Now Loading

ツムラ 麻黄湯 エキス顆粒(医療用)の食養生 ツボ 生活改善等

無汗で発熱性の悪性の病気の初期に効く漢方の妙薬

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

相談窓口

食養生  食養生1

食養生

 麻黄湯は、体質: タイプです

養生法

●料理が薬(くすり)になる膳=薬膳
●薬膳=食べる方の体質に合っている食事料理
●薬膳は中華料理とは限りません。日本の日常の食材で作れます。

 養生法

身体を温める「生姜(しょうが)」や「シナモン(桂皮)」などを積極的にとり、身体を冷やすものは避けましょう。
冷たい食べ物はできるだけあたためて食べましょう。



次の食材を積極的にご利用ください。

 薬味etc.

 野菜・キノコ

 果物・木の実

 魚介・海藻

 風邪(ふうじゃ)+寒邪によるカゼまたはインフルエンザ


クーラーの冷気にあたりすぎるせいか、夏かぜをひく人が目立ちます。冷房によるかぜは長びきやすいのが難点です。また、冬になって冷たい風にあたったり、冷えた場所に長くいたりしても、かぜをひきやすくなります。

このようなタイプのかぜは、中医学では「寒邪(かんじゃ)」が原因と考えます。病気の原因(病邪)が「寒」にあるということです。主な症状は、冷え、頭痛、鼻水など。熱が出て体が熱くなるというよりは、寒くてぞくぞくするようなかぜです。外から帰ってちょっと寒気がするようなときは、このタイプのかぜのひき始めかもしれません。放っておくとどんどん悪化することもあるので、早めに対処したいものです。

 肉・たまご(鶏卵)・乳製品

牛肉 鶏肉(とりにく)

 調味料

 飲 物

 風寒の食材を

風邪気味でさむけがすると感じるときは、しょうが湯を使用しましょう。細かくきざむか、すりおろした生姜に黒砂糖を加えてお湯を注げば良いです。黒砂糖のかわりに蜂蜜を入れても良いです。湯ではなく紅茶を加えても良いです。

ツボ(経穴)  ツボ(経穴)1

 麻黄湯は、体質: タイプです

ツボ(経穴)

●気になる不調を自分で手軽にケアする方法として、おすすめなのが『ツボ』(経穴)です。

数千年の歴史を持つ中医学(東洋医学)の治療法です。

WHO(世界保健機関)の主導でツボの名称統一を行うなど、最近は世界的にも関心が高まっている治療法です。

「お茶で一服する」「トイレに立つ」といったタイミングでツボを押すことを、ぜひ習慣化しましよう。その場で不調を解消できるだけでなく、病気への抵抗力や免疫力を日々、高めていくことが可能です。

 腎兪(じんゆ)

腎兪(じんゆ)

身体の根本である「腎」の働きをよくします。腰痛や生理痛にも効果があります。

 つぼの見つけ方

骨盤の上端を背中側で結ぶ線と背骨が交わるところから、脊椎の骨2つ分上で、脊椎から左右約3cmずつ外側にあるツボです。

 つぼの押し方

両手を腰にあて、親指でゆっくり指圧します。また使い捨てカイロを貼ったり、シャワーを当てて温めると効果大です。

経穴

 風邪(ふうじゃ)+寒邪によるカゼまたはインフルエンザ

クーラーの冷気にあたりすぎるせいか、夏かぜをひく人が目立ちます。冷房によるかぜは長びきやすいのが難点です。また、冬になって冷たい風にあたったり、冷えた場所に長くいたりしても、かぜをひきやすくなります。

このようなタイプのかぜは、中医学では「寒邪(かんじゃ)」が原因と考えます。病気の原因(病邪)が「寒」にあるということです。主な症状は、冷え、頭痛、鼻水など。熱が出て体が熱くなるというよりは、寒くてぞくぞくするようなかぜです。外から帰ってちょっと寒気がするようなときは、このタイプのかぜのひき始めかもしれません。放っておくとどんどん悪化することもあるので、早めに対処したいものです。

 風門(ふうもん)

風門(ふうもん) 風の邪気は、風門から入って風邪が発生します。

 つぼの見つけ方



 つぼの押し方




ツボ

 風池(ふうち)

風の邪気は、風池に溜(た)まります。押せば、風邪の諸症状に効果絶大です。

 つぼの見つけ方

首の後ろの中央のくぼみから左右2寸のところのツボです。

 つぼの押し方

中指を立てて、ツボに対して垂直に押します。左右両方を一緒に押すといいです。


ツボ

 風府(ふうふ)

風の邪気は、風府に集まって風邪をこじらせます。

 つぼの見つけ方



 つぼの押し方



生活改善アドバイス  生活改善アドバイス1

 麻黄湯は、体質: タイプです

生活改善アドバイス

●世界の伝統医学の中でも、最も理論体系が整い、豊富な治療手段を備え、長い経験の蓄積があり、実用性の高いのが中医学(東洋医学)です。

この医学は病気の治療ばかりでなく、養生思想も内容が豊かで、病気の予防や健康増進にも活用できます。

その大きな特徴は、一人一人に合わせたやさしい眼差しで、各個人の体質を見極め、体質や体調に合った養生や生活改善を提案することです。

 生活環境対応

身体を温める

 寒気が強い方の養生法

かぜをひいて寒気があるのは、風寒の邪が体内に侵入したのが原因です。

病邪は背中や首すじの毛穴から侵入するので、かぜのひきはじめに、背中がぞくぞくします。体温が上がっても寒がるのが特徴です。

水っぽい鼻水が出て、頭痛や関節の痛みがあることもあります。

風邪と寒邪を撃退するには、汗をかいて病邪を発散させ、身体を温めることが大切です。

養生訓

 風邪(ふうじゃ)+寒邪によるカゼまたはインフルエンザ

クーラーの冷気にあたりすぎるせいか、夏かぜをひく人が目立ちます。冷房によるかぜは長びきやすいのが難点です。また、冬になって冷たい風にあたったり、冷えた場所に長くいたりしても、かぜをひきやすくなります。

このようなタイプのかぜは、中医学では「寒邪(かんじゃ)」が原因と考えます。病気の原因(病邪)が「寒」にあるということです。主な症状は、冷え、頭痛、鼻水など。熱が出て体が熱くなるというよりは、寒くてぞくぞくするようなかぜです。外から帰ってちょっと寒気がするようなときは、このタイプのかぜのひき始めかもしれません。放っておくとどんどん悪化することもあるので、早めに対処したいものです。

風寒

熱風邪
丈夫な方の熱風邪に即効
麻黄湯は実証の薬です。つまり、適度に筋肉が付いていて肌の締まりがよく、普段からダラダラと汗をかかないというような丈夫な方に有効です。このような人の体内に風邪ウイルスが進入すると、身体自身が病原体と戦うため、体の節々、腰や肩、背中などが痛くなり、悪寒がして熱が出ます。人によっては、頭や耳、のどが痛くなる場合も少なくありません。丈夫な人ほど病気に対して体が抵抗するので、体の痛みは激しいものとなります。また、胸が張った感じになったり、呼吸が苦しいこともあります。
これらの症状だけを取り上げると、葛根湯の適応症状とよく似ていることが分かります。しかし、同じ実証の薬でも葛根湯の方が穏やかな処方になっているため、どちらを服用してよいのか分からない場合は、まず葛根湯を試し、効き目が見られない場合に麻黄湯を服用するとよいでしょう。その結果、すぐに効き目が現れたという例が多く認められています。
高熱性の悪質な病にも麻黄湯
風邪は万病の元とよくいわれますが、特に熱風邪の初期症状は、あらゆる高熱性の病気ともよく似ているので注意が必要です。単なる風邪と思っていたところ、それがインフルエンザの始まりであったり、腸チフスや天然痘、あるいはコレラなど、さらなる高熱が伴う悪性の病気の初期であることも、時と場所によっては考えられます。このようなときには麻黄湯がその威力を発揮してくれます。
身体が丈夫な方は、悪寒がして高熱が出ているにもかかわらず、自然発汗がありません。そのため、互いに発汗作用を持つ麻黄と桂枝がその作用を増強させ、発汗を促して熱を下げていきます。また、麻黄湯は、皮膚、筋肉、関節などの奥深くに作用するため、関節痛やリウマチ、気管支炎や肺炎などにも大変有効です。
ただし、体力に自信があって丈夫な方でも、普段から若干の発汗傾向がある、胃腸や心臓が弱い傾向にあるという場合などは慎重に用いましょう。

麻黄湯VS葛根湯
麻黄湯VS葛根湯の服用判断目安
麻黄湯と葛根湯は、ともに表寒実証の漢方薬です。目標となる症状もよく似ているため、どちらを服用したらよいのか、判断が難しい場合もあります。目安となる2つの目標を簡単に紹介しましょう。
麻黄湯の症状には、むせるような乾いた咳(せき)が強く出ますが、葛根湯の場合はその咳(せき)が弱い、または出ないことがあります。
また、体の痛み方では、麻黄湯の場合、体の節々、関節などが痛みますが筋肉の全体的なこりは少ないようです。対して葛根湯では、筋肉や筋がこって、体が痛むように思われる痛みです。
鼻水の症状では、麻黄湯は水ばなが激しく出ますが、葛根湯ではやや濃い水ばなが出ます。
これらを総合的にみると、麻黄湯は、より流動的で激しく、葛根湯は、やや固まった感じの症状という違いがあります。

風邪症候群の漢方薬と症状の関係

●風邪症候群の漢方薬と症状の関係
漢方薬























備考
銀翹散 表熱実 赤い風邪(温熱病)。炎症性のカゼではほとんど寒気(さむけ)が無く、熱感が強く、初めから熱がでます。特に口が渇いてノドに熱を持つことが多く、赤く腫れて痛むカゼです。
葛根湯 表寒実 × 青い風邪(傷寒)。症状としてまず寒気を訴え、次第に熱がでて、頭痛や肩こり、節々の痛みなどを訴え、顔色が青白いカゼです。
麻黄湯 表寒実 × 青い風邪(傷寒)。症状としてまず寒気を訴え、次第に熱がでて、頭痛や肩こり、節々の痛みなどを訴え、顔色が青白いカゼです。
桂枝湯 表寒虚 × × 青い風邪(傷寒)。症状としてまず寒気を訴え、次第に熱がでて、頭痛や肩こり、節々の痛みなどを訴え、顔色が青白いカゼです。
霍香正気散 裏熱虚 胃腸症状の風邪。

◎、○、△ = 使用目標 (症状の強さ=◎>○>△)
▲ = 無いか、あっても極わずか
× = ある場合は適応しない

判定  類方鑑別

【麻黄湯類似処方の紹介】…次の方剤は、使用目的が麻黄湯に比較的近い方剤です。あなたの症状とともに、比較検討してください。

葛根湯   …本方と同じく表寒実証用であるが、もう少し病変が浅い所にある。腰痛関節痛がなく項背強痛がある。(太陽陽明合病)

桂枝湯   …表寒虚証、悪寒発熱、自汗、脈浮緩。(太陽中風)

小青竜湯   …裏寒と表証、鼻水。くしゃみがあり、心下水気有の証。

麻杏甘石湯   …悪寒発熱がなく、喘息、咳嗽が烈しく、黄色粘痰がある。発汗傾向と口渇を伴う。肺熱の喘咳。

銀翹散   …温病系風邪(風熱(表熱))辛涼解表剤、上焦風熱、衛分証、気分証に使用。熱感があり、悪寒はない。口渇、咽痛、咳嗽がある。感冒、インフルエンザ、咽頭炎、扁桃腺、流行性耳下腺炎等。

 注文

●個人輸入の場合1回の輸入で注文できるのは、2ヵ月分以内ですので、注文数量を確認願います!

shopping ツムラ 麻黄湯 エキス顆粒(医療用)のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k0641 42包(2週間分) 3,275円(税込)
数量
k0769 189包(63日分) 13,132円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
個人輸入

CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

↑ページ先頭へ