Now Loading

JPS 駆風解毒湯の主治・商品説明

扁桃炎、扁桃周囲炎に

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

JPS 駆風解毒湯

説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ 第2類医薬品

 主 治

(Mainly treatment)…主とする治療対象です。

扁桃炎、扁桃周囲炎/うがいしながら飲む

【適応症】扁桃炎、扁桃周囲炎、アンギナ(カタル性・腺窩性・瀘胞性)、耳下腺炎

駆風解毒湯 →

次の症状のいくつかある方は、駆風解毒湯が良く効く可能性が大きいです。



 商品説明

漢方処方  処方名:駆風解毒湯くふうげどくとう

●体質や熱寒実虚を問わず幅広く、咽喉(のど)の痛みに用いられます。うがいをしながら飲むというユニークな薬です。咽喉腫痛に半ばは飲用し、半ばは含嗽用として用いると良いです。
●駆風解毒湯は、漢方治療の古典である「万病回春・咽喉門」を出典としており、扁桃炎、扁桃周囲炎に用いる代表的な漢方処方です。 本剤は、この駆風解毒湯の有効成分を抽出、濃縮したエキス剤を服用し易く、穎粒剤とし分包したものです。


●駆風解毒湯は、漢方治療の古典である「万病回春・咽喉門」を出典としており、扁桃炎、扁桃周囲炎に用いる代表的な漢方処方です。

 出典書籍

西暦1253年 南宋時代 『済生方』 by厳用和 《厳氏済生方》ともいう。10巻。中風、中寒などと、内・外・婦人科など79篇で、先ず病候を述べ後に方剤を記している。作者が試用し有効だった450余首が選録されている。→処方使用期間:764年間

サイト内外検索

Google
 

 注 文

shopping JPS 駆風解毒湯のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k0419 180包(顆粒剤) 25,920円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

 効能・効果

効能効果 咽喉がはれて痛む次の諸症:
扁桃炎、扁桃周囲炎。


 使用方法

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
次の1回量を1日3回、食前または食間に、少量の水に溶かして、うがいしながら少しずつゆっくり服用してください。  1回量  ●大人(15歳以上):1包  ●7歳以上15歳未満:2/3包  ●4歳以上7歳未満:1/2包  ●2歳以上4歳未満:1/3包

 成 分

生薬
本剤は3包(6.Og)中に駆風解毒湯エキス2.Ogを含有しています。
●レンギョウ…2.50g
●セッコウ…2.50g
●ボウフウ…1.50g
●ゴボウシ…1.50g
●キキョウ…1.50g
●ケイガイ…0.75g
●キョウカツ…0.75g
●カンゾウ…0.75g
に相当

使用上の注意  使用上の注意

 1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること(1)胃腸が弱く下痢しやすい人(2)血圧の高い人又は高令者(3)心臓又は腎臓に障害のある人(4)むくみのある人(5)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人(注2:発熱、関節痛、ぜんそくを追加)(6)妊婦又は妊娠していると思われる婦人(7)医師の治療を受けている人 2.服用に際して、次のことに注意すること(1)定められた用法・用量を厳守すること(2)本剤は含嗽しながらゆっくりのむこと(注3:この項を除く)(3)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること〔小児の用法のある場合〕 3.服用中又は服用後は、次のことに注意すること(1)本剤の服用により、発疹・発赤、かゆみ、食欲不振、胃部不快感等の症状があらわれた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること(2)本剤を服用することにより、尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等の症状があらわれた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること(3)本剤を数回服用しても症状の改善がみられない場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること(4)長期連用する場合には、医師又は薬剤師に相談すること 4.保管及び取扱い上の注意-〔G〕(注1:1-(2)、(3)、(4);3-(2)、(4)を除く)(1)小児の手のとどかない所に保管すること(2)直射日光をさけ、なるべく(湿気の少ない)涼しい所に(密栓して)保管すること(3)誤用をさけ、品質を保持するために、他の容器に入れかえないこと(4)1包を分割して服用した後、残りを保管し、続けて服用するような場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用すること(分包製剤)(5)生薬を原料として製造しているので、製品の色や味等に多少の差異が生じることがある。 

↑ページ先頭へ