Now Loading

ツムラ 茵蔯蒿湯 エキス顆粒(医療用)の効能効果・弁証論治・舌診等

口内炎黄疸じんましんネフローゼ肝硬変

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

ツムラ 茵蔯蒿湯 エキス顆粒(医療用)

 弁証論治

中薬学

中医学漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学漢方)の良さは、薬そのものよりも、にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

 弁証論治概要

症状・所見→四診→証→治法→方剤
皮膚病と湿熱  
脾胃湿熱(湿熱阻滞脾胃)  
肝胆湿熱  
中焦に湿熱の邪が侵入した場合  

次の症状のいくつかある方は、茵蔯蒿湯が良く効く可能性が大きいです。

茵蔯蒿湯


 八綱分類

裏熱実(りねつじつ) 裏 熱 熱 実 …証(体質・症状)が、裏証(慢性症状)、熱証(炎症)、実証(比較的体力充実)、湿証(尿量が少ない)の方に適応します。



 八法(治法の8分類)

茵蔯蒿湯は、下法:腸胃を蕩滌(とうじょう)して大便・積水・悪血などを瀉出し、腸胃に停留している宿食・燥尿・実熱・冷積・瘀血・痰結・水飲などを下窮から排出し、病変を解除する治法です。

【中薬大分類】祛湿剤…停滞した水液(湿)を除去する方剤です。

【中薬中分類】清熱祛湿剤…熱性の湿を除去する方剤です。熱邪と湿邪を清泄します。

 気血津液

人体の生命を支える要素として、氣(qi)・血(blood)・津液(body fluid)の3つがあります。
水液停滞…余分な水があまっている方が使用します。津液の停滞のことで、西洋医学的には細胞内液・組織液・リンパ液などが、主として組織間・消化管内・体腔内に異常に停滞したことを意味します。 中医学では湿・痰飲・水腫と呼ぶのが一般的で、日本では水毒ともいわれます。

【気血津・臓腑証】
湿熱(しつねつ)清熱化湿法の薬物のみからなり、湿熱全般に対する代表的処方です。
消炎・滲出の抑制・鎮静に働くと同時に強い利胆作用をもち、一般には炎症性の黄疸によく用いられますが、滲出・カタル傾向をもつ皮膚・消化器の炎症に広く用います。湿熱のうちでも熱証の強いものに適し、いらいら・のぼせなどをしずめるので肝胆湿熱に向くとされています。
瀉下効果もそなえているために、胃腸が弱く下痢(泄瀉)傾向を呈するときには向かないですが、大腸炎などの下痢(泄瀉)には承気湯類と同様に治療効果を示します。また止血作用もあるので、炎症性出血に用いてもよいです。

 中医学基礎知識

中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
女性 五臓(ごぞう)   気・血・津液・精   弁証論治・事典  

【証(病機)】湿熱の黄疸・陽黄(熱が湿より重い)(しつねつのおうだん・ようこう)

【中医学効能(治法)】 清熱除湿・利胆退黄・清熱化湿法

【用語の説明】(term)

リンク清熱(せいねつ) »…熱をさますことです。身体の内部の熱を冷ますことです。体表の熱の場合は解熱といいます。

リンク除湿(じょしつ) »…体内の余分な水分を排出させることです。

リンク利胆(りたん) »…胆嚢の働きを良くすることです。

 証の判定

判定

証(症状・体質)判定を望む方判定の方証判定メニュー  
※この判定のために、AI(人工知能)のエキスパート・システムを構築しました。Java


 診断のポイント

黄疸、熱、小便不利
●胸からみぞおちのつかえ
心下痞、腹満、便秘
熱邪湿邪より強い


【病症】(symptoms) 次の病症どれかのある方に本処方は適合します。

黄疸(肝細胞性)。
●便秘。
●食欲が無く、吐き気がする。
●口が渇く。
●尿量が少ない。
●食後にめまいがする。
●頭に汗をかく。
●不眠、皮膚掻痒感(かゆみ)、浮腫。


 舌診

舌診舌診(tongue) 紅、乾燥、黄膩苔です。


舌診


上図の舌象と似ている舌の方は、茵蔯蒿湯が良く効く可能性が高いです。

下のボタンをクリックすると、健康な人の舌が表示されます。ご自分の舌を鏡で見て確認してください。

 脈診

脈診【脈診】(pulse) 沈滑数です。

 腹診

腹診【腹診】(abdomen) 水おちから両脇にかけて硬く張っており、圧すと痛みます。胸脇苦満上腹部が膨満します。

 合方

【合方】(複数の漢方薬を合わせた処方)
他剤との効用併用を示します。合方は良効なケースが多いです。
茵蔯蒿湯の証の方で、さらに次の症状がある方は、合わせて次の方剤を飲むと良く効きます。
病症症状 合方 備考
胸脇痛・腹痛などを伴う場合 茵蔯蒿湯+大柴胡湯  
茵蔯蒿湯+四逆散  
食欲不振・元気がない・疲れやすいなどの脾胃気虚を呈する場合 茵蔯蒿湯+六君子湯  
茵蔯蒿湯+四君子湯  
茵蔯蒿湯+補中益気湯  

 使用方法

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。むかつくときは、水で飲んでもかまいません。

 成分

生薬
茵蔯蒿湯の構成生薬は下記の3種類です。
黄疸の要薬とされる茵ちん蒿と山梔子、それと下剤の大黄です。便通をよくすることは、肝性脳症を防ぐことにもつながります。
本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス1.50gを含有する。
日本薬局方 サンシシ(山梔子)…3.0g
日本薬局方 ダイオウ(大黄)…1.0g
日本薬局方 インチンコウ(茵蔯蒿)…4.0g

 組成成分

次図をクリックすると各生薬の詳細説明にリンクします。
茵蔯蒿  山梔子  大黄 

 構成生薬の説明

1.茵蔯蒿・山梔子・大黄は、胆汁の分泌と排泄を促進する.茵蔯蒿は胆汁中の胆汁酸・ビリルビンを増加させ、胆嚢収縮作用をもつ。
大黄は胆汁の流量を増加させ、茵蔯蒿・山梔子の作用を促進する。 以上の作用により黄疸を消退させる(退黄)。
2.茵蔯蒿・山梔子・大黄は、消炎・解熱・抗菌に働く(清熱)。
3.茵蔯蒿・山梔子は、利尿作用をもち、毒素や代謝産物を排泄し、炎症性溶出を抑える(利湿)。
4.大黄は、瀉下作用により糞便を除き、毒素の吸収を防ぐ(瀉下)。
5、山梔子・大黄は、止血に働く。

(補足)
本方は、主に利胆作用を利用して黄疸に用いるとよい。
ただし、溶血性黄疸や寒証を伴う黄疸には適さない。


神農 茵蔯蒿・山梔子ともに黄疸の要薬で、これに下剤である大黄が加わったものです。
三者ともに寒性・燥性・降性であるから、この方剤は湿証で熱証で升証向きだと言うことができます。肝疾患は末期症状として腹水・尿量減少を起こすことからもわかるように、原則的に湿証であり、黄疸は、望診の項で述べたように、原則的に熱証です。尿の出が悪いことは升証ですが、大便の出が悪かったり、時には吐き気を訴えることもあって、肝疾患は原則として湿熱升証であることがわかります。西洋医学でも黄疸には下剤や利尿剤や消炎剤を用いる機会が多いですが、この方剤はまさにそれらを兼ねた格好の方剤と見ることができます。

 製剤・薬剤形状

顆粒剤

顆粒剤 顆粒剤…散剤を粒状に加工して大きさを揃えたもので、サラッとして飛び散りにくく飲みやすい薬です。粒を特殊な皮膜で覆い、溶けやすくしたものもあります。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

処方の副作用  処方の副作用

特に副作用はありませんが、大黄の効果によって下痢(泄瀉)することがあります。この場合は、大黄を減らすなどして調節するとよいでしょう。

腸間膜静脈硬化症について

IMP(Idiopathic Mesenteric Phlebosclerosis)

罹患部位 山梔子(サンシシ)含有漢方製剤の長期投与に伴う腸間膜静脈硬化症の話題です。

腸間膜静脈硬化症は、大腸壁内から腸間膜の静脈に石灰化が生じ血流が阻害されることで腸管が慢性的に虚血状態になる疾患です。
腸壁から腸間膜を通って肝臓に流れる腸間膜静脈という血管があります。腸間膜静脈硬化症は、この血管の内壁が石灰化して硬く狭くなるために起こる血流障害です。
症状は、右側腹痛、下痢、悪心・嘔吐や便潜血陽性(無症状)があり、重いものではイレウス(腸閉塞)もあります。
1993年、虚血性消化管疾患として独立した疾患であることが明らかとされました。
2012年10月までの症例報告は台湾人8人、香港人1人を除くとすべて日本人(119例報告)に限られています。

原 因

腸間膜静脈硬化症の原因は、特定されていません。

これまでの報告から、山梔子(サンシシ)中のゲニポシドが大腸にて代謝を受け、生成されたゲニピンが大腸から腸間膜静脈を通って肝臓に到達する過程でアミノ酸と結合し、青色色素を生成するとともに、腸間膜静脈壁の繊維性肥厚・石灰化を引き起こすことによって発現すると考えられています。

初期症状

初期症状は、腹痛(特に右側)、下痢、幅気・嘔吐です。

自覚症状がなく、定期健診での便潜血陽性をきっかけに判明した事例もありました。

服用期間は、腸間膜静脈硬化癌患者で山梔子(サンシシ)含有牲方の服用期間が判明してしるもののうち、約9割が5年以上の服用であったとの報告があります。

2013年に厚生労働科学研究が全国調査の結果を報告し、腸間膜静脈硬化症患者の8割以上が山梔子(サンシシ)含有漢方薬を服用し、その内9割以上で服用期間が5年以上だったことを明らかにしています。

また、山梔子(サンシシ)として5,OOOgの摂取がポイントであるとの報告もあります。

検 査

粘膜色調変化 医療機関での検査では、大腸内視鏡で右側結腸を中心とした粘膜の色調変化(暗紫色、青銅色)、単純X線/CTで右側結腸を中心とした大腸壁あるいは腸間膜静脈に沿った線状または点状の石灰化、病理組織で静脈壁の著明な繊推性肥厚と石灰化などの所見より診断されます。

発症までが緩徐のため、初期症状に気をつけることで早期の発見も可能と考えます。

該当の処方を長期服用中の方で腹痛(特に右側)や下痢を繰り返す方には、念のため、医療機関での検査を受けましょうね!。

症 例

精神不安定のため、少なくとも7年以上前から黄連解毒湯を服用していた患者さんです。
3年ほど下痢症状がときおり現れ、そのつど、整腸剤や下痢止めを処方していました。

便潜血検査で陽性、大腸内視鏡検査で盲腸から上位結腸に暗紫状粘膜、静脈拡張を認め、腸間膜静脈硬化症を疑い黄連解毒湯を中止しました。
1カ月後に治癒を確認、その後は症状無しです。

山梔子含有漢方処方名

茵蔯蒿湯・温清飲・黄連解毒湯・加味帰脾湯・加味逍遙散・荊芥連翹湯・五淋散・柴胡清肝湯・辛夷清肺湯・清肺湯・清上防風湯・防風通聖散・竜胆瀉肝湯

左側結腸に好発するはずの虚血性腸炎が右側結腸に起きた場合には、必ず漢方製剤服薬歴を聴き直しましょうね!

使用上の注意  使用上の注意

【妊娠・授乳の注意】女性
●成分:大黄の子宮収縮作用により、流早産の危険性があるので、妊婦、または妊娠している可能性のある方はなるべく使用しないでください。



補足説明  補足説明

 


ツムラ漢方薬一覧へ

 注 文

●個人輸入の場合1回の輸入で注文できるのは、2ヵ月分以内ですので、注文数量を確認願います!

shopping ツムラ 茵蔯蒿湯 エキス顆粒(医療用)のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k0741 42包(2週間分) 3,275円(税込)
数量
k0869 189包(63日分) 13,132円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
個人輸入

CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

↑ページ先頭へ