Now Loading

JPS 駆風解毒湯の食養生 ツボ 生活改善等

扁桃炎、扁桃周囲炎に

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

JPS 駆風解毒湯

食養生  食養生1

食養生

 駆風解毒湯は、体質: タイプです

養生法

●料理が薬(くすり)になる膳=薬膳
●薬膳=食べる方の体質に合っている食事料理
●薬膳は中華料理とは限りません。日本の日常の食材で作れます。

 養生法

のどや身体の炎症を排除することを目的に、熱を冷まし、消炎、利尿のはたらきをもち、食性が「寒涼性」か食味が「辛味」の食材がよく使用されます。



次の食材を積極的にご利用ください。

 漢方食材

葛粉 金銀花 陳皮

 薬味etc.

 穀類・豆類

 野菜・キノコ

きゅうり(胡瓜) トマト(蕃茄)

 果物・木の実

 魚介・海藻

蟹

 風邪(ふうじゃ)+火邪(熱邪)によるカゼまたはインフルエンザ


かぜという病気は、上気道(鼻腔、咽頭、喉頭)の粘膜に起こる感染性の炎症で、のどの痛みから始まることも多いものです。炎症が気管や気管支などの下気道にも広がると、せきや痰が出てきます。

こうした炎症症状が前面に出るかぜは、中医学では「熱邪(ねつじゃ)」が原因と考えます。熱が体にこもり、悪化すると高熱が出ます。のどが赤く腫れて痛みが出て、のどが渇き、冷たい水を欲しがります。強い頭痛やせきなども伴います。

このタイプのかぜは、強力なウイルスに感染したとき、あるいはふだん大酒を飲んだり、タバコの吸いすぎや辛いものをとりすぎる体質の人に起こりやすいのが特徴です。

 調味料

 飲 物

緑茶

 風熱の食材

くず湯が手軽です。くず粉を少量の水で溶いてお湯を注ぎ、弱火にかけて透明になるまでかき混ぜます。しょうが汁や甘みを補うと飲みやすいです。かぜかなと思ったときにおすすめです。

ツボ(経穴)  ツボ(経穴)1

 駆風解毒湯は、体質: タイプです

ツボ(経穴)

●気になる不調を自分で手軽にケアする方法として、おすすめなのが『ツボ』(経穴)です。

数千年の歴史を持つ中医学(東洋医学)の治療法です。

WHO(世界保健機関)の主導でツボの名称統一を行うなど、最近は世界的にも関心が高まっている治療法です。

「お茶で一服する」「トイレに立つ」といったタイミングでツボを押すことを、ぜひ習慣化しましよう。その場で不調を解消できるだけでなく、病気への抵抗力や免疫力を日々、高めていくことが可能です。

 合谷(ごうこく)

合谷(ごうこく)

上半身の熱や余分なものの溜まりを取る作用があります。

 つぼの見つけ方

手の甲側の、親指と人差し指のまたから少し入ったところにあって、押して痛むところにあるツボです。

 つぼの押し方

押しこむようにグーッと押します。

経穴

 風邪(ふうじゃ)+火邪(熱邪)によるカゼまたはインフルエンザ

かぜという病気は、上気道(鼻腔、咽頭、喉頭)の粘膜に起こる感染性の炎症で、のどの痛みから始まることも多いものです。炎症が気管や気管支などの下気道にも広がると、せきや痰が出てきます。

こうした炎症症状が前面に出るかぜは、中医学では「熱邪(ねつじゃ)」が原因と考えます。熱が体にこもり、悪化すると高熱が出ます。のどが赤く腫れて痛みが出て、のどが渇き、冷たい水を欲しがります。強い頭痛やせきなども伴います。

このタイプのかぜは、強力なウイルスに感染したとき、あるいはふだん大酒を飲んだり、タバコの吸いすぎや辛いものをとりすぎる体質の人に起こりやすいのが特徴です。

 風門(ふうもん)

風門(ふうもん) 風の邪気は、風門から入って風邪が発生します。

 つぼの見つけ方



 つぼの押し方




ツボ

 風池(ふうち)

風の邪気は、風池に溜(た)まります。押せば、風邪の諸症状に効果絶大です。

 つぼの見つけ方

首の後ろの中央のくぼみから左右2寸のところのツボです。

 つぼの押し方

中指を立てて、ツボに対して垂直に押します。左右両方を一緒に押すといいです。


ツボ

 風府(ふうふ)

風の邪気は、風府に集まって風邪をこじらせます。

 つぼの見つけ方



 つぼの押し方



生活改善アドバイス  生活改善アドバイス1

 駆風解毒湯は、体質: タイプです

生活改善アドバイス

●世界の伝統医学の中でも、最も理論体系が整い、豊富な治療手段を備え、長い経験の蓄積があり、実用性の高いのが中医学(東洋医学)です。

この医学は病気の治療ばかりでなく、養生思想も内容が豊かで、病気の予防や健康増進にも活用できます。

その大きな特徴は、一人一人に合わせたやさしい眼差しで、各個人の体質を見極め、体質や体調に合った養生や生活改善を提案することです。

 生活環境対応

水分不足

 熱感が強い方の養生法

高熱が出て、ふとんをはぎたくなるくらい暑く感じるのは、火熱の邪の勢力が強い状態です。

鼻やのどから病邪が侵入するので、のどが痛むことが多いのが特徴です。

かぜのひきはじめには寒気がすることもありますが、期間は短く、すぐに熱っぽくなって、のどがかわきます。

汗をかいて病邪を発散させ、体の熱を冷ますことが大切です。

また、水分が不足しやすいので、こまめに水分を補いましょう

養生訓

 風邪(ふうじゃ)+火邪(熱邪)によるカゼまたはインフルエンザ

風邪(かぜ)という病気は、上気道(鼻腔、咽頭、喉頭)の粘膜に起こる感染性の炎症で、のどの痛みから始まることも多いものです。炎症が気管や気管支などの下気道にも広がると、せきや痰が出てきます。

こうした炎症症状が前面に出るかぜは、中医学では「熱邪(ねつじゃ)」が原因と考えます。熱が体にこもり、悪化すると高熱が出ます。のどが赤く腫れて痛みが出て、のどが渇き、冷たい水を欲しがります。強い頭痛やせきなども伴います。

このタイプのかぜは、強力なウイルスに感染したとき、あるいはふだん大酒を飲んだり、タバコの吸いすぎや辛いものをとりすぎる体質の人に起こりやすいのが特徴です。

風熱

 備 考

(remarks)
サシ腫痛を治す。東郭は桔梗・石膏を加へて含薬となし、纏喉風を治す。
方函 此方もと時毒のサシ腫痛を治す。然れどもこの症大抵は葛根湯に桔梗石膏を加ふるに宜し。もし硬腫久しく散ぜざる者は、此方に桔梗石膏を加へて用ふべし。東郭は纏喉風熱気甚しく、咽喉腫痛、水薬涓滴も下らず、言語すること能はざる者に、この加味方を水煎し、冷水に浸し極冷ならしめ、これを嚥しめて奇効を得ると云ふ。余は咽喉腫塞熱甚しき者、毎に此方を極冷にして含ましめ、口中にて温まる程にして嗽せしめて屡々効を奏せり。もし咽喉糜爛して腫痛する者は、加味涼膈散加竹瀝を、此方の如く含ましめて効あり。

 注 文

shopping JPS 駆風解毒湯のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k0419 180包(顆粒剤) 25,920円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

↑ページ先頭へ