クラシエ 三黄瀉心湯 エキス細粒:先頭頁

血(けつ)の異常を取り除き、止血効果にも優れた漢方の即効薬

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、4ページあります。

クラシエ 三黄瀉心湯 エキス細粒

医薬品個人輸入 説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ 医療用漢方薬

 主 治

中医学
(Mainly treatment)…主とする治療対象です。

胃・心の実熱証(便秘傾向・いらいら感)/瀉火方剤の元祖

【適応症】高血圧の随伴症状(のぼせ肩こり耳鳴り、頭重、不眠、不安)、鼻血、痔出血、便秘更年期障害血の道症動脈硬化症、脳溢血、精神不安、肩こり、常習便秘胃潰瘍神経症、眼底出血、子宮出血、代償性月経、酒さ鼻(赤はな)、結膜炎、紅彩炎、胃炎、皮膚病、てんかん、やけど(火傷)。

三黄瀉心湯 →

次の症状のいくつかある方は、三黄瀉心湯が良く効く可能性が大きいです。



 商品説明

漢方処方  処方名:三黄瀉心湯さんおうしゃしんとう

漢方薬使用者

クラシエ 三黄瀉心湯 エキス細粒は、漢方治療の著名な古典である「金匱要略」(きんきようりゃく)を出典としており、古来より体力のある方の高血圧に伴うのぼせ・肩こり・頭重や便秘等に賞用されています。
●本剤は特に上半身に充血が著明で、のぼせ・紅潮があり、みぞおちがつかえ、不快感強く、神経症状も強く気分がいらいらして落付かず、便秘し、出血の傾向のある患者の症状を緩解させる目的で繁用され効果を発揮します。
●また、切創やその他の出血で驚き、不安のある時、動脈硬化症・血圧亢進の診断をくだされて絶えず不安な気分に襲われ不眠に陥った方に用いて効果を発揮するほか、頭重・耳鳴り血の道症、常習便秘、痔出血、鼻出血に広く応用されます。
×尚、本剤は体力の低下している時、下痢のある時には使用しないでください。


●本剤は、漢方の古典「金匿要略」(きんきようりゃく)(後漢時代)収載の薬方を基本としたわが国の経験処方に基づいて作られたエキスを、飲みやすく顆粒剤としたものです。
●本処方の心とは、心下(みぞおち部分)の痞(つかえ)を意味し、瀉とは「うつす」ということで、見方をかえれば「除く」という意味になります。黄ごん、黄連、大黄、の3種の生薬からなり、心の中に詰まったものを除くというその薬効より名付けられました。

 弁証一覧(次の弁証の方には、三黄瀉心湯が良く効きます。)

  • ●出血・実熱
  • ●心火旺(心火上炎・心炎亢盛)(ストレス)
  • ●肝火上炎(肝火旺)


 出典書籍

西暦250年 三国時代 『金匱要略』 by校訂 東漢・張機(仲景)著。原著は《傷寒雑病論》という。北宋の王叔和は《金匿玉函要略方》全3巻を記録し伝えた。その伝本を林億らは《金匿要略方論》と改名した。全25巻、方剤262方、内科雑病、婦人科、救急、飲食禁忌などについて述べられている。漢代以前の豊富な臨床経験を総結し、弁証論治および方薬配伍の一般原則を記している。→処方使用期間:1766年間

サイト内外検索

Google
 

 注 文

shopping クラシエ 三黄瀉心湯 エキス細粒のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k1290 (EK-13)2.0g×42包(2週間分) 3,921円(税込)
数量
k1288 (KB-13)3.0g×28包(2週間分) 3,921円(税込)
数量
k1289 (KB-13)3.0g×168包(12週間分) 21,686円(税込)
数量
k1291 (EK-13)2.0g×294包(14週間分) 26,264円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

買物カゴの内容へ ログイン・会員新規登録 お客様マイページログイン

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
個人輸入

CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

↑ページ先頭へ