カッコーサンの効能効果・弁証論治・舌診等

重だるさを伴う胃腸型の風邪に、夏風邪に

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

カッコーサン

 効能・効果

効能効果 夏の感冒、暑さによる食欲不振・下痢・全身倦怠。


 弁証論治

中薬学

中医学漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学漢方)の良さは、薬そのものよりも、にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

 弁証論治概要

症状・所見→四診→証→治法→方剤
胃気上逆(胃腸の痙攣)  
寒湿困脾(湿困脾胃)  

次の症状のいくつかある方は、藿香正気散が良く効く可能性が大きいです。

藿香正気散


 八綱分類

裏熱虚(りねつきょ) 裏 熱 熱 虚 …証(体質・症状)が、裏証(内臓)、熱証(ほてり)、虚証(比較的体力がない)、湿証(水分停滞)の方に適応します。



 八法(治法の8分類)

藿香正気散は、消法:消食導滞・散結消堅の効能により、気・血・痰・食・水・虫などが積聚した有形の滞結を徐々に消散させる治法です。

【中薬大分類】祛湿剤…停滞した水液(湿)を除去する方剤です。きょ湿薬を主体にし、化湿利水・通淋泄濁の効能によって水湿の邪による病変を改善する方剤です。

【中薬中分類】燥湿和胃剤…湿を乾燥して脾胃を調節する方剤です。

 気血津液

人体の生命を支える要素として、氣(qi)・血(blood)・津液(body fluid)の3つがあります。
気滞…氣の働きがうまくいっていない方が使用します。氣の循環に停滞をきたした病態です。もっとも気滞に関連が深いのは内傷七情(喜・怒・憂・思・悲・恐・驚)と呼ばれる精神的ストレスで、「病は気から」と認識されているものです。 内傷七情は情緒系・自律神経系に影響して肝気欝結と呼ばれる抑うつ緊張の状態などを生じさせ、これに伴って各部位の気滞を引き起こします。
水液停滞…余分な水があまっている方が使用します。津液の停滞のことで、西洋医学的には細胞内液・組織液・リンパ液などが、主として組織間・消化管内・体腔内に異常に停滞したことを意味します。 中医学では湿・痰飲・水腫と呼ぶのが一般的で、日本では水毒ともいわれます。

【気血津・臓腑証】
表湿(ひょうしつ)…表湿に対する代表方剤で、湿気の多い時期の感冒には非常に便利かつ有効です。軽度の悪寒・頭痛・頭重・むくみ・体が重い・多量の鼻みず・咳漱・多疾・舌苔が白膩などを呈する表湿に用いますが、さらに悪心・嘔吐・腹満・下痢(泄瀉)などの胃腸症状を伴う場合にも良いです。
それゆえ、湿気の多い時期の胃腸型感冒には、霍香正気散のみで対処できるほど非常に便利な方剤です。

藿香正気散(かっこうしょうきさん)

藿香正気散(かっこうしょうきさん)は「和剤局方(わざいきょくほう)」という漢方の古典で紹介されている漢方薬です。処方名の頭についた藿香(かっこう)は、体に取り付いた邪(ウイルスなどの病原菌)を発散させる生薬で、この処方の主薬でもあります。次の「正気(しょうき)」とは、からだの内外の冷えや湿気などが原因で、乱れてしまった気を正すという意味で、この処方名が付けられました。

 

日本では古くから夏の食欲不振に、ネギやミョウガ、シソなど香りが強くて辛みのある薬味や香辛料などを使用してきました。また、刺身のツマには必ずシソの葉が添えられています。それは、香りなどの刺激が胃腸の働きを活発にすることや、シソを添えることで食中毒が予防できるということを経験的に知っていたからです。藿香正気散には藿香や蘇葉(そよう:シソの葉)など香りの高い生薬も多く含まれており、暑さや冷たい飲食物をとり過ぎて働きの悪くなった胃腸を癒し、食欲不振などを改善することができます。

 

カゼの原因となるウイルスは、体を温めたり血流を改善したりすることによって体の外に追い出すことができます。しかし、夏のカゼでは暑さも増悪因子の一つとなっているので、体を温め過ぎることは適切ではありません。藿香正気散の主薬である藿香は、適度に体を温めて湿気も発散させてくれます。 藿香正気散にはこのほかにも、胃の中にたまった水分を取り去る作用のある生薬などが含まれています。胃腸の余分な水を除いたり、その働きを改善したりする夏に適したカゼ薬と言うことができます。また、胃腸の調子を整えることから、冬のカゼでも嘔吐・下痢を伴う胃腸型のカゼにも応用することができます。

夏カゼの特徴と対策

カゼに使用する代表的な漢方薬といえば葛根湯(かっこんとう)です。寒気や肩こりなどを感じた段階で服用すると大変効果があります。「カゼのはやる季節は寒い冬」というイメージが強いですが、夏には夏のカゼがあり、冬のカゼとは起こり方や症状も違ってきます。

 

冬のカゼは、寒気や肩こりから始まり高い熱が出ることもあります。気温と湿度がとても低い冬の気候は、カゼの原因となるウイルス(インフルエンザなど)が活発になり、冬にカゼをひきやすくなるのはそのためです。一方、夏カゼでは吐き気や下痢などの胃腸症状が起こりやすく、寒気などはほとんどありません。夏のカゼを起こすウイルスは冬のものとは異なり、高温多湿を好みます。

冬のカゼは寒さ(寒邪)が体に襲い掛かってカゼの症状を引き起こすので、漢方の考えでは、体を温めて汗をかいて寒邪を追い出す葛根湯などの漢方薬を使用するわけです。逆に、夏カゼでは、暑さや湿気が体に悪影響を及ぼして体がほてり、ノドや目が赤くなったり、口渇や胃腸症状を引き起こすので、体を温める葛根湯はあまり向いていないということになります。夏カゼのほか、夏バテや冷たい飲食物のとりすぎによる食欲不振や下痢、全身倦怠感にも使用されます。

どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか

外から帰って冷たいビールをキューッと一杯というのも夏の楽しみの一つです。しかし、体を内から冷やし過ぎる原因となります。そればかりか、胃腸の中にいらない水分をためてしまい、俗に言う「水っ腹」の状態となります。食欲不振、吐き気も起こりやすくなります。スイカやウリなどのからだを冷やす果物、カキ氷やアイスクリームなども食べる量にはくれぐれも注意してください。

 

夏カゼや夏バテは、このような食生活も問題です。高い外気温と涼しい室温の温度差が体調不良の原因となります。だからといって、夏カゼの場合、冬のカゼのように部屋を暖かくして湿度を上げる必要ありません。むしろ軽くエアコン(除湿を中心に考える)をかけて、余分な湿気を体から追い払うことが重要です。

 

エアコンが広く普及した現代社会では快適さを追求するあまり、夏の室温を下げすぎてしまう傾向があります。暑い所から汗をかきながら帰宅し、クーラーで汗をひかせるというのは大変気持ちのよいことですが、何事もほどほどが大切です。

冷たい飲食物やエアコンは夏には欠かせないものですが、適度に使用した方が病気知らずで、より快適な夏を過ごせるはずです。

 中医学基礎知識

中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
女性 五臓(ごぞう)   気・血・津液・精   弁証論治・事典  

【証(病機)】外感風湿・内傷湿滞(がいかんふうしつ・ないしょうしつたい)

【中医学効能(治法)】 芳香化湿・理気和中・解表・止痛

【用語の説明】(term)

リンク芳香化湿(ほうこうけしつ) »…良い香りのするものは、水分代謝をよくするため、これを使った体内の余分な水分を取り去る方法です。芳香性の生薬を用い、湿邪を発散したり利水して除去することです。

リンク理気(りき) »…理気:気の流れを良くすることです。気(氣)を正常に巡らせ機能を回復する治療法です。

リンク解表(かいひょう) »…体内表面の邪気を除くことです。

リンク止痛(しつう) »…痛みを止めることです。

リンク外感(がいかん) »…季節や気候、環境など外界の要素で発生する病態です。

リンク風湿表証(ふうしつひょうしょう) »…体表から風湿の邪が侵入して起こる悪風、しめつけられるような頭痛、関節痛、倦怠感、微熱などの症状です。

リンク内傷(ないしょう) »…日常生活や精神的な原因で体に起こる病変のことです。

 証の判定

判定

証(症状・体質)判定を望む方判定の方証判定メニュー  
※この判定のために、AI(人工知能)のエキスパート・システムを構築しました。Java


 診断のポイント

●重だるさ
●下痢(泄瀉)、腹痛
●吐き気


【病症】(symptoms) 次の病症どれかのある方に本処方は適合します。

●腹痛、下痢(泄瀉)。
●嘔吐。
●心窩部の痞え(つかえ)感。
●頭痛。
●発熱。
●自然発汗しない。


 舌 診

舌診舌診(tongue) 白膩湿です。


舌診


上図の舌象と似ている舌の方は、藿香正気散が良く効く可能性が高いです。

下のボタンをクリックすると、健康な人の舌が表示されます。ご自分の舌を鏡で見て確認してください。

 脈 診

脈診【脈診】(pulse) 割合に力があります。

 腹 診

腹診【腹診】(abdomen) 割合に腹壁に力があります。

 合 方

【合方】(複数の漢方薬を合わせた処方)
他剤との効用併用を示します。合方は良効なケースが多いです。
本方の証の方で、さらに次の症状がある方は、合わせて次の方剤を飲むと良く効きます。
病症症状 合 方 備 考
下痢が強い場合 藿香正気散+五苓散  

 使用方法

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
年齢 1回量       1日服用回数
大人(15歳以上)   4錠      3回
15歳未満7歳以上  3錠      3回
7歳未満5歳以上   2錠      3回
5歳未満        服用しないでください
〈用法・用量に関連する注意〉
小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

 成 分

生薬
成分・分量(本剤12錠(1日分)中)
ビャクジュツ…1.50g
八ンゲ…1.50g
ブクリョウ…1.50g
コウボク…1.00g
チンピ…1.00g
キキョウ…0.75g
ビャクシ…0.75g
ソヨウ…0.50g
タイソウ…0.50g
ショウキョウ…0.50g
カンゾウ…0.50g
カッコウ…0.50g
ダイフクヒ…0.50g
より抽出した水製エキス2.20gを含有しています。

 構成生薬の説明

外散風寒・内化湿潤に和中理気を兼ねた霍乱吐瀉の常用方です。 主薬は藿香で大量に用い、辛散により風寒を除き、芳香化濁により湿濁を化し、醒脾和中にも働きます。辛温芳香の蘇葉・白芷は、肺気を宣揚して風寒を除き表湿を疏透し、藿香を補助します。
辛温の半夏麹・陳皮は燥湿和胃・降逆止嘔に、苦温の厚朴・大腹皮は行気化湿・除満に働き、辛開苦降によって燥湿をつよめます。
健脚惨湿の白朮・茯苓は和中止瀉に、生姜・大棗・炙甘草は調和脾胃と諸薬の調和に働く、桔梗は、宣肺利隔・載薬上行するとともに、開肺気により水道を通利します。
全体で風寒外散・混濁内化・昇清降濁・気機通暢の効能が得られます。


●方 解
本方是以二陳湯為基礎,再加入疏解外邪及調理脾胃之品而組成的,適用於外感風寒,?傷飲食濕滯之証常用方劑,對於四季感冒,尤其夏季感寒傷濕,脾胃失和者最為適宜。方中?香辛散風寒、芳香化濕和中止嘔;白?、紫蘇葉辛?發散?風止痛;白朮、茯苓、健脾化濕和中止瀉;半夏、陳皮燥濕和胃,降逆止嘔;厚朴、大腹皮行氣化濕,寬中除滿;桔梗宣肺化痰利咽;甘草調和脾胃、緩和藥性。諸藥合用、散風寒、化濕濁,暢氣機、和脾胃則諸症悉除。

 製剤・薬剤形状

錠剤

錠剤 錠剤…成分を一定の形に圧縮して固めた薬です。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

使用上の注意  使用上の注意

相談すること
1、次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師または薬剤師に相談してください
(1)服用後、次の症状があらわれた場合
関係部位 症状
皮ふ 発疹・発赤、かゆみ
(2)1ヵ月位(夏の感冒、暑さによる下痢に服用する場合には5~6回)服用しても症状がよくならない場合
【保管及び取扱い上の注意】
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わる場合があります。)
(4)水分が錠剤に付きますと、品質の劣化をまねきますので誤って水滴を落したり、ぬれた手で触れないでください。
(5)湿気などにより薬が変質することがありますので服用後は、ビンのフタをよくしめてください。

補足説明  補足説明

 


ツムラ漢方薬一覧へ

 注 文

shopping カッコーサンのお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k0086 60錠 1,728円(税込)
数量
●小太郎の協力会製品のご注文はインターネットではできません。
電話、Fax、Eメールで承ります。
弁証論治しましょう。
k0087 180錠 4,644円(税込)
数量
●小太郎の協力会製品のご注文はインターネットではできません。
電話、Fax、Eメールで承ります。
弁証論治しましょう。

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

↑ページ先頭へ