JPS 荊芥連翹湯 JPS-73 通販 注文 市販|ハル薬局
Now Loading

JPS 荊芥連翹湯の主治・商品説明

慢性鼻炎、慢性扁桃炎、蓄膿症、ニキビに

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

JPS 荊芥連翹湯

説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ 第2類医薬品

主治・効果

(Mainly treatment)…主とする治療対象です。

風熱毒邪が肝胆三焦にびまんし、遷延して耗血を伴った状態/血熱によるにきび、吹き出物

【適応症】慢性鼻炎慢性扁桃炎蓄膿症ニキビ肥厚性鼻炎鼻血肺結核神経衰弱禿髪症、各種の皮膚疾患

荊芥連翹湯 →

次の症状のいくつかある方は、荊芥連翹湯が良く効く可能性が大きいです。



 商品説明

漢方処方  処方名:荊芥連翹湯けいがいれんぎょうとう

●熱によるもので、落ち着きがなく、蓄膿症、鼻炎などの慢性炎症やその体質改善に使用します。また、ストレスを受けると、お肌の新陳代謝が悪くなり、大きくて黒ずんだニキビや吹き出物ができやすい人にも使用します。
蓄膿症やアレルギーによる鼻炎などがなかなか治らず、治療に通ったり、あきらめたりといった具合で、「鼻」に悩んでおられる方が近年大変増えています。
●漢方では、過敏な体質またはアレルギー体質で、粘膜、皮膚が外界の刺激に反応しやすく、炎症反応を起こしやすい体質を解毒証体質と呼んでいますが、このような方は鼻症状を起こしやすく、また扁桃をしょっちゅう腫らしたり、ニキビがなかなか治らなかったりします。
JPS荊芥連翹湯は、これらの症状を治していく漢方薬でありますが、同時に水分や脂肪分の摂取を控えるなど、食生活や生活習慣の改善を心がけることも大切です。


●本剤は、一貫堂森道伯(いっかんどうもりどうはく)の創方による処方に基づいて作られたエキスを、飲みやすく錠剤としたものです。
●本方は『万病回春』に記された荊芥連翹湯の加減方で、17種類の生薬から成り、その主薬である荊芥、連翹、の名をとって処方名とされました。
●蓄膿症やアレルギーによる鼻炎がなかなか治らず、また鼻炎はあまり強くはないが、よく繰り返す方に使用します。
●ニキビの体質改善にも使用します。皮膚が浅黒く、手足の裏に汗をかきやすく、化膿しやすい体質で、体質的にニキビのできやすい方に用います。

 弁証一覧(次の弁証の方には、荊芥連翹湯が良く効きます。)

  • ●風熱(表熱)
  • ●皮膚疾患と熱毒
  • ●熱邪犯肺・風熱犯肺
  • ●湿熱


 出典書籍

西暦1920年 明治時代 『一貫堂創方』 by森道伯 体質改善を主にした漢方療法。森 道伯(もり どうはく、慶応3年11月7日(1867年12月2日) - 昭和6年(1931年)1月19日))とは、明治・大正・昭和時代の日本の漢方家であり、後世派の一流派である一貫堂医学の創始者。→処方使用期間:97年間

サイト内外検索

Google
 

 注 文

shopping JPS 荊芥連翹湯のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k0470 260錠 4,104円(税込)
数量
k0562 180包(顆粒剤) 25,920円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

 効能・効果

効能効果 蓄膿症、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきび


 使用方法

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。

 成分

生薬
荊芥連翹湯には、熱や炎症をさますもの、病因を発散させるもの、痰や膿を排出するもの、あるいは血流をよくする生薬などがいろいろと配合されています。

使用上の注意  使用上の注意

 1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること(1)血圧の高い人又は高令者(2)心臓又は腎臓に障害のある人(3)むくみのある人(4)妊婦又は妊娠していると思われる婦人(5)医師の治療を受けている人 2.服用に際して、次のことに注意すること(1)定められた用法・用量を厳守すること(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること〔小児の用法のある場合〕 3.服用中又は服用後は、次のことに注意すること(1)本剤の服用により、発疹・発赤、食欲不振、胃部不快感等の症状があらわれた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること(2)本剤を服用することにより、尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等の症状があらわれた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること(3)1カ月位服用しても症状の改善がみられない場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること(4)長期連用する場合には、医師又は薬剤師に相談すること 4.保管及び取扱い上の注意-〔G〕(注1:1-(1)、(2)、(3);3-(2)、(4)を除く)(1)小児の手のとどかない所に保管すること(2)直射日光をさけ、なるべく(湿気の少ない)涼しい所に(密栓して)保管すること(3)誤用をさけ、品質を保持するために、他の容器に入れかえないこと(4)1包を分割して服用した後、残りを保管し、続けて服用するような場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用すること(分包製剤)(5)生薬を原料として製造しているので、製品の色や味等に多少の差異が生じることがある。 小児の注意:5才未満には服用させないこと

【妊娠・授乳の注意】女性
●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。



↑ページ先頭へ