Now Loading

漢方製剤 乙字湯 液の主治・商品説明

痔核(いぼ痔)、切れ痔、便秘、痔のファーストチョイス。飲む痔薬

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

漢方製剤 乙字湯 液

説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ 第2類医薬品

主治・効果

(Mainly treatment)…主とする治療対象です。

便秘傾向の痔核/大腸の血熱湿熱による痔、出血

【適応症】痔核(いぼ痔)、きれ痔便秘脱肛肛門出血、痔核の疼痛、女子の陰部掻痒症、皮膚病の内攻による神経症

乙字湯 →

次の症状のいくつかある方は、乙字湯が良く効く可能性が大きいです。



 商品説明

漢方処方  処方名:乙字湯おつじとう

便が硬くて便秘しやすい方の、いぼ痔や切れ痔に用います。また、便秘により悪化する方に使用します。
●和式トイレをはじめとする日本人の生活様式や、酒・香辛料など刺激性の飲食物、冷え、過労などは肛門・直腸下部の静脈をうっ血させ、痔の発生と悪化の原因となりますが、とくに注意しなければならないのが便秘です。
漢方製剤乙字湯液は、便通を整えるほか、局所の血液循環をよくし、出血と落痛をおさえるなど、内服によって痔の原因をとり除く漢方薬です。
●疼痛出血などを伴う痔疾の特効薬として繁用される柴胡剤です。
○体力が中くらい以上で、便秘がちの方に向いています。
×出血が長く続いたりして、体力の衰えている方の使用は好ましくありません。


●漢方製剤 乙字湯 液は、徳川時代の漢方医原南陽(はらなんよう)の創方による処方に基づいて作られたエキスを、飲みやすく液剤としたものです。
●漢方製剤 乙字湯 液は、江戸時代の医家原南陽の創方になります。原南陽は、自製の常用処方に甲・乙・丙・丁という十干の文字を付し命名しました。漢方製剤 乙字湯 液は原南陽創製常用の第2号処方といった意味あいで名付けられました。

 弁証一覧(次の弁証の方には、乙字湯が良く効きます。)

  • ●瘀血


 出典書籍

西暦1805年 江戸時代 『叢桂亭医事小言』 by原南陽 7巻。医学総論、診察法、病証ごとの治法、家蔵方などを述べている。→処方使用期間:212年間

サイト内外検索

Google
 

 注 文

shopping 漢方製剤 乙字湯 液のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k0529 30ml×3本 1,188円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

 効能・効果

効能効果 大便がかたくて、便秘傾向のあるものの次の諸症:
痔核(いぼ痔)、きれ痔、便秘


 使用方法

正しく使用 食前または食間に服用 成人(15才以上)1回1本。1日3回、食前又は食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
本剤は、本質的に沈殿を含んでいますので、服用前によく振ってから服用してください。

[用法・用量に関する注意]
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児(15歳未満)には服用させないでください。
(3)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

 成分

生薬
乙字湯の構成生薬は、下記の6種類です。そのうち、柴胡、黄ごん、大黄、甘草などは、炎症をしずめ痛みをやわらげる働きをします。大黄には、便通をつける作用もあります。また、当帰には補血作用があり、升麻は痔核や脱肛によいといわれます。
1日量[3本(90ml)]中
乙字湯エキス…10.0g
・トウキ(当帰)…6.0g
・サイコ(柴胡)…5.0g
・オウゴン(黄ゴン)…3.0g
・カンゾウ(甘草)…2.0g
・ショウマ(升麻)…1.0g
・ダイオウ(大黄)…0.5g
添加物として、白糖、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、エタノール、パラペン、安息香酸Naを含有しています。

使用上の注意  使用上の注意

相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)で軟便下痢になりやすい人。
(4)胃腸の弱い人。
(5)高齢者。
(6)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
(7)次の症状のある人。むくみ
(8)次の診断を受けた人。高血圧、心臓病、腎臓病
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この製品を持って医師または薬剤師に相談してください
(1)服用後、次の症状があらわれた場合
関係部位  症状
[皮ふ]   発疹・発赤、かゆみ
[消化器]  悪心・嘔吐、食欲不振、胃部不快感
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
症状の名称      症状
[肝機能障害]     全身のだるさ、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)等があらわれる。
[間質性肺炎]     せきを伴い、息切れ、呼吸困難、発熱等があらわれる。
[偽アルドステロン症] 尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等があらわれる。
(2)1ヵ月位(きれ痔、便秘に服用する場合には5~6日間)服用しても症状がよくならない場合
3.長期連用する場合には、医師または薬剤師に相談してください

【保管及び取扱い上の注意】
(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる場合があります。)
(4)封をあけたら飲みきってください。封をあけたまま保存しないでください。

【妊娠・授乳の注意】女性
●配合生薬の大黄には、子宮収縮作用や骨盤内臓器の充血作用が認められています。そのため、流早産の原因にもなりかねません。大量でなければまず心配ないのですが、妊娠中の服用については医師とよく相談してください。



↑ページ先頭へ