Now Loading

東洋 猪苓湯 エキス細粒の主治・商品説明

止血効果の高い、泌尿器系の代表的利水剤。排尿痛、残尿感、血尿に

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

東洋 猪苓湯 エキス細粒

医薬品個人輸入 説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ 医療用漢方薬処方箋医薬品以外の医薬品

 主治・適応症

(Mainly treatment)…主とする治療対象です。

排尿(慢性膀胱炎・尿道炎・血尿)/「陰虚+下焦湿熱」による泌尿器疾患に多用/陰虚+膀胱湿熱

【適応症】尿路結石、腎炎、ネフローゼ、頻尿、排尿痛残尿感、血尿、尿量減少、小便難、尿道炎、腎臓炎、腎石症、淋炎、腰以下の浮腫、下痢、膀胱カタル、腎臓膀胱結石による排尿困難、突発生腎出血、腎孟炎、腎臓結核、不眠症、ひきつけ

猪苓湯 →

次の症状のいくつかある方は、猪苓湯が良く効く可能性が大きいです。



 商品説明

漢方処方  処方名:猪苓湯ちょれいとう

東洋 猪苓湯 エキス細粒(医療用)は、排尿時に痛みや不快な残尿感があるとか、尿が出にくい場合に用いられる漢方薬です。
湿熱湿邪と熱邪が合わさった病症)により、尿が濃い、時には、血尿になる場合に良く効きます。炎症や結石により排尿時に痛む場合にも使用します。
下焦の水と蓄熱を去り、利尿をはかる方剤です。
●本剤は、湿熱による下痢や尿利減少、排尿異常に用います。
①膀胱炎・尿道炎 ②尿路結石
尿が快痛せず、少しずつタラタラと出るという状態を目標とします。尿量は全体として少なく、口渇やイライラがあり、しばしば血尿を伴いますが、痛みはないのがその適応です。
③血尿を伴う腎炎(ただし熱証の場合)
●膀胱炎や尿道炎、腎炎などの治療に用いられるほか、呼吸器系からの出血(喀血)にも応用されています。


●本剤は、漢方の古典「傷寒論」(しょうかんろん)、「金匱要略」(きんきようりゃく)(いずれも後漢時代)収載の処方に基づいて作られたエキスを、飲みやすく顆粒剤としたものです。
●本方は5種類の生薬から成り、その主薬である猪苓を処方名としました。
●体力中程度の方の排尿痛・残尿感に使用します。

 弁証一覧(次の弁証の方には、猪苓湯が良く効きます。)

  • ●膀胱湿熱(泌尿器・生殖器炎症、結石)
  • ●膀胱や性器の湿熱


 出典書籍

西暦250年 三国時代 『傷寒論』 by校訂 六経によって急性熱病を識別し、治療する方法について説明している。→処方使用期間:1767年間

サイト内外検索

Google
 

 注文

●個人輸入の場合1回の輸入で注文できるのは、2ヵ月分以内ですので、注文数量を確認願います!

shopping 東洋 猪苓湯 エキス細粒のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k1721 2.0g×252包(84日分) 21,883円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
個人輸入

CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

 効能・効果

効能効果 尿量が減少し、尿が出にくく、排尿痛あるいは残尿感のあるもの


 使用方法

正しく使用 食前または食間に服用 通常、大人1日3回、1回2.0g(1包)を空腹時経口投与 年齢症状により適宜増減する。

 成分・生薬

生薬
本剤6.0g中 日局チョレイ3.0g、日局ブクリョウ3.0g、日局タクシャ3.0g、カッセキ3.0g、アキョウ3.0g 上記の混合生薬より抽出した猪苓湯の水製エキス4.0gを含有する。 本剤は、猪苓湯の水製エキスに賦形剤(トウモロコシデンプン)を加えて製したものである。

使用上の注意 使用上の注意

重要な基本的注意 1.本剤の使用にあたっては、患者の証(体質・症状)を考慮して投与すること。なお、経過を十分に観察し、症状・所見の改善が認められない場合には、継続投与を避けること。 2.他の漢方製剤等を併用する場合は、含有生薬の重複に注意すること。

【妊娠・授乳の注意】女性
●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。



↑ページ先頭へ