Now Loading

附子人参湯(附子理中湯)の食養生 ツボ 生活改善等

強い冷えを伴う虚証の方に効果的な胃腸漢方薬

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

附子人参湯(附子理中湯)

食養生  食養生1

食養生

 附子人参湯(附子理中湯)は、体質: タイプです

養生法

●料理が薬(くすり)になる膳=薬膳
●薬膳=食べる方の体質に合っている食事料理
●薬膳は中華料理とは限りません。日本の日常の食材で作れます。

●主菜には、ただちに「陽気」を養ってくれる羊肉、鶏肉などに、スパイスを使用して身体を温めると良いでしょう。

 養生法

身体を温める「生姜(しょうが)」や「シナモン(桂皮)」などを積極的にとり、身体を冷やすものは避けましょう。
冷たい食べ物はできるだけあたためて食べましょう。
日光を浴びて散歩すると、陽の気が高まるので良いです。



次の食材を積極的にご利用ください。

 薬味etc.

 野菜・キノコ

 果物・木の実

 魚介・海藻

 「陽」の気が少なく、身体が冷えている


身体を温める「陽」の気が足りないのが「陽虚」です。体が冷えやすく、そのために腰や関節に痛みを感じたり、下痢をしやすいなどの症状があります。

寒さに弱くて、冬になると不調になりがちです。寝ても疲れがとれません。やる気が出ず、声に力がないといった特徴があり、体がむくんだり、尿の量が少ないといった症状も見られます。

夏場でも体を冷やさないように注意し、胃腸を冷やす生ものや冷たいもの、消化が悪い脂っこいものや高カロリーの食べ物は避けましょう。また、「塩分の控えめ」も心がけてください。

 肉・たまご(鶏卵)・乳製品

牛肉 鶏肉(とりにく) 羊肉

 調味料

 飲 物

 陽虚体質とは?

身体を温める「陽気」が不足している「陽虚体質」は、手足が冷たく寒がりで、全身の冷えが特徴です。

冷えの中心が腎にあると、頻尿や膝腰の冷えが顕著になり、脾にあると、お腹が冷えて下痢しやすくなります。「気虚体質」が冷えを受けてこの体質になると、「気虚」「陽虚」2つの体質を持ち合わせることになります。

 陽虚体質の食材

この体質は、季節を問わず身体を冷やさないことが大切です。夏でも上着を用意して、足腰やお腹を冷やさないようにします。

身体を冷やしやすい「寒性」の食材は控え、陽気が補われやすいように「辛味」の食材と「甘味」の食材をいっしょに摂りましょう。熱かんなど、身体を温めやすいお酒なら、適度な飲酒も問題ありません。

 避けたい食材

●身体を冷やす「寒性」、「涼性」の食材や、緑茶などの「苦味」の食材の摂り過ぎに注意しましょう。
●にがうり、セロリ、トマト、なす、すいかなどは、なるべく避けましょう。

ツボ(経穴)  ツボ(経穴)1

 附子人参湯(附子理中湯)は、体質: タイプです

ツボ(経穴)

●気になる不調を自分で手軽にケアする方法として、おすすめなのが『ツボ』(経穴)です。

数千年の歴史を持つ中医学(東洋医学)の治療法です。

WHO(世界保健機関)の主導でツボの名称統一を行うなど、最近は世界的にも関心が高まっている治療法です。

「お茶で一服する」「トイレに立つ」といったタイミングでツボを押すことを、ぜひ習慣化しましよう。その場で不調を解消できるだけでなく、病気への抵抗力や免疫力を日々、高めていくことが可能です。

 腎兪(じんゆ)

腎兪(じんゆ)

身体の根本である「腎」の働きをよくします。腰痛や生理痛にも効果があります。

 つぼの見つけ方

骨盤の上端を背中側で結ぶ線と背骨が交わるところから、脊椎の骨2つ分上で、脊椎から左右約3cmずつ外側にあるツボです。

 つぼの押し方

両手を腰にあて、親指でゆっくり指圧します。また使い捨てカイロを貼ったり、シャワーを当てて温めると効果大です。

経穴

 「陽」の気が少なく、身体が冷えている

身体を温める「陽」の気が足りないのが「陽虚」です。体が冷えやすく、そのために腰や関節に痛みを感じたり、下痢をしやすいなどの症状があります。

寒さに弱くて、冬になると不調になりがちです。寝ても疲れがとれません。やる気が出ず、声に力がないといった特徴があり、体がむくんだり、尿の量が少ないといった症状も見られます。

夏場でも体を冷やさないように注意し、胃腸を冷やす生ものや冷たいもの、消化が悪い脂っこいものや高カロリーの食べ物は避けましょう。また、「塩分の控えめ」も心がけてください。

 関元(かんげん)

関元(かんげん) 体を温める原動力を高めます。

 つぼの見つけ方

お臍(へそ)から指4本分下。

 つぼの押し方

強く押さずに、手の平や指全体でマッサージしたり、カイロで温めるのも良いです。


ツボ

 太谿(たいけい)

太谿(たいけい) 体の根本である「腎」を強くするツボです。からだを温める力を高めます。

 つぼの見つけ方

内くるぶしのすぐ後ろ、アキレス腱との間のくぼみにあります。

 つぼの押し方

かかとに4本の指を当て、親指でもむようにするのがおすすめです。

生活改善アドバイス  生活改善アドバイス1

 附子人参湯(附子理中湯)は、体質: タイプです

生活改善アドバイス

●世界の伝統医学の中でも、最も理論体系が整い、豊富な治療手段を備え、長い経験の蓄積があり、実用性の高いのが中医学(東洋医学)です。

この医学は病気の治療ばかりでなく、養生思想も内容が豊かで、病気の予防や健康増進にも活用できます。

その大きな特徴は、一人一人に合わせたやさしい眼差しで、各個人の体質を見極め、体質や体調に合った養生や生活改善を提案することです。

 生活環境対応

 身体を冷やさない生活環境を整える

まず、服装にはいつも気を配ることが大切です。

冬ならちょっとした外出でもマフラーと手袋を忘れずにお出かけください。

夏は、冷房がきいた場所と炎天下を行き来すると、血管がそのたびに収縮と拡張を繰り返して、血のめぐりが悪くなる原因になるため、はおりものをバッグに忍ばせて、こまめに服装を調節することを心がけて。

「寒い」と感じる前に着るのがコツです。

また、冷えが体内に入り込みやすいおなか、腰、足首、かかとは、どんな季節でもしっかりガードするようにしましょう。

そして、入浴はシャワーですませず、できるだけゆっくりと湯船につかる習慣を身につけましょう。

養生訓

 「陽」の気が少なく、身体が冷えている

身体を温める「陽」の気が足りないのが「陽虚」です。体が冷えやすく、そのために腰や関節に痛みを感じたり、下痢をしやすいなどの症状があります。

寒さに弱くて、冬になると不調になりがちです。寝ても疲れがとれません。やる気が出ず、声に力がないといった特徴があり、体がむくんだり、尿の量が少ないといった症状も見られます。

夏場でも体を冷やさないように注意し、胃腸を冷やす生ものや冷たいもの、消化が悪い脂っこいものや高カロリーの食べ物は避けましょう。また、「塩分の控えめ」も心がけてください。

 スポーツ利用法

ウォーキング

 運動で体を温め、筋力もアップさせる

身体を動かさないでいると、熱の産生源でもある筋肉を衰えさせ、ますます冷えやすい身体になってしまいます。冷え性を治すためにも、血のめぐりをよくするためにも、適度な運動は必要です。

長続きさせるために、自分が楽しめるようなスポーツを選びましょう。

ただし、水泳や水中運動は避けてください。水温がそれほど低くなくても、水には身体の熱を奪う性質があるからです。

 備考

(remarks)
温服してください。

<dfn class=虚証" title="虚証" vspace="15" hspace="15" class="img-responsive">
冷えを取り、胃腸の働きを改善
人参湯が合う人は、何といっても全体から受ける印象に元気がない、いわゆる生気がない虚証タイプです。このタイプにはやせた人が多く、顔色が悪くて、腹痛、胃痛だけでなく、ときには胸痛やめまい、頭重感などに悩まされ、下痢や嘔吐を起こすこともたびたびあります。
このような状態になるのは胃腸が弱いためで、その原因には「冷え」が考えられます。体内の、特に胃の辺りが冷たいという場合は、その周辺に血液が不足し、消化器系の働きが鈍っている、ということになります。胸痛というのは、実際には心臓が悪くもないのに心臓が痛くなる状態で、これも冷えが関係しています。胸痛は、胃の辺りの冷えが横隔膜を通して心臓部まで達し、その結果キリキリと痛むもので、「仮性狭心症」ともいわれます。
また、体が冷えると、それを改善しようとする体の働きによって、排尿の回数、量ともに多くなり、尿の色が薄くなって水のような尿になってしまいます。
人参湯は、胃腸によい4つの生薬から構成されていますが、中でも乾姜には、強力な「体を温める作用」があります。このように人参湯は、体内の冷えを解消して血液を循環させ、胃腸の働きを活発にして体力をつけようとする処方です。
ひどい冷えには附子を加える
同じ虚証タイプでも、人参湯の目標より、さらにひどい冷えのある人がいます。このような人は、手足や体の冷えがはなはだしいだけでなく、手足に痛みが生じたり、特に頻尿が目立ちます。こうした自覚症状の中でも特筆したいのは、自分では食欲不振で何も食べたくないのに、実際に食事が用意されると、とりあえずは食べられるという状態です。
この状態を改善するには、人参・甘草・白朮・乾姜で構成された人参湯に、附子を加えた「附子人参湯(または附子理中湯という)」が効果的です。附子も冷えを改善する作用に優れ、乾姜とともに働いて、体を芯から温める、というより体が熱くなるぐらいに働きます。
人参湯は、漢方の原典には紹介されていないものですが、研究された結果、後(宋の時代)からつくられた優秀な処方です。

下痢
中焦に原因がある下痢には人参湯
人参湯は、体の中心部にあたる「胃腸」を「治す」ことを意味した理中湯とも呼ばれます。この体の中心部というのは、漢方では「中焦」という部位で、横隔膜とお臍(へそ)の間ぐらいを指します。また、お臍(へそ)から下の足の先までを下焦といい、反対に横隔膜より上が上焦という部位になります(これら3つを三焦という)。
中焦には、胃腸をはじめ、肝臓や膵臓などの大切な臓器が集まっているので、ここを冷やしたり、炎症を起こしたりすることによって下痢をする可能性が高くなります。そうした下痢には、中焦を整え、調節する人参湯が適役です。
ところが、同じ下痢でも、下腹部の辺り(下焦)に炎症があって痛みがある場合には、真武湯などが用いられます。また、中焦と下焦に原因がある場合は、人参湯と真武湯を合方して治療することもあります。

 注文

●個人輸入の場合1回の輸入で注文できるのは、2ヵ月分以内ですので、注文数量を確認願います!

shopping 附子人参湯(附子理中湯)のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 この商品を買う↓
k1793 加工ブシ末:150錠+人参湯:42包 8,028円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
個人輸入

CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

↑ページ先頭へ