ツムラ 猪苓湯 エキス顆粒(医療用)

止血効果の高い、泌尿器系の代表的利水剤。排尿痛、残尿感、血尿に

↓ご注文へ

ツムラ 猪苓湯 エキス顆粒(医療用)

医薬品個人輸入 説明表示をクリック → 説明表示 いらっしゃいませ 医療用漢方薬

 主 治

主治(Mainly treatment)…主とする治療対象です。

排尿(慢性膀胱炎・尿道炎・血尿)/「陰虚+下焦湿熱」による泌尿器疾患に多用/陰虚+膀胱湿熱

【適応症】尿路結石、腎炎、ネフローゼ、頻尿、排尿痛残尿感、血尿、尿量減少、小便難、尿道炎、腎臓炎、腎石症、淋炎、腰以下の浮腫、下痢、膀胱カタル、腎臓膀胱結石による排尿困難、突発生腎出血、腎孟炎、腎臓結核、不眠症、ひきつけ

猪苓湯 痰湿→ 利湿化痰:瀉法(実証用)

 商品説明

漢方処方  処方名:猪苓湯ちょれいとう

漢方薬使用者
ツムラ猪苓湯エキス顆粒(医療用)は、排尿時に痛みや不快な残尿感があるとか、尿が出にくい場合に用いられる漢方薬です。
湿熱湿邪と熱邪が合わさった病症)により、尿が濃い、時には、血尿になる場合に良く効きます。炎症や結石により排尿時に痛む場合にも使用します。
下焦の水と蓄熱を去り、利尿をはかる方剤です。
●本剤は、湿熱による下痢や尿利減少、排尿異常に用います。
①膀胱炎・尿道炎 ②尿路結石
尿が快痛せず、少しずつタラタラと出るという状態を目標とします。尿量は全体として少なく、口渇やイライラがあり、しばしば血尿を伴いますが、痛みはないのがその適応です。
③血尿を伴う腎炎(ただし熱証の場合)
●膀胱炎や尿道炎、腎炎などの治療に用いられるほか、呼吸器系からの出血(喀血)にも応用されています。


●本剤は、漢方の古典「傷寒論」(しょうかんろん)、「金匱要略」(きんきようりゃく)(いずれも後漢時代)収載の処方に基づいて作られたエキスを、飲みやすく顆粒剤としたものです。
●本方は5種類の生薬から成り、その主薬である猪苓を処方名としました。
●体力中程度の方の排尿痛・残尿感に使用します。


 注 文

shopping ・ ツムラ 猪苓湯 エキス顆粒(医療用)のお買物・
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0654 42包(2週間分) 5,246円(税込)
数量
k0782 189包(63日分) 19,703円(税込)
数量

*【カゴに入れる↓】ボタンk9999をクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【カゴに入れる↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【カゴに入れる↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

買物カゴの内容へ ログイン・会員新規登録 お客様マイページログイン

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
個人輸入

↑ページ先頭へ

 効能・効果

効能効果 尿量が減少し、尿が出にくく、排尿痛あるいは残尿感のあるもの。


 漢方体験談

【猪苓湯の症例・治例】…次の症例に近い病症の方は、本方剤をお奨めします。

1〈老人の鬱病〉

治例図

77歳、女性。
九州福岡在住。年に1、2回上京して、当薬局近くの娘さんの所に滞在する。あるとき上京中、一日中だるくて、特に両足に力が入らないので寝ているという。ご主人を亡くして2年目。娘さんの話では、福岡の主治医は高血圧と欝病という診断とのこと。カラン、アバン、セレナール、アドナ、カルシウム拮抗剤などが出ていて、新薬の相互作用も無視できな)㌔本人は、153c皿、52㎏。顔に生気がなく、サンダルを引きずってきた。食欲はふつう1日3回食べる。大便は1日1~2回、小便は日中10回以上で、夜は2時間おきなので煩わしい。舌は微白苔で乾燥。目も乾き瞼が熱く、麦門冬湯をのむと調子よい上、夜の小便が減少してよく眠れるという。新薬をのんでからは、汗が多く、時に頭痛もするという。
あまり自信はなかったが、猪苓湯と香蘇散の交互服用とする。服用初日は、大便1日8回。だが下痢ではない。2日目は6回、3日目は3回出て、身体がすっかり軽くなり、足を引きずって歩くことはなくなった。自信がでて、新薬は次第に減らしたようである。福岡へ帰られてからは薬は郵送している。血圧は下がり、目の乾燥は治り、よく眠れて大便も正常になった。以後、約1年間経過。1ヶ月分の漢方薬を3ヶ月くらいにのみ延ばしている。猪苓湯は尿の不利と煩があり不眠の傾向がある。香蘇散は鬱傾向に効果がある。

・現代病名:鬱病

2〈排尿痛と残尿感〉

治例図
65歳、女性。
隣町に住む農家の主婦である。尿の出が細く、排尿痛と残尿感があり、すっきりしない。仕事上、シートをひいたコンクリート床で作業をすることが多い上にトイレもがまんしている。腰より下が冷える感じがする。体格、肉付きは普通である。
まず、排尿時の苦しみを取ることを目標にして、猪苓湯とナリジクス酸を与えた。排尿痛がとれてきたら、ナリジクス酸の服用を止め、猪苓湯単味のみの服用とするように指導、仕事の時も床の冷たさが直接体に伝わらぬように工夫してもらうようにした。
後日、来店された際に聞くと痛みは消失し、残尿感もほとんど消えていた。

・現代病名:排尿痛

3結石による血尿が10日で治まる〉

医師のSさん(60歳・男性)は、過去に何度か尿路結石を患い、再発するたびに薬を用いて治療をしていました。
そしてある日、腹痛を感じてトイレに行くと血尿が出てしまいました。同じ医師仲間で漢方薬を用いて治療を行っているT医師に、以前から「漢方薬で結石治療をしてみたらどうか」と勧められていたこともあり、Sさんは、そのT医師に相談してみることにしました。
T医師から勧められたのは、芍薬甘草湯と猪苓湯でした。さっそくこの2つを朝夕交互に飲みはじめると、やがて結石が尿とともに排出され、服用から10日目には血尿が完全に消えました。その上、血圧も安定し、体調もすこぶるよくなったのです。
それからというもの、結石の再発予防と体調管理のため、1日1回猪苓湯を飲み続けているそうです。

・現代病名:尿路結石

4〈約半年で症状が大幅に改善〉

治例図
50代前半から残尿感に悩まされていた名古屋市の個人タクシー運転手・Sさん(57歳)が、3年前に市内の病院を受診すると前立腺肥大症との診断を受けました。
その後、薬物治療を続けていましたが、症状は一向によくならないどころか、車の運転中に何度も尿漏れを経験するようになりました。
病院の担当医師からは、前立腺の切除手術を勧められたそうですが、できることなら切らずに済ませたいと思っていたSさんは、すがる思いで漢方薬局に駆け込んだのです。すると八味地黄丸猪苓湯を処方され、「体を冷やさないように……」という指導を受けました。
以来、体の保温に気を付け、その2つの漢方薬を半年間服用したところ、尿の出が非常によくなり、今では尿漏れもほとんど認められなくなりました。
また、食欲もわき、持病の腰痛・肩こりも軽くなってきたそうです。

・現代病名:前立腺肥大症

5〈漢方のおかげでようやく結石が出てきた〉

治例図
65歳になるY子さんは、半年前に腰が痛み出し、血尿が出ました。すぐに病院に行くと、腰の痛みではなく尿路結石による痛みとの診断結果でした。鎮痛剤を処方され、痛みは和らぎましたが、石は出ず、腰の鈍い痛みも取れずにいました。
その後、知人から尿路結石には漢方が効くと聞き、早速漢方の専門家を訪ねました。
処方されたのは八味地黄丸猪苓湯で、1ヵ月ほど服用していると腰の痛みが和らいで、血尿もなくなり、石がなくなったように感じてきました。
薬を飲み続けて半年ほどたったとき、急に下腹部が痛くなり、再び専門家に相談したところ、石が下りてきているのだろうといわれ、痛み止めに芍薬甘草湯附子を加えたものを処方されました。痛みは薄らぎましたが、数日後の夜にまた痛みだし、1晩中苦しんで、真っ赤な血尿とともに、ついに石が出たのです。石が出た後は腰も下腹部の痛みもうそのようになくなり、漢方の効き目を実感したそうです。

・現代病名:尿路結石

6〈猪苓湯で腎結石が改善〉

治例図
米国人で大学教授のA氏は、背中と腰が激しい痛みに襲われ、都内の大学病院で診察を受けると腎結石という診断です。すぐに入院し、鎮痛剤や鎮痙剤の投薬治療を受けると、1週間ほどで痛みが緩和し退院許可がおりました。
その際、医師からは「水を毎日たくさん飲むように」という指示を受けただけで、薬の処方や外来治療も特別に必要ないということでした。
ただ、結石は体内に残ったままだったので、また、いつ再発するかと心配になり、漢方薬局で相談すると、猪苓湯を処方されました。
薬剤師の指示を守って毎日服用したところ、2ヵ月間で結石が尿とともに体外に排出されました。
その後、6年近く経過しましたが、再発もなく、元気に教壇に立っています。

・現代病名:結石

7〈抗生物質が効かなかった尿道炎も漢方で完治〉

治例図
Sさん(40歳・女性)は、尿道炎と診断されて抗生物質による治療をしているにもかかわらず、頻尿や排尿痛といった症状がまったく改善しないことに悩んでいました。
そんなある日、Sさんの状態を見かねた友人が漢方薬も処方している内科医院を紹介してくれたのです。
Sさんはさっそく紹介された内科を訪れました。そこでの尿検査では多少の白血球増加が認められ、わずかに細菌の感染が心配されましたが、抗生物質が効かなかったという経験があったため、漢方薬での治療を進めることとなりました。
Sさんに処方されたのは、水のめぐりを改善する猪苓湯でした。朝昼晩と1日3回飲んで、2週間もすると、かなり頻尿が改善されてきました。
以降、2週間ごとの来院のたびに肌の色つやがよくなり、体調が整ってきていることが周囲にもよく分かるほどでした。
その後、3ヵ月もするころには、つらい症状はすっかりなくなり、表情や人がらも明るくはつらつと変わっていました。

・現代病名:尿道炎

8〈猪苓湯で腎結石が改善〉

治例図
中学教師のAさん(36歳・男性)は、半年前に背中とわき腹の激しい痛みに襲われ、都内の大学病院で診察を受けました。腎結石と診断されて、すぐに入院しましたが、鎮痛剤などの投薬治療を受けて1週間ほどで退院できました。
そのさい、医師に「結石はまだ体内にとどまっているので、いつ再発してもおかしくありません。水を毎日たくさん飲んで早く排出してしまいましょう」と言われたAさんは、退院後は毎日多めに水分を取っていました。しかし、1ヵ月後に再び激しい発作に襲われたのです。
そこで、Aさんはすがる思いで自宅近くの漢方薬局を訪れました。薬剤師は、Aさんには尿路や尿管の緊張を緩め、結石を体外に排出しやすくする猪苓湯が合っていると判断し、3週間ほど服用を勧めました。すると、10日ほどで結石が尿とともに体外に排出されました。その後は再発することなく、Aさんは、元気に教壇に立っています。

・現代病名:結石

9〈尿の出が改善した〉

治例図
若いころから尿路系が弱かった、Sさん(44歳`男性)は、この冬、突然、尿の出が悪くなりました。
病院で検査を受ける時間がなかったので、会社の近所の漢方薬局で、猪苓湯を処方してもらい、2週間ほど服用すると、尿の出がよくなり、腰の周囲のこりもスーツと消えました。

・現代病名:残尿感

 弁証論治

中医学漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学漢方)の良さは、薬そのものよりも、にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

 弁証論治概要

症状・所見→四診→証→治法→方剤
膀胱湿熱(泌尿器・生殖器炎症、結石)  
膀胱や性器の湿熱  

次の症状のいくつかある方は、猪苓湯が良く効く可能性が大きいです。

猪苓湯

 八法(治法の8分類)

猪苓湯は、消法:消食導滞・散結消堅の効能により、気・血・痰・食・水・虫などが積聚した有形の滞結を徐々に消散させる治法です。

【中薬大分類】祛湿剤…停滞した水液(湿)を除去する方剤です。

【中薬中分類】利水滲(しん)湿剤…湿を排泄する方剤です。

 八綱分類

裏熱実(りねつじつ) 裏 熱 熱 実 …証(体質・症状)は、一応裏証(内臓)、熱証(炎症)、実証(体力あり)の方に適応しますが、この方剤は、たいていの、どの証にも対応します。



 気血津液

人体の生命を支える要素として、氣(qi)・血(blood)・津液(body fluid)の3つがあります。
水液停滞…余分な水があまっている方が使用します。津液の停滞のことで、西洋医学的には細胞内液・組織液・リンパ液などが、主として組織間・消化管内・体腔内に異常に停滞したことを意味します。 中医学では湿・痰飲・水腫と呼ぶのが一般的で、日本では水毒ともいわれます。

 中医学基礎

中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
五臓(ごぞう)    気・血・津液・精    弁証論治・事典  

【証(病機)】膀胱湿熱兼陰虚(ぼうこうしつねつけんいんきょ)

【中医学効能(治法)】 利水清熱・滋陰止血・利湿

【用語の説明】(term)

リンク利水(りすい) »…腎を温めて、脾を健全にすることです。尿や発汗のことです。水気を下行させて通利することです。利尿、導尿がそれです。薬物では猪苓・沢瀉・通草などにその作用があります。

リンク清熱(せいねつ) »…熱をさますことです。身体の内部の熱を冷ますことです。体表の熱の場合は解熱といいます。

リンク滋陰(じいん) »…潤い、冷やす力、陰を補充することです。陰(液)を潤すと、陽(氣)即ち元気が出るということです。陰虚を解消することです。類義語:補陰・養陰・涵陰・育陰

リンク止血(しけつ) »…出血している血を止めることです。

リンク膀胱(ぼうこう) »…六腑の一つで、腎の付属器官として尿を貯蔵、排出するものです。

リンク湿熱(しつねつ) »…体の余分な水分が熱を帯びた状態のことです。湿邪+熱邪が発病因子となったものです。

リンク陰虚(いんきょ) »…陰虚;冷やす力が不足しほてりやすくなった状態です。体の構成成分の液体、血・体液などが不足し、消耗、乾燥状態になります。虚熱証です。

 証の判定

判定

証(症状・体質)判定を望む方判定の方証判定メニュー  
※この判定のために、AI(人工知能)のエキスパート・システムを構築しました。Java

↑ページ先頭へ

 診断のポイント

●小便難(膀胱刺激症状)
●下腹の緊満
●口渇、尿不利


【病症】(symptoms) 次の病症どれかのある方に本処方は適合します。
●排尿困難、排尿痛、血尿、残尿感、頻尿。
●軽い口渇。
●胸苦しさ、不眠、精神不安。
●下痢、嘔吐、浮腫(むくみ)。
●咳嗽(がいそう、せきのこと)。
●尿量減少。


 舌 診

舌診舌診(tongue) 紅、黄膩苔あります。


舌診


上図の舌象と似ている舌の方は、猪苓湯が良く効く可能性が高いです。

 脈 診

脈診【脈診】(pulse) 浮数、あるいは滑です。

 腹 診

腹診【腹診】(abdomen) 下腹部の膨満感、圧痛(下腹緊満)です。

 合 方

【合方】(複数の漢方薬を合わせた処方)
他剤との効用併用を示します。合方は良効なケースが多いです。
本方の証の方で、さらに次の症状がある方は、合わせて次の方剤を飲むと良く効きます。
病症症状 合 方 備 考
猪苓湯証で血虚を伴う場合 猪苓湯+四物湯  
腎臓結石、膀胱結石などの場合 猪苓湯+芍薬甘草湯  
しばしば血尿が出る場合、なかなか治らない慢性腎炎の場合 猪苓湯+四物湯  
慢性腎炎の場合 猪苓湯+五苓散  

 使用方法

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。むかつくときは、水で飲んでもかまいません。

 成 分

生薬
猪苓湯は、主薬の猪苓をはじめ、下記の5種類の生薬からなります。
猪苓と沢瀉、それと茯苓は、漢方の代表的な利尿薬で、水分循環を改善し尿の出をよくします。また、阿膠は、ロバなど動物の皮を原料とした生薬で、止血作用があるといわれています。さらに、滑石は、熱や炎症をしずめる働きをします。
本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス1.75gを含有する。
日本薬局方 タクシャ(沢瀉)…3.0g
日本薬局方 チョレイ(猪苓)…3.0g
日本薬局方 ブクリョウ(茯苓)…3.0g
アキョウ(阿膠)…3.0g
カッセキ(滑石)…3.0g

 組成成分

次図をクリックすると各生薬の詳細説明にリンクします。
滑石  沢瀉  猪苓  茯苓  阿膠 

 構成生薬の説明

1.茯苓・猪苓・沢瀉・滑石は、組織中や消化管内の水分を血中に吸収して、利尿により排除する(利水滲湿)。この作用により、浮腫・下痢を緩解し、尿量を増して尿を稀釈し高浸透圧性の尿路刺激をやわらげる。
2.猪苓・沢瀉・滑石は、軽度の抗菌・消炎作用をもつ(清熱)。
3.阿膠は、滋養強壮作用により体を滋潤・栄養し、また止血に働く(滋陰止血)。
(補足)
本方は、利水と滋潤を併用した処方で、体内での水分の偏在(組織中や消化管内の水分貯溜)に用いる。五苓散の適応する状態とほぼ同じであるが、本方は炎症傾向や熱証を伴うものに適している。ごく軽度の脱水になら使用してもよい。


 製剤・薬剤形状

顆粒剤

顆粒剤 顆粒剤…散剤を粒状に加工して大きさを揃えたもので、サラッとして飛び散りにくく飲みやすい薬です。粒を特殊な皮膜で覆い、溶けやすくしたものもあります。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

使用上の注意  使用上の注意

【妊娠・授乳の注意】女性
●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。



補足説明  補足説明

 


↑ページ先頭へ

食養生  食養生1

 猪苓湯は、体質:痰湿タイプです

養生法

●料理が薬(くすり)になる膳=薬膳
●薬膳=食べる方の体質に合っている食事料理
●薬膳は中華料理とは限りません。日本の日常の食材で作れます。

●主食には、雑穀入りのご飯にしましょう。海藻、きのこ、根菜を使用すると良いでしょう。

 養生法

水分をとり過ぎないようにし、利尿作用の高いとうもろこしなどの食材を食事に取り入れましょう。
体を温める食材もおすすめです。
階段の昇り降りや自転車こぎなどの運動で、汗をかく習慣をつけましょう。

食材

次の食材を積極的にご利用ください。

 漢方食材

陳皮

 薬味etc.

しょうが セージ

 穀類・豆類

はと麦 小豆 大豆 緑豆 緑豆春雨

 野菜・キノコ

トウモロコシ なす なす とうがん

 果物・木の実

ぶどう すいか カリン

 魚介・海藻

はまぐり くらげ いわし さんま さんま あじ

 「水」の代謝が悪くなって、身体内に水分(津液)が溜まっている

体質タイプ:痰湿
津液の代謝が悪くて、体内に水分がたまった体質です。水分の代謝には脾、肺、腎臓が関係していますが、とくに腎臓の働きが低下していると、水分が体にたまりやすくなってしまいます。また、肺と脾に異常があると、むくみや喘息などの症状も現れてきます。

脾、肺、腎の働きを正常にするために、気を巡らす作用のある食材をとりましょう。さらに利尿作用のある食材で不要な水分を体外に排出します。この体質の人は冷え症の場合が多いので、体を温めるものをとり、運動をして代謝を上げましょう。

 調味料

酒 みそ 酢

 飲 物

ウーロン茶 プーアール茶 麦茶 コーヒー コーヒー ココア

 食物繊維たっぷりの食材を

痰湿タイプの人には、便通や排尿をよくする食物を使い、脂肪や水分の排泄を促して、体にたまった「痰湿」を取り除くことが肝心です。その役割を果たす食物が、食物繊維に富んだ玄米、麦、雑穀、海藻、きのこ、根菜です。

食物繊維は、人間の消化酵素では消化されにくい食品中成分の総称です。腸内で老廃物や水分を吸収し、便として体外に排出するはたらきがあります。また食物繊維が多い食物は、よく噛まなくては食べられない食品が多く、過度な食欲と食べすぎを抑えてくれます。肥満予防、高脂血症や動脈硬化の予防、整腸作用など、痰湿の症状を予防しととのえるのにぴったりのはたらきをしてくれるのです。

逆に、気になるコレステロールを増やす食物は、肉、脂っぽい食物、甘い食物です。痰湿タイプの人はなるべく控えましょう。

 む<みが強い痰湿の食材を

中医学では、のどが渇いて水が飲みたくなったときに飲めば十分に必要量を摂取できるとされていますが、最近は水のペットボトルを携帯して暇さえあれば水を飲む人がいます。しかし痰湿ならそれはタブーです。飲みすぎる傾向が強い痰湿は、逆に抑えぎみの飲水が適量でしょう。

また水分や糖分を多量に含む果物も、とりすぎると、むくみの原因になります。一日に1個ぐらいにしましょう。

おすすめの食性・食味は、「平温涼性」と「甘味」「辛味」「鹸味」です。身体に熱がこもる熱タイプの痰湿は、冬瓜(とうがん)、緑豆、緑豆春雨などの涼性の食材で熱を冷ましましょう。

 避けたい食材

●肉類、卵の黄身、魚卵、脂っぽいもの、甘いもの(ケーキ類 etc.)、味の濃いものは避けましょう。
●炭酸飲料、水分(とくに冷たい飲みもの)、酒類は控えめにしましょう。
●チョコレート、生クリームは控えめにしましょう。

クスリ

膀胱炎・尿道炎
膀胱炎・尿道炎を治し血尿に効く
猪苓湯は、実証から虚証まで幅広く用いられる利水剤です。膀胱炎や尿道炎だと分かった人は、猪苓湯を試してみるとよいでしょう。
膀胱炎の主な症状は、排尿時に下腹部が痛む、尿量減少、頻尿、残尿感などで、尿道炎では排尿時の痛み、局所のかゆみなどが起こります。これに加え、異常にのどが渇く、汗をかかないといった水分代謝の異常、イライラ感や不眠などの精神不安を伴う場合は、猪苓湯が効果的です。
膀胱炎や尿道炎の原因は、ほとんどが細菌感染です。その感染経路は、尿道の出口から尿道、膀胱へと上がっていく状態と、腎孟炎、腎炎など、尿管へと下がっていく状態とがあり、細菌による炎症が排尿異常を起こします。炎症には熱がつきもので、猪苓湯には、体内の炎症による熱を取り去り、水分代謝をスムーズにする働きがあります。その効き目は、体内の水分バランスを調整しながら余分な水分を排出させるので、膀胱炎を繰り返して抗生物質が効きにくくなった慢性の症状にも、また、血尿を伴う急性の症状にも効果があります。ただし、体が冷え過ぎたために起こる膀胱炎には逆効果になるので特に注意しましょう。
八味地黄丸を使えないときは猪苓湯
尿の出が悪くて気持ちよく排尿ができない、それなのに、しばしば尿意をもよおす、腰や足が冷える、というような症状があると、前立腺肥大や前立腺炎、慢性腎炎、膀胱炎などの疑いが挙げられます。
特に中高年の男性では、下腹部が大変軟らかく、触られても分からないほど知覚鈍麻していることがあり、こうした場合にはまず八味地黄丸を用いることが考えられます。ところが、こうした人は、胃腸が弱く、腹部が軟弱で胃内停水があるような場合が多いため、補腎(腎気を補う作用)を中心とした八味地黄丸を服用すると、下痢をしたり食欲をなくしたりすることもあります。八味地黄丸が合わないこのような人には猪苓湯が用いられます。弱った消化器系に刺激を与えずに治してくれる、やさしい漢方薬が猪苓湯といえます。

クスリ
備考 ↑ページ先頭へ

判定  類方鑑別

【猪苓湯類似処方の紹介】…次の方剤は、使用目的が猪苓湯に比較的近い方剤です。あなたの症状とともに、比較検討してください。

五苓散   …口渇、尿量減少などはあるが、排尿痛、血尿などがなく、むしろ頭痛・めまいなどの水毒症状を呈する場合に用いる。表寒蓄水の証。

八味地黄丸   …口渇、軽度の排尿痛のほか、全身倦怠感、足腰の冷えや痛みを訴え、下腹部が触診上軟弱無力な場合に用いる。腎陽虚の証。

五淋散   …局所症状は本方に似ているが、体質的にはやや虚弱で、一部冷え症の場合に用いる。(腎気不足で熱淋)

竜胆瀉肝湯   …体力中等度以上で、膀胱、尿道、生殖器に急性または亜急性の炎症症状がより顕著である場合に用いる。肝経の実火と下焦湿熱。

↑ページ先頭へ