Now Loading

JPS 桂枝茯苓丸の効能効果・弁証論治・舌診等

更年期障害などの婦人病に良く効き、美肌効果もあるクスリ

↓ご注文へ ↓ページ最終へ 次頁⇒食養生・ツボ・生活改善

この商品ページは、3ページあります。

JPS 桂枝茯苓丸

 弁証論治

中薬学

中医学漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学漢方)の良さは、薬そのものよりも、にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

 弁証論治概要

症状・所見→四診→証→治法→方剤
血瘀  
出血・血瘀  

次の症状のいくつかある方は、桂枝茯苓丸が良く効く可能性が大きいです。

桂枝茯苓丸


 八綱分類

裏熱実(りねつじつ) 裏 熱 熱 実 …証(体質・症状)が、裏証(慢性症状)、熱証(赤ら顔)、(体力中くらい)、瘀血(血流停滞)の方に適応します。



 八法(治法の8分類)

桂枝茯苓丸は、消法:消食導滞・散結消堅の効能により、気・血・痰・食・水・虫などが積聚した有形の滞結を徐々に消散させる治法です。

【中薬大分類】理血剤…血の運行を調節する方剤です。理血薬を主体にして血分を調理し、血分の病変を改善する方剤です。

【中薬中分類】活血化瘀剤…滞った血(瘀血)を流す方剤です。蓄血・血瘀による疼痛・腫脹・腫瘤・半身不随・月経痛・無月経あるいは産後の悪露停滞・化膿症初期・狂躁などのさまざまな病変に使用します。

 気血津液

人体の生命を支える要素として、氣(qi)・血(blood)・津液(body fluid)の3つがあります。
●気滞…氣の働きがうまくいっていない方が使用します。氣の循環に停滞をきたした病態です。もっとも気滞に関連が深いのは内傷七情(喜・怒・憂・思・悲・恐・驚)と呼ばれる精神的ストレスで、「病は気から」と認識されているものです。 内傷七情は情緒系・自律神経系に影響して肝気欝結と呼ばれる抑うつ緊張の状態などを生じさせ、これに伴って各部位の気滞を引き起こします。
●血瘀…血の流れが悪い方が使用します。停滞し変性した非生理的血液の意味で、現代西洋医学的には微小循環系の障害が最も血瘀に近い病態と考えられます。 大まかには静脈系の停滞即ち鬱血に相当しますが、血液粘稠度の増大、凝固亢進、血栓、癒着、繊維化、増殖性病変、瘢痕、血腫などの様々な病態が含まれます。 また、紫斑・皮下点状出血や血管内の凝血(凍瘡など)、DICのような血管内凝固亢進にひき続く出血も血瘀と判断されています。
●水液停滞…余分な水があまっている方が使用します。津液の停滞のことで、西洋医学的には細胞内液・組織液・リンパ液などが、主として組織間・消化管内・体腔内に異常に停滞したことを意味します。 中医学では湿・痰飲・水腫と呼ぶのが一般的で、日本では水毒ともいわれます。

 中医学基礎知識

中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
女性 五臓(ごぞう)   気・血・津液・精   弁証論治・事典  

【証(病機)】血瘀痰飲(けつおたんいん)

女性 > 男性 女性の使用が多い方剤です。

【中医学効能(治法)】 活血化瘀・消散チョウ塊・消び・調経

【用語の説明】(term)

リンク活血化オ() »

リンク活血化於法() »

リンク血オ(けつお) »…血の流れが悪い状態です。生理的機能を失ったり、滞った血のことです。一般で言う血行障害のようなものです。類語:オ血。

リンク痰飲(たんいん) »…痰と飲の総称を表現する言葉です。

 証の判定

判定

証(症状・体質)判定を望む方判定の方証判定メニュー  
※この判定のために、AI(人工知能)のエキスパート・システムを構築しました。Java


 診断のポイント

●冷えのぼせ
●瘀血症状
●少腹鞭満、瘀血の圧痛点


【病症】(symptoms) 次の病症どれかのある方に本処方は適合します。

●冷え(足腰下腹部の冷え)、腰痛、頻尿。
●のぼせ(赤ら顔)、のぼせ感、肩こり、頭痛、めまい。
●いらいら、不眠、気が重い。
●月経痛、月経不順、不妊。
●便秘。
●腹痛、神経痛。
●子宮出血。
●動悸。


 舌診

舌診舌診(tongue) やや帯紫紅色で舌下静脉や毛細血管の怒張があり、時に白苔を見ます。


舌診

舌診
上図の舌象と似ている舌の方は、桂枝茯苓丸が良く効く可能性が高いです。

下のボタンをクリックすると、健康な人の舌が表示されます。ご自分の舌を鏡で見て確認してください。

 脈診

脈診【脈診】(pulse) 沈で渋、あるいは弦です。

 腹診

腹診【腹診】(abdomen) 腹壁には割合に力があって、お臍(へそ)の左側から左下腹部にかけて深く押すと抵抗があり、圧痛もありますが、押すと不快感があっていやがり、左下腹部に細長い固まりの様なものを触れることがあります(ちょう痼)。

 合方

【合方】(複数の漢方薬を合わせた処方)
他剤との効用併用を示します。合方は良効なケースが多いです。
本方の証の方で、さらに次の症状がある方は、合わせて次の方剤を飲むと良く効きます。
病症症状 合 方 備 考
にきび、しみ、手足のあれの場合 桂枝茯苓丸+薏苡仁  
美肌薬として使用の場合 桂枝茯苓丸+薏苡仁  
便秘を伴うとき。あるいは活血化瘀の効果を強めたい場合。 桂枝茯苓丸+桃核承気湯  

 使用方法

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
●大人(15歳以上)…1回3錠
●7歳以上15歳未満…1回2錠
●5歳以上7歳未満…1回1錠
を1日3回食前または食間に服用して下さい。

 成分

生薬
桂枝茯苓丸の構成生薬は下記の5種類です。桂枝(桂皮)には健胃作用のほか発散作用があり、のぼせや頭痛によいとされます。芍薬は痛みをとる代表的な生薬です。そのほか、気分を落ち着け余分な水分を取り除く茯苓、血液循環をよくする桃仁や牡丹皮などが配合されています。
9錠中
桂枝茯苓丸乾燥エキス…1.95gを含有しています。
・ケイヒ…3g
・ブクリョウ…3g
・ボタンピ…3
・トウニン…3g
・シャクヤク…3g

 組成成分

次図をクリックすると各生薬の詳細説明にリンクします。
桃仁  牡丹皮  芍薬  茯苓  桂皮 

 構成生薬の説明

1.桃仁・牡丹皮・芍薬〔赤芍)は、うっ血を改善し、血腫を分解・吸収し、血液循環を改善します(活血化瘀)、また、腹腔内の循環障害によって生じた腫瘤を消退させます(消癩)。
2.牡丹皮、芍薬(赤芍)は、消炎・抗菌・鎮痛・解熱の作用をもちます。
また、牡丹皮は子宮粘膜を充血させて子宮機能を改善し、芍薬は子宮筋の収縮調整に働きます(調経)。
3.茯苓は、組織中の水分を血中に吸収して(利水)浮腫(むくみ)を軽減します。
4.牡丹皮・芍薬・茯苓は、鎮静作用をもちます。
5.桂皮は、血管拡張により主に動脈側の血行を促進し、活血化瘀の効果を補助します。また、消化液分泌・蠕動促進により薬物の吸収を強めます(理気)。動悸を鎮める効果もあります。
(補足)
本方は、活血化瘀の桃仁・牡丹皮・芍薬の効果を、通陽の桂皮で強めている。桂皮は、頭部の血管を拡張して「のぼせ」を発来するので、芍薬を配合してこれを抑制します。
慢性疾患ではうっ血症状が生じることが多いので、本方を補助的に用いると良いです。


神農 桂枝加芍薬湯の系列に入る方剤です。生姜・大棗の組と甘草を除いて、その代りに駆瘀血薬の代表ともいうべき桃仁・牡丹皮と、利尿・鎮静効果のある茯苓を加えたものと見ることができます。
桂枝にはのぼせを下げる効果が、芍薬には鎮痛効果があり、方剤は全体として、瘀血のために、のぼせ感やイライラ感、痛みを伴う場合に適したものです。
全体として補性薬・燥性薬が多く、虚証で湿証向きと言えますが、補性・燥性とも強くはなく、むしろ虚証の著しい場合には不向きです。またやや温性に傾くが、それも強くはなく、方剤は熱証・寒証、実証虚証を問わず、かなり広範囲に使ってよい駆瘀血剤と言えます。

 製剤・薬剤形状

錠剤、顆粒剤

錠剤 錠剤…成分を一定の形に圧縮して固めた薬です。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

顆粒剤 顆粒剤…散剤を粒状に加工して大きさを揃えたもので、サラッとして飛び散りにくく飲みやすい薬です。粒を特殊な皮膜で覆い、溶けやすくしたものもあります。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

処方の副作用  処方の副作用

証が合わなかった場合、湿疹やかゆみなど皮膚の過敏症状が現れることが、まれにあります。

使用上の注意  使用上の注意

 1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること(1)体の虚弱な人(2)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことのある人(3)妊婦又は妊娠していると思われる婦人(4)医師の治療を受けている人 2.服用に際して、次のことに注意すること(1)定められた用法・用量を厳守すること(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること〔小児の用法のある場合〕 3.服用中又は服用後は、次のことに注意すること(1)本剤の服用により、発疹・発赤、かゆみ、食欲不振、下痢等の症状があらわれた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること(2)1カ月位服用しても症状の改善がみられない場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること 4.保管及び取扱い上の注意-〔G〕(1)小児の手のとどかない所に保管すること(2)直射日光をさけ、なるべく(湿気の少ない)涼しい所に(密栓して)保管すること(3)誤用をさけ、品質を保持するために、他の容器に入れかえないこと(4)1包を分割して服用した後、残りを保管し、続けて服用するような場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用すること(分包製剤)(5)生薬を原料として製造しているので、製品の色や味等に多少の差異が生じることがある。 小児の注意:5才未満には服用させないこと

【妊娠・授乳の注意】女性
●配合生薬の桃仁や牡丹皮により、妊娠によくない影響をする可能性があります。大量でなければまず心配ないのですが、妊娠中の服用については医師とよく相談してください。



補足説明  補足説明

 


ツムラ漢方薬一覧へ

 注 文

shopping JPS 桂枝茯苓丸のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 この商品を買う↓
k0434 200錠 4,644円(税込)
数量
k0561 180包(顆粒剤) 25,920円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

↑ページ先頭へ