ツムラ 黄耆建中湯 エキス顆粒(医療用) 98 食養生 ツボ 生活改善等|ハル薬局|3頁目
Now Loading

ツムラ 黄耆建中湯 エキス顆粒(医療用)の食養生 ツボ 生活改善等

慢性の病状や化膿症、病後治療の漢方の特効薬

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

ツムラ 黄耆建中湯 エキス顆粒(医療用)
相談窓口

食養生  食養生1

食養生

 黄耆建中湯は、体質: タイプです

養生法

●料理が薬(くすり)になる膳=薬膳
●薬膳=食べる方の体質に合っている食事料理
●薬膳は中華料理とは限りません。日本の日常の食材で作れます。

●主菜には、ただちに「気」を補ってくれる牛肉、海老(えび)、うなぎ(鰻)を使用すると良いでしょう。

 養生法

身体を温める食材を中心に、規則正しくよく噛んで食べましょう。早寝早起きを習慣にし、休息を充分にとりましょう。
ヨガや気功などのゆったりとした運動をおすすめします。



次の食材を積極的にご利用ください。

 漢方食材

ナツメ 朝鮮人参

 薬味etc.

 穀類・豆類

 野菜・キノコ

かぼちゃ(南瓜)

 果物・木の実

 魚介・海藻

 「気」が足りず、体力が落ちている


人間の活動のエネルギー源である「」。このの量が不足しているのが「気虚」体質です。

は、食べ物が胃腸で消化吸収されて作られます。気虚体質は胃や腸が弱く、消化吸収機能が低下しているため、上手にが作れない状態のことです。その結果、風邪などのウイルスやアレルギーに対する抵抗力も落ちてしまいます。

胃腸を冷やす食べ物や消化しにくい生ものは、できるだけ避けるようにしましよう。また、食べ過ぎも禁物です。温かく消化のよいものを適度に食べるようにしてください。

 肉・たまご(鶏卵)・乳製品

牛肉 豚肉 鶏肉(とりにく) 羊肉

 調味料

はちみつ(蜂蜜)

 飲 物

コーヒー(珈琲) 緑茶

 薬膳茶

 身体を温める食材を

気虚タイプの人は、ほとんどが冷え性です。胃腸も冷えているので、消化機能全般が低下しています。

そこでこのタイプの食養生は、体を温め、胃の消化機能を高め、胃腸に負担をかけない食事が基本になります。料理には、「平性」「温性」「熱性」の食材を火を通して使用します。体を冷やす冷たい食べものや、刺し身などの生ものは避け、消化のわるい脂っぽいもの、甘いもの、刺激の強いものもとりすぎないようにしましょう。

食が細く、下痢や軟便になりやすい人には、消化機能を高める長いも、大和いもなどの山いも類が効果的です。そして山いもであっても、「山いも入りお好み焼き」「とろろ入り味噌汁」などのように、加熱して食べるようにしましょう。

体を温める代表的な食材には、羊肉、えび、にら、にんにく、ねぎ、玉ねぎ、しょうが、山椒、栗、くるみ、シナモン、紅茶などがあげられます。

 「気」を補う食材を

疲れやすくてかぜをひきやすい気虚タイプには、「気」を補う食材が欠かせません。

「補気の王様」といわれる朝鮮にんじん、牛肉や鶏肉(とりにく)などの肉類や、えび、うなぎ、山いもなどは、食べるとすぐに「気」を充実させるためにはたらきます。主菜や副菜にたくさん使って、足りない気を効果的に補いましょう。

また穀類、いも、豆、きのこは、胃の消化機能や新陳代謝を高め、気を補うために大切な食材です。毎食きちんととるようにしましよう。

 避けたい食材

●冷たいもの、生もの、脂っぽいものおよび、甘いものは取りすぎないように注意しましょう。
●刺激の強い食材(唐辛子、わさび、コショウ、山椒)は、なるべく控えましょう。
●チョコレート、小麦粉、白砂糖、うこん(ターメリック)、海藻、レタスは、なるべく避けましょう。

ツボ(経穴)  ツボ(経穴)1

 黄耆建中湯は、体質: タイプです

ツボ(経穴)

●気になる不調を自分で手軽にケアする方法として、おすすめなのが『ツボ』(経穴)です。

数千年の歴史を持つ中医学(東洋医学)の治療法です。

WHO(世界保健機関)の主導でツボの名称統一を行うなど、最近は世界的にも関心が高まっている治療法です。

「お茶で一服する」「トイレに立つ」といったタイミングでツボを押すことを、ぜひ習慣化しましよう。その場で不調を解消できるだけでなく、病気への抵抗力や免疫力を日々、高めていくことが可能です。

 気海(きかい)

気海(きかい)

気が集まる気海です。呼吸器系にも消化器系にも作用します。代謝がアップします。

 つぼの見つけ方

臍(へそ)から親指1.5本分(中指2本分)下です。

 つぼの押し方

温めたり、やさしくなでるようにマッサージするとよいでしょう。

経穴

 「気」が足りず、体力が落ちている

人間の活動のエネルギー源である「気」。この気の量が不足しているのが「気虚」体質です。

気は、食べ物が胃腸で消化吸収されて作られます。気虚体質は胃や腸が弱く、消化吸収機能が低下しているため、上手に気が作れない状態のことです。その結果、風邪などのウイルスやアレルギーに対する抵抗力も落ちてしまいます。

胃腸を冷やす食べ物や消化しにくい生ものは、できるだけ避けるようにしましよう。また、食べ過ぎも禁物です。温かく消化のよいものを適度に食べるようにしてください。

 足三里(あしさんり)

足三里(あしさんり) 元気を生み出すツボとして有名です。胃腸の調子を整える作用もあるので、胃もたれしやすいときも良いです。

 つぼの見つけ方

ひざの皿の外側にあるくぼみから中指4本分下にあるツボです。

 つぼの押し方

かるくもんだり、温かいシャワーを当てて刺激すると気持ちよいです。

生活改善アドバイス  生活改善アドバイス1

 黄耆建中湯は、体質: タイプです

生活改善アドバイス

●世界の伝統医学の中でも、最も理論体系が整い、豊富な治療手段を備え、長い経験の蓄積があり、実用性の高いのが中医学(東洋医学)です。

この医学は病気の治療ばかりでなく、養生思想も内容が豊かで、病気の予防や健康増進にも活用できます。

その大きな特徴は、一人一人に合わせたやさしい眼差しで、各個人の体質を見極め、体質や体調に合った養生や生活改善を提案することです。

 生活環境対応

疲労でもっとも多いタイプは、活力の源である「気」が不足して起こるものです。気が不足する原因には、もともとの虚弱体質、加齢、長引く病気や手術、過労や精神的ストレスなどがあります。

ぐっすり眠れば気が回復するので、朝はすっきり目覚めますが、一日の終わりには、また疲れてしまうタイプです。気の不足を放置すると、血が不足する血虚を招くこともあります。あまり無理をせず、十分な休養をとりましょう。

睡眠

 休息・睡眠を充分にとりましょう

忙しすぎる生活や睡眠不足は、「気」を消耗してしまいます。しかも、寝不足だと元気が出ないこのタイプは、寝る時間を惜しんでがんばっても、思ったほどの成果は上がりません。

効率よく仕事や家事を片付けるためにも、睡眠時間はたっぷりとることが大切です。

日中もあまり根を詰めず、休息時間をこまめにとるようにして、10分でも時間を見つけて昼寝ができれば理想的です。

養生訓

 「気」が足りず、体力が落ちている

人間の活動のエネルギー源である「気」。この気の量が不足しているのが「気虚」体質です。

気は、食べ物が胃腸で消化吸収されて作られます。気虚体質は胃や腸が弱く、消化吸収機能が低下しているため、上手に気が作れない状態のことです。その結果、風邪などのウイルスやアレルギーに対する抵抗力も落ちてしまいます。

胃腸を冷やす食べ物や消化しにくい生ものは、できるだけ避けるようにしましよう。また、食べ過ぎも禁物です。温かく消化のよいものを適度に食べるようにしてください。

 スポーツ利用法

ウォーキング

 運動は、ゆるりと無理せずに行いましょう

元気不足のこのタイプは、無理してハードな運動をすると、ますます体調が悪化して、疲労倦怠、肩こり、などの不調が出やすくなってしまいます。

また、筋力が弱いため、運動が苦手で長く続けられません。このタイプに向いているのは、ウォーキングやヨガなど、ゆっくりした動きです。

疲れない程度の運動から始めて、慣れてきたら徐々に時間を長くしていくとよいでしょう。

 備考

(remarks)
目安は小建中湯の証より虚弱な方
一口に、虚弱体質あるいは体力が衰えているといっても、黄蓍建中湯を用いるためには、「小建中湯」の証を多少でも知っておいた方が目安になります。
小建中湯に当てはまる証の人は、気力も体力もあまりない虚弱体質で栄養も血色もよくない人であり、疲れやすい、寝汗をかく、手足がほてる、動悸がするなど黄蓍建中湯の証とほぼ同じです。生薬は、芍薬、桂枝、生姜、大棗、甘草、膠飴の6種で構成されており、腹痛を和らげ、胃腸の調子をよくするとともに、体力を付け、体を丈夫にする働きがあるのです。ここに、保養剤の長(おさ)といわれる黄蓍を加えた処方が、その名が表すとおりの黄蓍建中湯となります。
つまり、同じように気力・体力が弱く、疲れやすい状態であっても、小建中湯の証に比べて、より一層の栄養不足で気力がさらに弱く、黄蓍を必要とする人に最適なのが黄蓍建中湯ということです。日ごろからの生活パターンや体力のあり方、気力の持続力などを、よく自己分析してみるとよいでしょう。

●主治:脾肺虚寒・脾虚肝乗
●効能:温中補気・柔肝緩急

慢性病や体力低下時の強い味方
慢性病や体力低下時の強い味方
健康体で普通の体力の持ち主でも、過労、不規則な生活などが続いてストレスがたまると疲れやすくなり、気力・体力ともに落ち込んでしまいます。そのため、不眠気味、眠れても寝汗をかいてしまう、動悸・息切れがする、絶えず脱力感を覚える、といった状態に陥りがちです。そして、このような状態が長い間続いてしまうと、慢性胃炎、肝炎、潰瘍、胃腸神経症などの心配が浮上してきます。このような場合は、黄蓍建中湯を試してみるとよいでしょう。
黄蓍建中湯は、もともと虚弱体質の人のために処方された漢方薬であり、構成される7種類それぞれの生薬が穏やかで確かな効果を発揮します。特に、慢性になりやすい胃腸障害(神経症、潰瘍、便秘など)はもとより、アレルギー性鼻炎、慢性中耳炎などにも用います。また、体力が衰えてしまう大病を患った後や手術後などに用いて回復力を高めるほか、皮膚からばい菌が入って化膿するおでき(カルブンケル、フルンケル)や、皮膚下が化膿する症状の寒性膿瘍(かんせいのうよう)、肛門の横などに穴ができて治りにくい痔瘻(じろう)(別名「穴痔(あなじ)」)など、長い間化膿が続いている場合に用いると、新しい肉が再生するように働き、治していく効果もあります。

桂枝湯類の証から建中湯類の証への変化
桂枝湯類の証から建中湯類の証への変化
同じ虚証でも、小建中湯に黄蓍を加えた黄蓍建中湯は小建中湯よりさらに体力の弱い人に用います。では、小建中湯は何から生まれたかというと「桂枝加芍薬湯」に膠飴を加えて処方されており、体力的には桂枝加芍薬湯より少し下回ります。つまり、建中湯類を体力的な見地からさかのぼると桂枝湯類へと変化していくのが漢方薬の簡単な特徴なのです。
反対に、黄蓍建中湯の証よりさらに虚弱な体質の場合は当帰を配合する処方があり、これを「帰蓍建中湯」(別名「蓍帰建中湯」)といいます。この処方は日本で新たに作られたもので、血液の状態が悪い場合に当帰がその改善に役立ちます。
つまり、強弱の幅はあるものの、簡単に表すと「体力のある証=桂枝湯類>体力の弱い証=建中湯類」と変化していくのです。

判定  類方鑑別

【黄耆建中湯類似処方の紹介】…次の方剤は、使用目的が黄耆建中湯に比較的近い方剤です。あなたの症状とともに、比較検討してください。

小建中湯   …本方の使用目標と似ているが、化膿巣はなく、腹痛などの症状が顕著な場合に用いる。

当帰建中湯   …本方の使用目標に似ているが、顔色不良・下腹部痛、腹痛が顕著で、女子では月経異常を伴う場合に用いる。血虚が強いもの。

 注文

●個人輸入の場合1回の輸入で注文できるのは、2ヵ月分以内ですので、注文数量を確認願います!

shopping ツムラ 黄耆建中湯 エキス顆粒(医療用)のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k0708 84包(2週間分) 3,275円(税込)
数量
k0836 189包(31.5日分) 7,705円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
個人輸入

CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

↑ページ先頭へ