Now Loading

ツムラ 呉茱萸湯 エキス顆粒(医療用)の効能効果・弁証論治・舌診等

水毒が原因で起こる頭痛をスッキリと解消する、口に苦い漢方の良薬

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

相談窓口

 弁証論治

中薬学

中医学漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学漢方)の良さは、薬そのものよりも、にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

 弁証論治概要

症状・所見→四診→証→治法→方剤
胃虚寒(胃気虚・胃気虚寒)  

次の症状のいくつかある方は、呉茱萸湯が良く効く可能性が大きいです。

呉茱萸湯


 八綱分類

裏寒虚(りかんきょ) 裏 寒 寒 虚 …証(体質・症状)が、裏証(慢性症状)、寒証(冷え)、虚証(虚弱)、湿証(水分停滞・胃内停水)、升症(頭痛・嘔吐)の方に適応します。



 八法(治法の8分類)

呉茱萸湯は、温法:温裏・散寒・回陽・通絡などの効能により、寒邪を除き陽気を回復し経絡を通じて、裏寒を解消する治法です。

【中薬大分類】温裏(補陽)剤…体内を温める方剤です。即ち、裏寒を改善する方剤です。

【中薬中分類】温中散寒剤…中焦の冷え(裏寒)に用いる方剤です。中焦脾胃の陽気が虚衰して、運化と昇陽が不足し、腹痛・腹満・食欲不振・口渇がない・下痢・悪心・嘔吐・舌苔が白滑・脈が沈細または沈遅の症候がみられます。

 気血津液

人体の生命を支える要素として、氣(qi)・血(blood)・津液(body fluid)の3つがあります。
●気虚…氣が不足している方が使用します。氣の作用の不足で、全身の機能・代謝・抵抗力の低下や興奮性の低下などに伴う症候を現します。 疲れやすい、元気が無い、活力低下などを特徴とします。
●水液停滞…余分な水があまっている方が使用します。津液の停滞のことで、西洋医学的には細胞内液・組織液・リンパ液などが、主として組織間・消化管内・体腔内に異常に停滞したことを意味します。 中医学では湿・痰飲・水腫と呼ぶのが一般的で、日本では水毒ともいわれます。

【気血津・臓腑証】
臓腑の中寒(実寒・虚実挾雑)(ぞうふのちゅうかん(じつかん・きょじつきょうざつ))…呉茱萸・乾生姜は温中散寒の効能とともに強い止嘔(制吐・鎮嘔)の効能をもつので、主に冷えによる悪心・嘔吐・上腹部痛に適しています。激しいめまいと水様物の嘔吐をみることが多く、幽門の通過障害(括約筋のけいれん)が介在すると考えられます(呉茱萸の理気の効能により幽門を開通させるらしい).なお、呉茱萸の止痛の効能を利用して偏頭痛にも用いられます。

寒飲上逆(かんいんじょうぎゃく)…散寒・利水の呉茱萸・生姜と補気健脾の人参・大棗からなり、寒飲上逆に適します。
寒飲上逆とは、脾胃気虚による内湿(水分の吸収・排泄障害による消化管内や組織間の水分停滞)が基本にあり、さらに冷えによる肝の疏泄(そせつ)失調が加わって胃に横逆し、平滑筋トーヌスが上昇し(幽門の通過障害が生じる)、冷え・寒けを呈しながらめまい・悪心・嘔吐をきたすものです。半夏白朮天麻湯の適する痰濁上擾や茯苓飲の適する胃の痰飲と共通する病態ですが、寒証があきらかな点が異なります。
呉茱萸・生姜は、利水の効能によって組織中・消化管内の水分を血中に吸収し、さらに散寒の効能により肝の疏泄を正常化させ、血行を改善して身体を温め、同時に強い中枢性・末梢性の制吐作用により悪心・嘔吐を抑制します。呉茱萸は疏肝理気の効能により幽門けいれんを解除し、生姜とともに蠕動を調整します。人参・大棗は補気健脾に働いて脾胃気虚を改善し、根本的治療を果たします。ただし、利水止瀉・消腫の効能はあまり強くありません。
呉茱萸は肝の疏泄を通じて止痛の効能をもつので、腹痛・偏頭痛などをともなう場合にも有効です。

 中医学基礎知識

中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
女性 五臓(ごぞう)   気・血・津液・精   弁証論治・事典  

【証(病機)】胃虚寒・寒飲上逆(いきょかん・かんいんじょうぎゃく)

【中医学効能(治法)】 散寒止嘔・湿胃止痛・健脾益気・温中散寒・止嘔・利水

【用語の説明】(term)

リンク散寒(さんかん) »…寒さの邪気を追い出すことです。

リンク止痛(しつう) »…痛みを止めることです。

リンク健脾(けんぴ) »…脾の働きです。脾胃の機能を正常にする治療法です。

リンク益気(えっき) »…気を補充することです。

リンク温中散寒法(おんちゅうさんかんほう) »…温・熱性の生薬を用いて脾胃を温め、腹痛や冷え下痢などを治療する方法です。類語:温裏散寒法(おんりさんかんほう)

リンク胃虚寒(胃気虚・胃気虚寒)(いきょかんいききょいききょかん) »…胃の陽気が不足したもので、胃の蠕動減弱・循環不良・溜飲などによる症候と考えられます。飲食の不節制・生ものや冷いものの過食・精神的ストレスなどにより、次第に胃の陽気が損傷して生じます。

リンク中寒(ちゅうかん) »…寒冷に中る(あたる)ことです。

リンク虚実錯雑(きょじつさくざつ) »…虚証と実証が入り混じっている病態です。他に寒熱錯雑という用語もあります。

リンク利水(りすい) »…腎を温めて、脾を健全にすることです。尿や発汗のことです。水気を下行させて通利することです。利尿、導尿がそれです。薬物では猪苓・沢瀉・通草などにその作用があります。

リンク補気(ほき) »…気を補う=益気のことです。

リンク上逆(じょうぎゃく) »…気が下腹から上部へ発作的に突き上げてくる症状です。

リンク内湿(ないしつ) »…水分代謝の異常や停滞で起こる病理産物です。希薄なものは飲、粘度のあるものは痰と呼びます。

リンク疏泄(そせつ) »…疏泄;肝の生理機能のひとつです。精神機能や臓腑の活動をのびやかに円滑に保つことです。自律神経系の働きに似ています。新陳代謝と同様な意味があります。

リンク失調(しっちょう) »…失調;物事の調子が狂うことです。

リンク止瀉(ししゃ) »…下痢を止めることです。

リンク消腫(しょうしゅ) »…腫れ(はれ)、腫れ物を消すことです。

 証の判定

判定

証(症状・体質)判定を望む方判定の方証判定メニュー  
※この判定のために、AI(人工知能)のエキスパート・システムを構築しました。Java


 診断のポイント

●胸苦しさと心下痞
 悪心、嘔吐(嘔して胸満)
●四肢の冷え(四肢建)
●激しい頭痛がある(頭項強痛)
●めまいはないのが特長


【病症】(symptoms) 次の病症どれかのある方に本処方は適合します。

●発作性の頭痛(偏頭痛)、嘔吐。
●手足の冷え。
●寒さをいやがる。
●嘔気、胃部を押さえる嘔気がする。
●首の後ろがこわばる。
●胸満感。
●下痢(泄瀉)。
耳鳴り、めまい。
●顔面紅潮。
●不安煩躁感。
●冷や汗。


口に苦し
「口に苦し」の良薬を蝕みやすくするには
呉茱萸湯は、激しい頭痛や吐き気などのほか、まるでぜんそくのように止まらないしゃっくりにも効果があります。ただし、主薬である呉茱萸には特異な香気があり、辛味と苦味が強いほど良品とされていることからも分かるように、薬全体の味が独特で、「良薬口に苦し」どころか、まずいと言っても過言ではありません。しかし、その優れた効き目はスッキリと切れ味がよいため、一刻も早く、確実に症状を改善したい場合には、我慢してでも服用した方がよいわけです。どうしてもその味が我慢できない人や、連続してしゃっくりが起こる人は、飲み方を工夫するとよいでしょう。
エキス剤の場合、少しでも飲みやすくするために、水飴やハチミツなどを混ぜて甘くして飲むとよいでしょう。最近では、子どものことも考慮して、薬と混ぜて使うための練りチョコレートがチューブ入りで市販されていますし、あるいは、薬と混ぜるとチョコレート風味になる粉状のゼリーの素なども販売されていますから、工夫次第で飲みやすくすることができます。
連続するしゃっくりを止めるときも、スプーンでひと口ずつ流し込むように飲んでいくなど、自分が飲みやすい方法を見つけてください。

クスリ

頭痛や嘔吐
頭痛や嘔吐
●寒がりで手足が冷え、発作性の頭痛があって、吐き気がし、みぞおちが膨満、首の後ろがこる様な方に用い、頭痛や偏頭痛などに応用します。

クスリ

 舌診

舌診舌診(tongue) 湿潤で淡白、白滑苔ありです。


舌診


上図の舌象と似ている舌の方は、呉茱萸湯が良く効く可能性が高いです。

下のボタンをクリックすると、健康な人の舌が表示されます。ご自分の舌を鏡で見て確認してください。

 脈診

脈診【脈診】(pulse) 弦遅です。

 腹診

腹診【腹診】(abdomen) 水おちが膨満して、胃部振水音があります。

 使用方法

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。むかつくときは、水で飲んでもかまいません。

 成分

生薬
呉茱萸湯は、主薬の呉茱萸をはじめ、下記の4種類の生薬からなります。
呉茱萸には、上昇する痛み、つまり上半身で生じる頭痛や肩こり、あるいは嘔吐をおさえる作用があるといわれます。

本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス2.25gを含有する。
日本薬局方 タイソウ(大棗)…4.0g
日本薬局方 ゴシュユ(呉茱萸)…3.0g
日本薬局方 ニンジン(人參)…2.0g
日本薬局方 ショウキョウ(生姜)…1.5g

 組成成分

次図をクリックすると各生薬の詳細説明にリンクします。
呉茱萸  生姜  人参  大棗 

 構成生薬の説明

神農 呉茱萸湯は主薬は呉茱萸で、苦味の強い薬物ですが、強い温性・燥性・降性をもっており、これに補性の強い人参と、緩和作用を目的とした生姜・大裏のペア(桂枝湯や六君子湯の場合と同様の意味で配合されている)が加わったもので、方剤全体として、寒証で虚証で湿証で升証向きとなっています。

すなわち足が冷たく、胃内停水(湿証)があり、頭痛や項部の凝りや嘔吐(升証の大切な症状)を伴う場合に好適の方剤と言うことができます。

 製剤・薬剤形状

顆粒剤

顆粒剤 顆粒剤…散剤を粒状に加工して大きさを揃えたもので、サラッとして飛び散りにくく飲みやすい薬です。粒を特殊な皮膜で覆い、溶けやすくしたものもあります。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

処方の副作用  処方の副作用

証が合わなかった場合は、胃の不快感、食欲不振、軽い吐き気が起こることがあります。

使用上の注意  使用上の注意

【妊娠・授乳の注意】女性
●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。



補足説明  補足説明

 


ツムラ漢方薬一覧へ

 注 文

●個人輸入の場合1回の輸入で注文できるのは、2ヵ月分以内ですので、注文数量を確認願います!

shopping ツムラ 呉茱萸湯 エキス顆粒(医療用)のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 この商品を買う↓
k0645 42包(2週間分) 3,713円(税込)
数量
k0773 189包(63日分) 15,311円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
個人輸入

CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

↑ページ先頭へ