Now Loading

ツムラ 葛根湯加川芎辛夷 エキス顆粒(医療用)の食養生 ツボ 生活改善等

鼻づまり、畜膿、慢性鼻炎など、鼻疾患を治療する漢方の良薬

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

相談窓口

食養生  食養生1

食養生

 葛根湯加川芎辛夷は、体質: タイプです

養生法

●料理が薬(くすり)になる膳=薬膳
●薬膳=食べる方の体質に合っている食事料理
●薬膳は中華料理とは限りません。日本の日常の食材で作れます。

 養生法

身体を温める「生姜(しょうが)」や「シナモン(桂皮)」などを積極的にとり、身体を冷やすものは避けましょう。
冷たい食べ物はできるだけあたためて食べましょう。



次の食材を積極的にご利用ください。

 薬味etc.

 野菜・キノコ

 果物・木の実

 魚介・海藻

 風邪(ふうじゃ)+寒邪によるカゼまたはインフルエンザ


クーラーの冷気にあたりすぎるせいか、夏かぜをひく人が目立ちます。冷房によるかぜは長びきやすいのが難点です。また、冬になって冷たい風にあたったり、冷えた場所に長くいたりしても、かぜをひきやすくなります。

このようなタイプのかぜは、中医学では「寒邪(かんじゃ)」が原因と考えます。病気の原因(病邪)が「寒」にあるということです。主な症状は、冷え、頭痛、鼻水など。熱が出て体が熱くなるというよりは、寒くてぞくぞくするようなかぜです。外から帰ってちょっと寒気がするようなときは、このタイプのかぜのひき始めかもしれません。放っておくとどんどん悪化することもあるので、早めに対処したいものです。

 肉・たまご(鶏卵)・乳製品

牛肉 鶏肉(とりにく)

 調味料

 飲 物

 風寒の食材を

風邪気味でさむけがすると感じるときは、しょうが湯を使用しましょう。細かくきざむか、すりおろした生姜に黒砂糖を加えてお湯を注げば良いです。黒砂糖のかわりに蜂蜜を入れても良いです。湯ではなく紅茶を加えても良いです。

ツボ(経穴)  ツボ(経穴)1

 葛根湯加川芎辛夷は、体質: タイプです

ツボ(経穴)

●気になる不調を自分で手軽にケアする方法として、おすすめなのが『ツボ』(経穴)です。

数千年の歴史を持つ中医学(東洋医学)の治療法です。

WHO(世界保健機関)の主導でツボの名称統一を行うなど、最近は世界的にも関心が高まっている治療法です。

「お茶で一服する」「トイレに立つ」といったタイミングでツボを押すことを、ぜひ習慣化しましよう。その場で不調を解消できるだけでなく、病気への抵抗力や免疫力を日々、高めていくことが可能です。

 腎兪(じんゆ)

腎兪(じんゆ)

身体の根本である「腎」の働きをよくします。腰痛や生理痛にも効果があります。

 つぼの見つけ方

骨盤の上端を背中側で結ぶ線と背骨が交わるところから、脊椎の骨2つ分上で、脊椎から左右約3cmずつ外側にあるツボです。

 つぼの押し方

両手を腰にあて、親指でゆっくり指圧します。また使い捨てカイロを貼ったり、シャワーを当てて温めると効果大です。

経穴

 風邪(ふうじゃ)+寒邪によるカゼまたはインフルエンザ

クーラーの冷気にあたりすぎるせいか、夏かぜをひく人が目立ちます。冷房によるかぜは長びきやすいのが難点です。また、冬になって冷たい風にあたったり、冷えた場所に長くいたりしても、かぜをひきやすくなります。

このようなタイプのかぜは、中医学では「寒邪(かんじゃ)」が原因と考えます。病気の原因(病邪)が「寒」にあるということです。主な症状は、冷え、頭痛、鼻水など。熱が出て体が熱くなるというよりは、寒くてぞくぞくするようなかぜです。外から帰ってちょっと寒気がするようなときは、このタイプのかぜのひき始めかもしれません。放っておくとどんどん悪化することもあるので、早めに対処したいものです。

 風門(ふうもん)

風門(ふうもん) 風の邪気は、風門から入って風邪が発生します。

 つぼの見つけ方



 つぼの押し方




ツボ

 風池(ふうち)

風の邪気は、風池に溜(た)まります。押せば、風邪の諸症状に効果絶大です。

 つぼの見つけ方

首の後ろの中央のくぼみから左右2寸のところのツボです。

 つぼの押し方

中指を立てて、ツボに対して垂直に押します。左右両方を一緒に押すといいです。


ツボ

 風府(ふうふ)

風の邪気は、風府に集まって風邪をこじらせます。

 つぼの見つけ方



 つぼの押し方



生活改善アドバイス  生活改善アドバイス1

 葛根湯加川芎辛夷は、体質: タイプです

生活改善アドバイス

●世界の伝統医学の中でも、最も理論体系が整い、豊富な治療手段を備え、長い経験の蓄積があり、実用性の高いのが中医学(東洋医学)です。

この医学は病気の治療ばかりでなく、養生思想も内容が豊かで、病気の予防や健康増進にも活用できます。

その大きな特徴は、一人一人に合わせたやさしい眼差しで、各個人の体質を見極め、体質や体調に合った養生や生活改善を提案することです。

 生活環境対応

身体を温める

 寒気が強い方の養生法

かぜをひいて寒気があるのは、風寒の邪が体内に侵入したのが原因です。

病邪は背中や首すじの毛穴から侵入するので、かぜのひきはじめに、背中がぞくぞくします。体温が上がっても寒がるのが特徴です。

水っぽい鼻水が出て、頭痛や関節の痛みがあることもあります。

風邪と寒邪を撃退するには、汗をかいて病邪を発散させ、身体を温めることが大切です。

養生訓

 風邪(ふうじゃ)+寒邪によるカゼまたはインフルエンザ

クーラーの冷気にあたりすぎるせいか、夏かぜをひく人が目立ちます。冷房によるかぜは長びきやすいのが難点です。また、冬になって冷たい風にあたったり、冷えた場所に長くいたりしても、かぜをひきやすくなります。

このようなタイプのかぜは、中医学では「寒邪(かんじゃ)」が原因と考えます。病気の原因(病邪)が「寒」にあるということです。主な症状は、冷え、頭痛、鼻水など。熱が出て体が熱くなるというよりは、寒くてぞくぞくするようなかぜです。外から帰ってちょっと寒気がするようなときは、このタイプのかぜのひき始めかもしれません。放っておくとどんどん悪化することもあるので、早めに対処したいものです。

風寒

 備考

(remarks)
日本で上薬を加味した新処方
葛根蕩は『傷寒論』を原典とした中国からの伝統的な処方ですが、葛根湯加川菖辛夷に関しては「本朝経験方」といって、日本(本朝)で経験的に創成された加味方とされています。具体的に誰がつくったのか定かではありませんが、効き目が大変優れていることから、ひとつの処方として、その名を連ねるようになりました。
生薬の辛夷は、約2000年前に365種類もの生薬を上・中・下巻に分けて書いた『神農本草経』(しんのうほんぞうけい)の上巻に紹介されています。上・中・下巻はそれぞれ上薬・中薬・下薬について書かれたもので、上薬は長寿をかなえるような上等な薬、中薬は治療用に用いられる一般的な薬、下薬は毒性ももっているが薬として使える刺激のある薬(治れば使用は中止する)という意味です。肺を温め、鼻腔を通して病を散らすとされる辛夷は上薬の分類に入ります。

鼻の疾患
鼻の疾患をきれいに治す
葛根湯といえば、テレビのCMなどでも知られているように「風邪のひきはじめ」に効果を発揮する風邪の代表的漢方薬の一つです。実証の人向けの処方で、悪寒、頭痛があって、首の後ろから肩、背中にかけてこりがあり、自然発汗のない場合に用いられます。
こうしたかぜの症状に加え、鼻水や鼻づまりが特にひどい場合、さらに急性の副鼻腔炎(蓄膿症)が認められる場合には、川キュウと辛夷を加味した処方、葛根湯加川キュウ辛夷を用いた方が効果的です。
もちろん、葛根湯だけで改善される鼻疾患もありますが、鼻の特効薬といわれる辛夷と、頭痛に有効な川キュウが加味されることで、葛根湯のもつ消炎・解熱作用が高まります。したがって、急性の副鼻腔炎などには非常に有効なのです。
鼻の内部構造はとても複雑で、鼻の中の穴は鼻腔、鼻腔と交わる顔の骨の中にある空洞は副鼻腔といいます。鼻腔は、呼吸をするときの空気の通り道ですが、ほどよい温かさと湿気があるため病原菌が繁殖しやすい環境になっています。ですから、かぜをひいたり疲れて体が弱ったりすると、ばい菌を防ぎきれずに慢性鼻炎などになってしまうことも珍しくありません。また、生まれつき鼻が弱くて万年蓄膿症という人もいます。
このような方は、ぜひ葛根湯加川キュウ辛夷を試してみてください。特に慢性の鼻疾患に悩まされている方は、長期間服用することで効き目が現れ、やがて症状はすっかり治まってしまいます。

鼻づまりや慢性鼻炎
●鼻づまりや慢性鼻炎の良薬です。
頭がスッキリしない、いつもイライラ…。
花粉の季節、すっきりしたい!
「暖かく過ごしやすい季節になったのに元気になれない…」。近年は花粉、ダニ、ハウスダストなどによるアレルギー性鼻炎で悩まされる人が増え、特に鼻水・鼻づまりを何とかしてほしいという方が多いようです。
人と話をしているときに鼻がムズムズしたり、頭がぼんやりして仕事に集中できない、あるいは鼻水が止まらなくて勉強中なのに根気が続かない…など悩みもさまざま。鼻炎を大きくタイプ分けすると「くしゃみ、水のような鼻水が多い」という人と、「分泌物が少なくなり、鼻づまりが強く頭がぼんやりする」という人とに分けることができます。あなたの鼻炎、今年は漢方がお手伝いします。
鼻がつまって頭がボゥ~とする
ぼ一つとしたり、イライラして勉強や仕事に打ち込めない、粘膜が乾燥して鼻づまりが強<なるタイプに。

判定  類方鑑別

【葛根湯加川芎辛夷類似処方の紹介】…次の方剤は、使用目的が葛根湯加川芎辛夷に比較的近い方剤です。あなたの症状とともに、比較検討してください。

葛根湯   …本方と同様の症状を呈するが、発病の初期あるいは慢性病の急性増悪期に用いる。

小青竜湯   …本方に比して体力がやや低下した人で、水様性の鼻汁が多い場合に用いる。

荊芥連翹湯   …体力中等度の人で、体質的に副鼻腔、外耳、中耳、扁桃などに炎症を起こしやすく、燥熱証で分泌液が一層粘稠膿性の場合に用いる。

 注文

●個人輸入の場合1回の輸入で注文できるのは、2ヵ月分以内ですので、注文数量を確認願います!

shopping ツムラ 葛根湯加川芎辛夷 エキス顆粒(医療用)のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k0618 42包(2週間分) 4,359円(税込)
数量
k0746 189包(63日分) 16,210円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
個人輸入

CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

↑ページ先頭へ