Now Loading

コタロー 呉茱萸湯 エキス細粒の主治・商品説明

水毒が原因で起こる頭痛をスッキリと解消する、口に苦い漢方の良薬

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

コタロー 呉茱萸湯 エキス細粒

医薬品個人輸入 説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ 医療用漢方薬処方箋医薬品以外の医薬品

 主治・適応症

(Mainly treatment)…主とする治療対象です。

風寒型頭痛・嘔吐

【適応症】習慣性偏頭痛、習慣性頭痛嘔吐、妊娠嘔吐、脚気、衝心、吃逆(しゃっくり)、偏頭痛、発作性頭痛胃炎、胃拡張、胃下垂胃酸過多症、回虫症(嘔吐、流涎(よだれ))、子癇(しかん)、日射病、尿毒症

呉茱萸湯 →

次の症状のいくつかある方は、呉茱萸湯が良く効く可能性が大きいです。



 商品説明

漢方処方  処方名:呉茱萸湯ごしゅゆとう

●胃に虚寒があり気の動揺が烈しくて、乾嘔、吃逆(しゃっくり)、頭痛などの症状を呈する方に用います。
●常習頭痛又は嘔吐を目標として用います。
●頭痛は発作性が烈しいことが多く、しばしば嘔吐を伴います。
●嘔吐を目標とする場合も頭痛や胸満を伴うことを条件とします。
足の冷える方のしゃっくり(吃逆(きつぎゃく))に良く効く場合があります。
○この方剤の使用条件は足が冷たいことです。
●体内に滞った水(水毒)を取り除き、みずおち辺りのつかえ感、食欲不振、手足の冷えなどを解消します。また、水毒のために起こる慢性頭痛の激しい痛みを根本から解消し、しゃっくり、ひきつけにも有効な、口に苦い良薬です。


●本剤は、漢方の古典「傷寒論」(しょうかんろん)(後漢時代)収載の薬方を基本とした我が国の経験処方に基づいて作られたエキスを、飲みやすく顆粒剤としたものです。
●本方は4種類の生薬から成り、その主薬である呉茱萸の名をとって処方名とされました。

 弁証一覧(次の弁証の方には、呉茱萸湯が良く効きます。)

  • ●胃虚寒(胃気虚・胃気虚寒)


 出典書籍

西暦250年 三国時代 『傷寒論』 by校訂 六経によって急性熱病を識別し、治療する方法について説明している。→処方使用期間:1767年間

サイト内外検索

Google
 

 注文

●個人輸入の場合1回の輸入で注文できるのは、2ヵ月分以内ですので、注文数量を確認願います!

shopping コタロー 呉茱萸湯 エキス細粒のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k2155 2.5g×42包(2週間分) 3,154円(税込)
数量
k2156 2.5g×189包(63日分) 11,829円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
個人輸入

CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

 効能・効果

効能効果 頭痛を伴った冷え症で、胃部圧重感があり、悪心または嘔吐するもの。 吃逆、片頭痛、発作性頭痛、嘔吐症。


 使用方法

正しく使用 食前または食間に服用 通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。 なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

 成分・生薬

生薬
本剤7.5g中
日局ゴシュユ…3.0g
日局ショウキョウ…1.0g
日局ニンジン…2.0g
日局タイソウ…4.0g
上記の混合生薬より抽出した呉茱萸湯の水製乾燥エキス4.5gを含有する。
添加物:ステアリン酸マグネシウム、トウモロコシデンプン、乳糖、プルラン、メタケイ酸アルミン酸マグネシウムを含有する。

使用上の注意 使用上の注意

重要な基本的注意
1.本剤の使用にあたっては、患者の証(体質・症状)を考慮して投与すること。なお、経過を十分に観察し、症状・所見の改善が認められない場合には、継続投与を避けること。
2.他の漢方製剤等を併用する場合は、含有生薬の重複に注意すること。

【妊娠・授乳の注意】女性
●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。



↑ページ先頭へ