JPS 知柏地黄丸 JPS-76 効能効果・弁証論治・舌診等|ハル薬局|2頁目
Now Loading

JPS 知柏地黄丸の効能効果・弁証論治・舌診等

陰虚火旺を治します。疲労倦怠感、腰痛、手足のしびれ、むくみ、頻尿、口渇、糖尿病

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

JPS 知柏地黄丸

 弁証論治

中薬学

中医学漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学漢方)の良さは、薬そのものよりも、にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

 弁証論治概要

症状・所見→四診→証→治法→方剤
陰虚陽亢  
腎陰虚(腎水不足)  
心腎不交(心火+腎陰虚)  
肝腎陰虚  

次の症状のいくつかある方は、知柏地黄丸が良く効く可能性が大きいです。

知柏地黄丸


 八綱分類

裏熱虚(りねつきょ) 裏 熱 熱 虚 …証(体質・症状)が、裏証(慢性症状)、熱証陰虚・暑がり)、虚証(虚弱)、臍下不仁(下腹部脱力)の方に適応します。



 八法(治法の8分類)

知柏地黄丸は、補法:気血陰陽あるいは臓腑の虚損を補養する治法です。

【中薬大分類】補益剤…正気を補う方剤です。補益薬を主体にして正気の不足である虚証を改善する方剤です。扶正剤・補剤ともいいます。

【中薬中分類】補陰剤…陰液を補い、虚性の熱を制御する方剤です。陰虚に対する方剤です。滋陰剤・養陰剤・育陰剤・涵陰剤ともいいます。

 気血津液

人体の生命を支える要素として、氣(qi)・血(blood)・津液(body fluid)の3つがあります。
津液不足…津液の不足している方が使用します。人体の構成成分の滋潤作用を持つ津液の不足のことで、西洋医学的には脱水に相当します。主に発汗過多、尿量過多、出血が原因で起こります。 状態は口渇・多飲が特徴で、唇や皮膚の乾燥、便秘などの症状が現れます。一般には陰虚の範囲に含まれ、主に肺陰虚・胃陰虚を呈することが多く、暑がりの方に多く見られます。
腎虚…「精」の不足を基本とする病態の方に使用します。腎は「精を蔵し、成長・発育・生殖を主る」もので、生命体の発生・成熟・老化などに関与しています。その精とは、生命体が本来的に備えている生命エネルギーの基礎物質です。 精は内分泌系全般に相当します。腎気・腎陽および腎精・腎陰が不足して寒・熱に偏らない状態を、腎虚といいます。

【気血津・臓腑証】
陰虚火旺(いんきょかおう)…清虚熱の「知母」と清熱化湿の「黄柏」を配合した処方で、脳の興奮・自律神経の興奮を鎮めます(性欲仮亢進も抑制します)。慢性の尿路系炎症で濃縮尿・頻尿・排尿痛のある場合にも使用が適しています。

 中医学基礎知識

中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
女性 五臓(ごぞう)   気・血・津液・精   弁証論治・事典  

【証(病機)】陰虚火旺、腎陰虚火旺(いんきょかおう、じんいんきょかおう)

【中医学効能(治法)】 滋補肝腎・清熱瀉下・滋陰降火・滋陰(腎)・清虚熱

【用語の説明】(term)

リンク清熱瀉火法(せいねつしゃかほう) »…寒涼性の生薬を用い、熱や火邪(高熱・口渇・顔面紅潮・目の充血・腹満)を除く治療法です。

リンク滋陰(じいん) »…潤い、冷やす力、陰を補充することです。陰(液)を潤すと、陽(氣)即ち元気が出るということです。陰虚を解消することです。類義語:補陰・養陰・涵陰・育陰

リンク降火(こうか) »…上った熱を下げることです。火を鎮めれば炎症が消えるという意味です。

リンク陰虚火旺(いんきょかおう) »…冷やす力(陰)が落ちて相対的に熱の状態が強くなった状態です。

リンク陰虚内熱(いんきょないねつ) »…血虚、貧血の状態になると陰液が不足し、相対的に陽気が余り、熱が出るようになります。(虚熱)

リンク腎陰虚(じんいんきょ) »…腎陰虚;腎の陰液不足によるもので、腎虚の症候以外に熱証(虚熱)を呈します。

 証の判定

判定

証(症状・体質)判定を望む方判定の方証判定メニュー  
※この判定のために、AI(人工知能)のエキスパート・システムを構築しました。Java


 診断のポイント

●易労、頭重、腰から下の脱力感
●尿不利、夜間頻尿、臍下不仁
●虚熱の症状


【病症】(symptoms) 次の病症どれかのある方に本処方は適合します。

●疲れやすい。
●尿量減少又は多尿。
●口渇。
●食欲良好で下痢はない。
●根気はない。
●腰痛、脚弱。
耳鳴り、眼精疲労、視力減退。
●神経の興奮。


 舌診

舌診舌診(tongue) 舌は赤色です。


舌診


上図の舌象と似ている舌の方は、知柏地黄丸が良く効く可能性が高いです。

下のボタンをクリックすると、健康な人の舌が表示されます。ご自分の舌を鏡で見て確認してください。

 脈診

脈診【脈診】(pulse) 浮で有力です。

 腹診

腹診【腹診】(abdomen) 臍下不仁(下腹部脱力)です。

 使用方法

正しく使用 食前または食間に服用 次の量を食前または食間に、水またはお湯にて服用してください。
年齢        1回量   服用回数
大人(15歳以上) 1包     2回
15歳未満     服用しないこと

 成分

生薬
2包(5.0g)中
知柏地黄丸料乾燥エキス3.Ogを含有しています。
チモ…0.65g
オウバク…065g
ジオウ…2.59g
サンシュユ…1.30g
サンヤク…1.30g
ボタンピ…0.98g
ブクリョウ…0.98g

 構成生薬の説明

1.熟地黄・山茱萸・山薬は、豊富な栄養物を含み、体を栄養1滋潤し抵抗力を高め異化作用を抑える(滋補肝腎)。熟地黄は強心・抗アナフィラキシー作用を、山茱萸は白血球増加・止汗・遺精を止める作用を、山薬は消化吸収促進・止瀉作用をもつ。
この3薬の「補益」の効能を「三補」という。
2.牡丹皮・沢瀉・茯苓は、鎮静的に働く。牡丹皮は、解熱・抗菌に働く。
牡丹皮・沢瀉は、自律神経系の興奮を鎮める(清虚熱)。茯苓・沢瀉は、組織中や消化管内の水分を血中に吸収して利尿作用によって除き(利湿)、「三補」の薬物の滋潤性の行き過ぎを抑える。
この3薬の効能を「三瀉」という。
3.熟地黄・山薬・沢瀉は、血糖降下作用をもつ。
4.山茱萸・沢潟・牡丹皮は、血圧降下作用をもつ。
5.牡丹皮は、血管拡張により血行を促進し、子宮粘膜を充血させ、月経を正常化する。
6.全体では、下垂体一副腎皮質の機能を強め、細胞性免疫能を高めることが実験的に証明されている。
(補足) 本方は「三補」「三瀉」の組み合わせが特徴で、「三補」が主になっている。単なる補益の処方ではないので、長期間服用しても弊害がない。
また、長期間服用してはじめて効果があらわれる。
[応用]
思考力減退・めまい感・ふらつき・耳鳴り・難聴・腰や膝がだるく力がない・夜間の口渇・咽のかわき・尿が濃い`便がかたい・体の熱感・手のひらや足のうらのほてり・寝あせ・遺精・早漏・性欲の仮亢進・舌質は紅~暗紅で乾燥・舌苔は少ない・脈は細数などの慢性の消耗・乾燥症状・熱症状を示す状態(肝腎陰虚)が基本にある以下の状況。
1.慢性疾患・消耗性疾患
糖尿病・慢性肝炎・慢性腎炎・肺結核・高血圧症・動脈硬化・甲状腺機能元進症・慢性尿路感染症・気管支喘息・強皮症など。
2.月経異常
無排卵・無月経`過少月経・稀発月経など。
3.小児の発育・知能発達の不良
(参考) 本方を処方の基本にして長期間服用させることが重要である。


神農 中国では、六味丸に2種の薬物を加えて八味としたものが幾通りもつくられて、日本で八味丸と通称されるものは、中国では桂附腎気丸と呼ばれています。そのほかに杷菊腎気丸、知柏腎気丸などが有名です。
腎気丸の「腎」とは解剖学的な腎臓の意味ではなく、泌尿生殖機能、ことに精力を指すものと考えれば、ほぼ間違いありません。すなわち六味腎気丸をはじめ、もろもろの腎気丸と呼ばれるものは、すべて精力増強を目的としてつくられていると考えてよいです。
熟地黄・山薬・山茱萸はいずれも補性・升性・潤性で、強壮作用が強く、一方、茯苓と沢瀉は燥性で、局所的な水分の停滞を除く作用がありますが、日本で普通に用いられる生薬配分比では、方剤は全体として潤性と言えます。これに血液循環障害を除く牡丹皮が加えられて、熟地黄とともに血液循環改善にも役立つ方剤となっています。
熟地黄・山茱萸が温性であるほかは、構成生薬はすべて平性または寒性(沢瀉・牡丹皮)です。したがって、方剤は全体として寒性・補性・潤性であると言うことができます。
この方剤はいわゆる腎陰虚の代表的方剤で、腰から下の精力をつけ、循環をよくし、尿の出渋るのを快通させる方剤だと考えればよいです。鎮痛作用はあまり期待できません。

 製剤・薬剤形状

顆粒剤

顆粒剤 顆粒剤…散剤を粒状に加工して大きさを揃えたもので、サラッとして飛び散りにくく飲みやすい薬です。粒を特殊な皮膜で覆い、溶けやすくしたものもあります。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

処方の副作用  処方の副作用

特にありません。

使用上の注意  使用上の注意

補足説明  補足説明

 


ツムラ漢方薬一覧へ

 注 文

shopping JPS 知柏地黄丸のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k1744 30包(15日分) 4,644円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

↑ページ先頭へ