Now Loading

サンワロンD顆粒(大防風湯)の主治・商品説明

下肢の慢性関節リウマチ、慢性関節炎、痛風

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

サンワロンD顆粒(大防風湯)

説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ 第2類医薬品

主治・効果

(Mainly treatment)…主とする治療対象です。

気血両虚の関節炎・膠原病(風寒湿痺)/肝腎不足

【適応症】下肢の慢性関節リウマチ、慢性関節炎、痛風、脚気、術後の体力低下、栄養失調による手足の麻痺、膝関節炎の強直、膝関節炎、半身不随、背髄炎、背髄癆、産後脚気、産後の下肢運動麻痺。

大防風湯 →

→

次の症状のいくつかある方は、大防風湯が良く効く可能性が大きいです。



 商品説明

漢方処方  処方名:大防風湯だいぼうふうとう

●慢性に経過して栄養状態が低下し、身体が衰えた方の下肢が麻痺し、運動障害を起こした方に使用します。
慢性関節リウマチや大病後起立歩行の十分できない例などに応用します。即ち、気血両虚して風湿による痺証を現す方を治す処方です。
寒虚証で衰弱し、皮膚枯燥した方に適します。


●本剤は、漢方の古典「和剤局方」(わざいきょくほう)(宋代)収載の処方に基づいて作られたエキスを、飲みやすく顆粒剤としたものです。
●本方は防風を主薬とし、文字通り風を防禦・排除する薬効があります。現在用いられている処方は『太平恵民和剤局方』の改訂版に追加された処方で、初版には防風湯も載っています。この防風湯と区別するために大の字がつけられたものです。大防風湯と称する処方は『千金方』の時代からありますが、本方は異なる処方です。

 弁証一覧(次の弁証の方には、大防風湯が良く効きます。)

  • ●寒湿阻絡
  • ●痺(ひ)


 出典書籍

西暦1107年 宋時代 『和剤局方』 by陳思文 太平恵民和剤局方(たいへいけいみんわざいきょくほう)ともいう。宋・太医川編。1078~1085年に刊行。宋代の薬局法ともいうべき書で、ちなみに日本の薬局方の名はこの書より起ったものである。現存するものは10巻で諸風、傷寒など14門、788方に分類される。処方毎に主治、配伍、修制法などが記されており、広く流布し、影響の比較的大きい書である。→処方使用期間:910年間

サイト内外検索

Google
 

 注 文

shopping サンワロンD顆粒(大防風湯)のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k2137 1.Og×180包 9,936円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

 効能・効果

効能効果 関節がはれて痛み、麻痒、強直して屈伸しがたいもの。
下肢の慢性関節リウマチ・慢性関節炎・痛風。


 使用方法

次の1回量を1日3回食前又は食後に服用すること。
年齢         1回量
大人(15才以上)……1包
15才未満……………服用しないこと

 成分

生薬
本品1日量…3包(1包 1.0g)中
サンワロンD水製エキス…1.29g
トウキ…0.643g
ニンジン…0.321g
シャクヤク…0.643g
キョウカツ…0.321g
ジオウ…0、643g
ゴシツ…0.321g
オウギ…0.643g
カンゾウ…0.321g
ボウフウ…0.643g
ショウキョウ…0.321g
トチュウ…0.643g
タイソウ…0.321g
ソウジュツ…0.643g
加工ブシ末…0.21g
添加物として乳糖、トウモロコシデンプン、ステアリン酸Caを含有する。

使用上の注意  使用上の注意

【妊娠・授乳の注意】女性
●牛膝により流早産の危険性があります。



↑ページ先頭へ