ウチダ 八味丸M 丸剤・医療用:先頭頁

生命力の源「腎」の気を補う老化予防の妙薬

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、4ページあります。

ウチダ 八味丸M 丸剤・医療用

医薬品個人輸入 説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ 医療用漢方薬

 主 治

中医学
(Mainly treatment)…主とする治療対象です。

腎陽虚弱証(老化・夜閉頻尿・糖尿病)

【適応症】腎炎、糖尿病、インポテンツ、腰痛、脚気、前立腺肥大、膀胱カタル高血圧、頻尿、排尿困難むくみ、下肢痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、坐骨神経痛、血糖増加による口渇、動脈硬化慢性腎炎、ネフローゼ、萎縮腎、浮腫、産後脚気、更年期障害、老人性の湿疹低血圧夜尿症腎盂炎、脳出血、下肢の麻痺、脱力、スモン病(初期)、白内障、緑内障、眼精疲労、視力減退、老人性皮膚掻痒症、陰部掻痒症、湿疹、肺気腫、喘息、脱肛便秘耳鳴り

八味地黄丸 →

次の症状のいくつかある方は、八味地黄丸が良く効く可能性が大きいです。



 商品説明

漢方処方  処方名:八味地黄丸はちみじおうがん

漢方薬使用者

精力減退・目のかすみに!夜間尿・下半身の脱力感に!
●腰から下がだるい方の漢方薬です。その状態は冷える(足の裏はほてることもある)ことと、重だるいことが特徴です。冷えのために夜中にたびたびトイレに行く人には、特に良く効きます。
●漢方医学に腎気(じんき)という言葉がありますが、これは人間のからだの働きのもとになるエネルギーといえるもので、からだのみずみずしさや活力の源になると考えられています。この腎気が中年以降になると徐々に失われ(腎虚(じんきょ)といいます)、いわゆる老化現象があらわれるようになります。
ウチダ 八味丸M 丸剤・医療用は、腎気を補う漢方薬として用いられ、尿の出が悪くなったり、夜間よくトイレに起きたり、また足腰が痛むとか、目がかすんで小さな文字が読みにくいなどの症状に効果があります。


●本剤は、漢方の古典「金匱要略」(きんきようりゃく)(後漢時代)収載の処方に基づいて作られたエキスを、飲みやすく丸剤としたものです。
●8種類の生薬から成ることを八味と表現し、地黄を主薬とするので、八味地黄丸と名付けられました。八味丸、八味腎気丸、金匱腎気丸などと呼ばれることもあります。
●体力が弱い中年以後の老齢者の下肢痛・腰痛・排尿困難に使用します。
●下半身の脱力感・腰痛に用います。疲れやすくて、手足が冷え、お小水が近く、ときに口が渇き、下半身に脱力感、痛み、しびれなどを訴える方に使用します。

 弁証一覧(次の弁証の方には、八味地黄丸が良く効きます。)

  • 陽虚
  • ●腎気虚
  • ●腎陽虚(命門火衰)


 出典書籍

西暦250年 三国時代 『金匱要略』 by校訂 東漢・張機(仲景)著。原著は《傷寒雑病論》という。北宋の王叔和は《金匿玉函要略方》全3巻を記録し伝えた。その伝本を林億らは《金匿要略方論》と改名した。全25巻、方剤262方、内科雑病、婦人科、救急、飲食禁忌などについて述べられている。漢代以前の豊富な臨床経験を総結し、弁証論治および方薬配伍の一般原則を記している。→処方使用期間:1766年間

サイト内外検索

Google
 

 注 文

shopping ウチダ 八味丸M 丸剤・医療用のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k1592 (分包)20丸x252包[84日(12週)分] 13,800円(税込)
数量
k1591 (ボトル)500g(丸数:5000丸) 13,800円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

買物カゴの内容へ ログイン・会員新規登録 お客様マイページログイン

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
個人輸入

CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

↑ページ先頭へ