタンをクリックすると、健康な人の舌が表示されます。ご自分の舌を鏡で見て確認してください。

 脈診

脈診【脈診】(pulse) 浮数です。

 腹診

腹診【腹診】(abdomen) 不定です。

 合方

【合方】(複数の漢方薬を合わせた処方)
他剤との効用併用を示します。合方は良効なケースが多いです。
本方の証の方で、さらに次の症状がある方は、合わせて次の方剤を飲むと良く効きます。
病症症状 合 方 備 考
高熱(38度以上)の場合 銀翹散+地竜  

 使用方法

正しく使用 食間に服用 次の量を1日3回食間に水又は白湯で服用して下さい。
(食間とは食後2~3時間を示します)
成人(15歳以上) 1回1包、1日3回
7歳以上15歳未満 1回1/2包、1日3回
5歳以上7歳未満  1回1/4包、1日3回
5歳未満 服用させないこと

 成分

生薬
1日量:3包中
連翹 (レンギョウ)…4.260g
金銀花 (キンギンカ)…4.260g
甘草 (カンゾウ)…2.556g
牛蒡子 (ゴボウシ)…2.136g
桔梗 (キキョウ)…2.556g
淡豆子 (タンズシ)…2.136g
薄荷 (ハッカ)…2.556g
淡竹葉 (タンチクヨウ)…1.704g
荊芥 (ケイガイ)…1.704g
羚羊角 (レイヨウカク)…0.132g
上記の分量で混合し製した銀翹解毒散乾燥エキス4.3gを含有する細粒剤です。
添加物として、トレハロース、メタケイ酸アルミン酸Mg、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、軽質無水ケイ酸、トウモロコシデンプンを含有します。
銀翹散の主成分の金銀花や連翹が解熱・解毒をして、桔梗、薄荷、牛蒡子は、肺の機能を整え、痰や咽喉の痛みを和らげます。

 組成成分

次図をクリックすると各生薬の詳細説明にリンクします。
薄荷  リンク淡豆鼓(9) »  牛蒡子  金銀花  連翹  荊芥  リンク淡竹葉(9) »  リンク芦根(15) »  リンク生甘草(3) »  桔梗 

 構成生薬の説明

外界からの邪には、風(ふう)寒(かん)熱(ねつ)湿(しつ)燥(そう)などがあり、中でも風(ふう)は、常に動きまわり、ほかの邪を運ぶといわれています。 寒は風によって運ばれてきて感冒となった場合を風寒感冒、熱が運ばれてきた場合は風熱感冒と呼びます。運ばれる邪の種類によって、風邪の症状も異なると考えます。 実は感冒をカゼ(風邪)と呼ぶのは、このように邪を運んでくるからです。すなわち邪の種類によって感冒の症状は異なってくるのです。 ですから症状をよく見極め、症状に合った薬を使うべきというのが、漢方の考え方です。熱と結びつくと風熱感冒と呼ばれ春から初夏にかけて多いと考えられています。 体の熱感、のどの痛みや、冷たい水をほっするのどの渇きなどが主症状にあげられます。風熱感冒の治療では熱を冷ます生薬を含む漢方薬を用います。 つまり、解熱、解毒、炎症を抑えていくわけです。

銀翹散(ぎんぎょうさん)は、風熱型の風邪に効果がある生薬製剤。
金銀花(キンギンカ)、淡豆豉(タンズシ)、連翹(レンギョウ)、牛蒡子(ゴボウシ)、桔梗(キキョウ)、淡竹葉(タンチクヨウ)、甘草(カンゾウ)、荊芥(ケイガイ)、薄荷(ハッカ)、羚羊角(レイヨウカク)という10種類の生薬(しょうやく)が組み合わされてつくられています。

●主薬の辛涼解表・清熱解毒薬の金銀花・連翹が炎症や化膿を鎮め、解熱させますよ!。

●薄荷、淡豆鼓、荊芥は解表薬として、発汗させて熱を放散する作用と消炎作用により主薬を助けますね。

●唯一の辛温薬である荊芥は、体表血管を拡張し、解熱と咽痛の緩解に働きます。

●清熱、生津止渇薬の淡竹葉は、強く消炎し、化膿傾向を抑制し、また、口渇などの乾燥状態を和らげます。

●桔梗、牛蒡子、甘草は宣肺利咽薬で化痰、止咳、排膿などの効果を持ち、咽喉の炎症を抑え、痛みや乾燥感を改善しますよ!。


神農 中医学の処方は複合的症状に応じて併門も感染症による発熱に対して西洋医学では抗生物質が使われますが、中医学では様々な生薬を配合した処方で総合的に治療します。 銀翹散には、清熱解毒(抗炎症、抗菌・抗ウィルス作用)の作用がある金銀花、連翹が主薬として配合され、皮膚から熱を軽く発散する薄荷、荊芥、のどの炎症を鎮め、痛みを止める桔梗、牛蒡子が配合されています。さらに、体内の毒成分や熱を尿から排出することを目的として、軽い利尿作用がある竹葉が配合されています。 銀翹散は、このように体を冷やしながら軽く発汗させる作用で、上気道感染症に効果をあげています。これに板藍根や白花蛇舌草などの清熱解毒薬を併用するとさらに効果が増します。

銀翹散の中薬一覧(herb list)
生薬名(herb name) 薬量(quantity) 君臣佐使(role) 効能1 効能2 効能3 効能4 大分類 中分類
薄荷 »

6

臣薬

辛凉解表

解表剤

辛涼解表薬

淡豆鼓 »

9

佐薬

辛凉解表

牛蒡子 »

9

臣薬

辛凉解表

清熱

解表剤

辛涼解表薬

金銀花 »

12

君薬

辛凉解表

清熱

清熱剤

清熱解毒薬

連翹 »

12

君薬

辛凉解表

清熱

清熱剤

清熱解毒薬

荊芥 »

6

臣薬

辛温解表

解表剤

辛温解表薬

淡竹葉 »

9

使薬

清熱

芦根 »

15

佐薬

清熱

生津

清熱剤

清熱瀉火薬

生甘草 »

3

佐薬

清熱

桔梗 »

6

臣薬

化痰

止咳

排膿

利咽

化痰止咳平喘薬

止咳平喘薬

君薬…方剤配合中の主薬で、症状に対して主に作用する薬物です。
臣薬…主薬を補助して主薬の効き目を強化する薬物です。
佐薬…主薬に協力して二次的な症状を取り除くか、または主薬を制御し、主薬による副作用を抑えるか防ぐ薬物です。
使薬…方剤の中では二次的な薬物か、引経(薬物を病のある場所まで引率していく作用)の薬物です。

 製剤・薬剤形状

細粒

散剤 散剤…粉末、あるいは細かい粒(微粒、細粒)の薬で、溶けやすく吸収されや すいのが特徴です。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

使用上の注意  使用上の注意

補足説明  補足説明

 


ツムラ漢方薬一覧へ

 注 文

shopping 銀翹解毒散エキス細粒のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k1181 2.5g×15包(スティックタイプ)(5日分) 2,592円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

↑ページ先頭へ