Now Loading

ツムラ 柴朴湯 エキス顆粒(医療用)の主治・商品説明

気管支喘息、小児喘息、せき、気管支炎、不安神経症

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

ツムラ 柴朴湯 エキス顆粒(医療用)
相談窓口

医薬品個人輸入 説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ 医療用漢方薬処方箋医薬品以外の医薬品

 主治・適応症

(Mainly treatment)…主とする治療対象です。

慢性気管支喘息・不安神経症/肝気犯肺

【適応症】気管支ぜんそく、小児ぜんそく、せき、気管支炎、不安神経症、百日咳、神経衰弱ノイローゼ、喘息発作などによる呼吸困難。

柴朴湯(小柴胡湯+半夏厚朴湯) →

次の症状のいくつかある方は、柴朴湯(小柴胡湯+半夏厚朴湯)が良く効く可能性が大きいです。



 商品説明

漢方処方  処方名:柴朴湯(小柴胡湯+半夏厚朴湯)さいぼくとう

喘息の体質改善に!
●何となく不安感がある人に用いられます。イライラしやすく痰があり、息切れする人に用いられます。喘息様気管支炎にも良いです。
●ぜんそくや気管支炎にかかり、のどがぜいぜいして息苦しいのははた目にもつらいものですが、それがたびたび繰り返されると、気分もふさぎがちになるものです。
ツムラ柴朴湯エキス顆粒(医療用)は、発作への不安のつよい方、心配ごとなどがあると発作を起こしやすい方などにおすすめしたい漢方薬です。
●呼吸器の炎症症状に加えて咳嗽、喀痰、呼吸困難あるいは喘鳴などの湿痰の症状を伴うものに用いるとよいです。


●ツムラ 柴朴湯 エキス顆粒(医療用)は、漢方の古典「傷寒論」(しょうかんろん)、「金匱要略」(きんきようりゃく)(いずれも後漢時代)収載の薬方を基本とした我が国経験処方に基づいて作られたエキスを、飲みやすく顆粒剤としたものです。
●小柴胡湯と半夏厚朴湯の合方であり、両方の処方から1文字ずつ取って名付けられました。
●小柴胡湯の証と半夏厚朴湯の証を併せそなえるものです。
●柴朴湯は気管支の痙攣(けいれん)による咳嗽に有効ですが、小柴胡湯も半夏厚朴湯も、どちらも気道を乾燥させる作用が強いので、湿痰(喀痰の多いもの)に用いるべきで、気道が乾燥して反射性の「乾咳」を出す例に用いてはいけません。そういう場合は麦門冬湯などを使用します。

 弁証一覧(次の弁証の方には、柴朴湯(小柴胡湯+半夏厚朴湯)が良く効きます。)

  • ●肝気鬱結(肝気鬱滞)
  • ●肝気犯肺


 出典書籍

西暦1800年 日本時代 『本朝経験方』 by 日本で生まれて経験的に幅広く用いられているが明確な創作者がわかっていない処方。→処方使用期間:217年間

サイト内外検索

Google
 

 注文

●個人輸入の場合1回の輸入で注文できるのは、2ヵ月分以内ですので、注文数量を確認願います!

shopping ツムラ 柴朴湯 エキス顆粒(医療用)のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k0706 42包(2週間分) 8,192円(税込)
数量
k0834 189包(63日分) 30,448円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
個人輸入

CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

 添付文書

 ツムラ柴朴湯エキス顆粒(医療用)

 作成又は改訂年月

**2007年5月改訂(第6版)
*2005年4月改訂(第5版)

 日本標準商品分類番号

875200

 薬効分類名

漢方製剤
漢方製剤

 承認等

ツムラ柴朴湯エキス顆粒(医療用)

 販売名コード

5200054D1033

 承認・許可番号

承認番号
(61AM)3272

 薬価基準収載年月

1986年10月

 販売開始年月

1986年10月

 貯法・使用期限等

貯法
しゃ光・気密容器
使用期限
容器、外箱に表示

 組成

本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス5.0gを含有する。
日局サイコ    7.0g
日局ハンゲ    5.0g
日局ブクリョウ  5.0g
日局オウゴン   3.0g
日局コウボク   3.0g
日局タイソウ   3.0g
日局ニンジン   3.0g
日局カンゾウ   2.0g
日局ソヨウ    2.0g
日局ショウキョウ 1.0g
添加物
日局ステアリン酸マグネシウム、日局乳糖水和物、ショ糖脂肪酸エステル

 性状

剤形
顆粒剤
淡褐色
におい
特異なにおい
わずかに甘くて渋い
識別コード
ツムラ/96

 一般的名称

柴朴湯(さいぼくとう)

 効能又は効果

気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、時に動悸、めまい、嘔気などを伴う次の諸症
小児ぜんそく、気管支ぜんそく、気管支炎、せき、不安神経症

 用法及び用量

通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

 使用上の注意

使用上の注意

 慎重投与

(次の患者には慎重に投与すること)
著しく体力の衰えている患者[副作用があらわれやすくなり、その症状が増強されるおそれがある。]

 重要な基本的注意

1.
本剤の使用にあたっては、患者の証(体質・症状)を考慮して投与すること。なお、経過を十分に観察し、症状・所見の改善が認められない場合には、継続投与を避けること。
2.
本剤にはカンゾウが含まれているので、血清カリウム値や血圧値等に十分留意し、異常が認められた場合には投与を中止すること。
3.
他の漢方製剤等を併用する場合は、含有生薬の重複に注意すること。

 相互作用

 併用注意

(併用に注意すること)
薬剤名等
(1)カンゾウ含有製剤
(2)グリチルリチン酸及びその塩類を含有する製剤
臨床症状・措置方法
偽アルドステロン症があらわれやすくなる。また、低カリウム血症の結果として、ミオパチーがあらわれやすくなる。
(「重大な副作用」の項参照)
機序・危険因子
グリチルリチン酸は尿細管でのカリウム排泄促進作用があるため、血清カリウム値の低下が促進されることが考えられる。

 副作用

副作用
本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度は不明である。

 重大な副作用

1. 間質性肺炎
発熱、咳嗽、呼吸困難、肺音の異常(捻髪音)等があらわれた場合には、本剤の投与を中止し、速やかに胸部X線等の検査を実施するとともに副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。また、発熱、咳嗽、呼吸困難等があらわれた場合には、本剤の服用を中止し、ただちに連絡するよう患者に対し注意を行うこと。
2. 偽アルドステロン症
低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、浮腫、体重増加等の偽アルドステロン症があらわれることがあるので、観察(血清カリウム値の測定等)を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。
3. ミオパチー
低カリウム血症の結果としてミオパチーがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、脱力感、四肢痙攣・麻痺等の異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。
4. 肝機能障害、黄疸
AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-P、γ-GTPの著しい上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

 その他の副作用

  頻度不明 
過敏症注1) 発疹、蕁麻疹等 
消化器 口渇、食欲不振、胃部不快感、腹痛、下痢、便秘等 
泌尿器注2) 頻尿、排尿痛、血尿、残尿感、膀胱炎等 

注1)このような症状があらわれた場合には投与を中止すること。
注2)このような症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

 高齢者への投与

高齢者
一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意すること。

 妊婦、産婦、授乳婦等への投与

妊婦
妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。

 小児等への投与

小児
小児等に対する安全性は確立していない。[使用経験が少ない]

 その他の注意

類似処方の小柴胡湯では、インターフェロン-αとの併用例で間質性肺炎の副作用が多く報告されている。

 薬効薬理

薬効薬理
1. 抗炎症作用
(1)
卵白アルブミン感作喘息モルモットに経口投与したところ、気道組織の二相性の好酸球浸潤並びに気道過敏性亢進が抑制された1)
(2)
卵白アルブミン感作喘息モルモットに経口投与したところ、遅発相において抗原誘発の気道収縮が抑制された。また、肺胞洗浄液中の細胞数(好酸球、好中球、マクロファージ、リンパ球)の増加並びに肺組織中のT-リンパ球浸潤が抑制された2)
(3)
Ascaris抗原によって感作されたモルモットに経口投与したところ、遅発型気道反応における呼吸抵抗亢進が抑制された。また、肺胞洗浄液中のヒスタミン量が抑制され、肺組織中の好酸球、顆粒球浸潤が抑制された3)
(4)
イヌ気管支平滑筋において、β-アドレナリン受容体刺激(イソプロテレノール刺激)による筋弛緩反応を亢進した。また、単独では細胞内cyclic AMP濃度には変化を認めなかったが、イソプロテレノールとの併用ではさらに増強した(in vitro4)
2. 気道粘膜線毛輸送の改善作用
ウサギ気管粘膜上皮細胞において、線毛運動の亢進及びcyclic AMPを増加させた(in vitro5)
3. 抗不安様作用
(1)
マウスに経口投与したところ、改良型高架式十字迷路実験において抗不安様作用を示した6)
(2)
マウスに経口投与したところ、明暗試験法において抗不安様作用を示した。また、Compound 48/80及びチオペラミド刺激による脳内ヒスタミン遊離により誘発された不安様行動を抑制した7)
4. 作用機序
本剤は、以下の作用により薬理効果を示すことが示唆されている。
(1) ケミカルメディエーターの産生・遊離抑制作用
1) ロイコトリエン(LT)産生抑制作用
ラット好塩基球性白血病細胞において、レチノイン酸及びカルシウムイオノフォアによるpLTs(LTC4、LTD4、LTE4)及びLTB4の産生を抑制した(in vitro8)
2) ヒスタミン遊離抑制作用
ラット腹膜肥満細胞において、Compound 48/80刺激による脱顆粒反応及びヒスタミン遊離を抑制した(in vitro9)
3) アラキドン酸代謝物抑制作用
ブタ肺動脈内皮培養細胞において、シクロオキシゲナーゼ代謝産物及びリポオキシゲナーゼ代謝物産生を抑制した(in vitro10)
(2) サイトカイン産生に対する作用
1)
ハウスダスト抗原陽性喘息患者由来末梢血単球において、抗原刺激によるインターロイキン(IL)-3、IL-4の産生を抑制し、INF-γ産生を亢進した(in vitro11)
2)
重症難治性喘息患者末梢血単核球において、カンジダ刺激によるIL-2産生及びIL-2受容体発現を抑制した(in vitro12)
(3) 好酸球に対する作用
ヒト好酸球において、サイトカイン(IL-3、IL-5、GM-CSF)刺激による好酸球生存時間の延長を短縮した(in vitro13)
(4) NO産生に対する作用
イヌ気管上皮細胞において、気道運動亢進に関与するNO産生を増加させた(in vitro14)
(5) 接着分子発現抑制作用
ヒト好酸球において、好酸球上の接着分子CD54及びHLA-DRの発現を抑制しなかったが、遊走に関与するCD4の発現を抑制した(in vitro15)

 包装

包装
500g、5kg(500g×10)、2.5g×42包、2.5g×189包

 主要文献及び文献請求先

 主要文献

文献
1)
Toda, M. et al. Ann. New York Acad. Sci. 1993, 685, p.561.
2)
Tohda, Y. et al. Meth. Find. Exp. Clin. Pharmacol. 1999, 21(6), p.449.
3)
Tanno, Y. et al. Int. J. Immunopharmac. 1995, 17(11), p.923.
4)
Tamaoki, J. et al. Jpn. J. Pharmacol. 1993, 62(2), p.155.
5)
武山 廉・他. アレルギー. 1992, 41(1), p.43.
6)
栗原 久・他. 神経精神薬理. 1996, 18(3), p.179.
7)
Yuzurihara, M. et al. Pharmacol. Biochem. Behav. 2000, 67(3), p.489.
8)
小林育子・他. アレルギー. 1996, 45(6), p.577.
9)
Ikarashi, Y. et al. Phytomedicine. 2001, 8(1), p.8.
10)
Watanabe, K. et al. J. Ethnopharmacol. 1994, 43, p.191.
11)
Tohda, Y. et al. Clin. Drug Invest. 1999, 17(6), p.461.
12)
江田良輔. 岡山医誌. 1990, 102(11・12), p.1323.
13)
Tohda, Y. et al. Meth. Find. Exp. Clin. Pharmacol. 1999, 21(5), p.327.
14)
Tamaoki, J. et al. Jpn. J. Pharmacol. 1995, 69(1), p.29.
15)
大久保喜雄・他. 日本東洋医学雑誌. 1996, 46(5), p.747.

 **文献請求先

株式会社ツムラ お客様相談窓口
東京都港区赤坂2-17-11 〒107-8521
TEL:0120-329970
FAX:03-5574-6610

 製造販売業者等の氏名又は名称及び住所

株式会社ツムラ
製造販売元
株式会社ツムラ
**東京都港区赤坂2-17-11

 効能・効果

効能効果 気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、時に動悸、めまい、はきけなどを伴う次の諸症:
気管支ぜんそく、小児ぜんそく、せき、気管支炎、不安神経症。


 使用方法

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。むかつくときは、水で飲んでもかまいません。

 成分・生薬

生薬
柴朴湯の構成生薬は下記の10種類です。
柴胡と黄ごんの組み合わせにより、炎症をしずめる効果が高まります。半夏と厚朴は、胸のつかえ感や吐き気をおさえ、咳をしずめ、また気分を落ち着けるのに役立ちます。そのほか、水分循環をよくする茯苓、滋養作用のある人参、炎症や痛みを緩和する甘草などが配合されています。

本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス5.00gを含有する。
日本薬局方 サイコ(柴胡)…7.0g
日本薬局方 ハンゲ(半夏)…5.0g
日本薬局方 ブクリョウ(茯苓)…5.0g
日本薬局方 オウゴン(黄ごん)…3.0g
日本薬局方 コウボク(厚朴)…3.0g
日本薬局方 タイソウ(大棗)…3.0g
日本薬局方 ニンジン(人参)…3.0g
日本薬局方 カンゾウ(甘草)…2.0g
日本薬局方 ソヨウ(蘇葉)…2.0g
日本薬局方 ショウキョウ(生姜)…1.0g

使用上の注意 使用上の注意

【妊娠・授乳の注意】女性
●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。



↑ページ先頭へ