ワグラスD錠

疼痛を伴う化膿性の腫れ物、癰(ヨウ)、膿瘍(ノウヨウ)、中耳炎、痔瘻

↓ご注文へ

ワグラスD錠

漢方 説明表示をクリック → 説明表示 いらっしゃいませ 第2類医薬品

 主 治

(Mainly treatment)…主とする治療対象です。

皮膚の炎症感染性疾・せつ・瘍(よう)・癰(よう)

【適応症】疼痛を伴う化膿性の腫れ物、癰(よう)、膿瘍(のうよう)、中耳炎、痔瘻、せつ、面疔、乳腺炎、蓄膿症、バルトリン腺膿瘍、歯槽膿漏

排膿散及湯 痰湿→ 利湿化痰:瀉法(実証用)

 商品説明

漢方処方  処方名:排膿散及湯はいのうさんきゅうとう

漢方薬使用者
化膿性疾患の生薬製剤です!
●ワグラスD錠は、腫物(できもの・おでき)やリンパ腺炎といった化膿・炎症疾患を改善するために考え出された生薬製剤です。
●ワグラスD錠中のキキョウ・キジツ'・シャクヤクは排膿を促し炎症を鎮め、ショウキョウ・カンゾウ・タイソウは自然治癒力を湧かせ、化膿・炎症疾患の病状回復を早めるように働きます。
●歯槽膿漏の原因菌である歯周病菌で実験をしたところ、ワグラスD錠は歯周病菌に対して効果のあることが分かりました。歯槽膿漏に代表される炎症に対してもワグラスD錠は効果が期待できます。
【漢方の抗生物質】
・外用薬(塗り薬)では、「なかなか治らない…」、「時間がかかる…」
こんな時は身体の中から悪いものを解毒し、出していく…
排膿散及湯がおすすめです。 ・病院でしか出していない抗生物質は悪い菌と同時に良い菌まで殺してしまう恐ろしさがあります。ところが、漢方の抗生物質【排膿散及湯】は、悪い菌だけを追い出すスゲレモノです。

次の症状にオススメです。
●ニキビ…思春期のニキビはもちろん、大人、20代からのニキビにも効きます。
●おでき…背中やお尻などにできるおできに効きます。塗り薬では、なかなか時間がかかります。特に脂っこいものや、お酒の好きな方によく効きます。
●歯槽膿漏…40代以降のつらい症状。腫れや痛みによく効きます。
●ものもらい…目薬とともに飲んでいただくと、素早く膿(うみ)を出してくれます。
蓄膿症…鼻の中の膿(うみ)を出してくれます。


サイト内外検索

Google
 

 注 文

shopping ワグラスD錠のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k1821 45錠sp 1,404円(税込)
数量
k1822 150錠 2,592円(税込)
数量
k1823 300錠 4,644円(税込)
数量
k1824 450錠 6,480円(税込)
数量
k1825 2800錠 38,880円(税込)
数量

*【カゴに入れる↓】ボタンk9999をクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【カゴに入れる↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【カゴに入れる↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

買物カゴの内容へ ログイン・会員新規登録 お客様マイページログイン

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
↑ページ先頭へ

 効能・効果

効能効果 膿性疾患(フルンケル、カルブンケル、腫物、るいれき、リンパ腺炎、蓄膿症歯槽膿漏中耳炎乳腺炎)の改善又は回復促進


 漢方体験談

【排膿散及湯の症例・治例】…次の症例に近い病症の方は、本方剤をお奨めします。

1〈風邪の後の鼻水〉

治例図

20代後半の女性。

アレルギー性鼻炎で漢方薬を約1年服用し、症状がかなり軽減し、今では、季節の変わり目などに調子をくずした時に服用する程度の方です。

1ヶ月程前にかぜをひき、鼻水だけが今だに止まらないという。粘り気のあるイやな色のついた鼻水で、いろいろと試したが、どうにも治らないといいます。

顔色もよく、食欲もあり、他に症状がみられないことから、排膿散及湯を投与したところ、5日分の服用で、すっかりよくなったと報告を受けました。

・現代病名:鼻水

2〈歯茎の腫れ〉

治例図
20年間ほどの間、抗生剤の全盛期があり、化膿性疾患に無差別に使われてきた。しかし、やや安易な使い方のせいか、以前ほどはっきり効かない場合があり、副作用を恐れて漢方薬の指定が増えてきた。そんな一例である。当薬局の従業員で46歳女性。
小柄で中実証。病気はあまりしたことはないが、ときどき歯茎が腫れて硬い物が噛めなくなる。最初は、排膿散及湯1包2gを1日3~5回服用、4、5日で歯痛は収まった。次第に痛みの初期から使うようになり、2日ぐらいで治るようになった。そして、最近はほとんど痛みは起きなくなった。これは、他の人でも同じで、ごく初期に用いてすぐ治り、そのうち起きなくなることが多い。繰り返す子供の急性鼻炎でも同じような経過をたどることが多い。

・現代病名:歯茎の腫れ

3〈臀部膿瘍〉

治例図
体重17㎏の5歳の男子。
臀部の筋肉注射部位が一週間後に化腹し、眼瘍を形成したとして昭和58年3月16日に初診した。眼点を確認し排腹散及湯エキス4gを単独で分2投与した。2目して全体に縮小してきた印象があり、1週間後には小硬結を触れるのみとなった。排膿せず吸収されてしまったようで2週間で廃薬した。

・現代病名:臀部膿瘍

4〈指先化膿症〉

治例図
20歳の女子。
ある日右手人さし指を腫らし、痛み則しく、一夜まんじりともできずという。排膿湯を与えたところ、一貼にて痛み去り、腫れ引き、その晩は安眠することができ、翌日一剤を用いて全治した。

・現代病名:指先化膿症

5〈肛門膿瘍〉

治例図
体重8.9㎏で、生後8ヶ月の男子に発した肛門膿瘍である。肛門側外方に発赤した腫瘤に母親が気づいて来院した。
初診は昭和57年12月12日である。食思は良好、発熱はなく、いまだ排膿していない。
排膿散及湯エキスのみ2gを分二投与したところ、3日目に排膿した。計7日で廃薬し、以後再発をみない。

・現代病名:肛門膿瘍

6〈物を噛むと歯茎にあたり、腫れる〉

治例図
噛み合わせが悪く、物を噛んだ時に歯茎にあたる人では、歯茎が腫れ、まるで入歯をしたような感じになることがよくある。そのような時に、排膿散及湯は、著効を示す。服用するのは早ければ早い程よい。通常は3~5日もあれば完治する。よほど激化していても1週間から10日もあれば大丈夫である。

・現代病名:歯茎の腫れ

7〈頬まで腫れて痛い〉

治例図
65歳、女性。
歯茎の腫れが激しく、頬の当たりまで腫れて痛い。排膿散及湯を1日約15錠服用したところ、約1週間で腫れがひきました。その後も服用を続け、現在3本目を服用中です。

・現代病名:歯茎の腫れ

8〈排膿散及湯の2週間の服用で完治〉

治例図
お尻に直径1㎝程度のおできが3つできた幼稚園児のS実ちゃん(5歳)は、自宅近くの皮膚科医院でしばらく薬物治療を受けていましたが、化膿が治まらず、結局、切開手術を受けました。

ところが、予後が悪く、炎症もなかなか治まらなかったので、心配した母親が漢方薬局に相談すると、排膿散及湯のエキス剤を5錠ずつ、1日3回の服用を勧められました。

排膿散及湯のエキス剤の、幼児の通常の適用量は1日に10錠程度ですが、「この薬は多めに飲んでも大丈夫」という薬剤師の指示に従い1日15錠ずつ2週間ほどS実ちゃんに服用させました。

すると、おできはすっかりよくなり、乾いてカサブタになり、3つともきれいに完治しました。

おできができていたころは、むずかり、食欲が落ちて泣いてばかりいたS実ちゃんでしたが、症状が快方に向かうと同時に明るさを取り戻し、今では、毎日元気に、幼稚園に通っています。

・現代病名:おでき

9〈排膿散及湯で鼠径部(そけいぶ)のおできが改善〉

治例図
筋肉質でやせ型のMさん(24歳・女性)は、鼠径部(そけいぶ)のちょうど下着が当たるところに直径1cmほどのおできができました。

初めはそれほど痛まず、にきびでもできたのだろうと思っていましたが、1週間ほどすると、腫れがひどくなり、直径が2cmほどになって、膿が出て痛むようになってきました。たまたま近くに漢方を扱っている皮膚科があったので、そこでみてもらうことにしました。

皮膚科の医師によると、以前からできていた粉瘤(ふんりゅう)に雑菌が入ったために化膿したのだろうということです。皮膚が切れて、粉瘤の中の分泌物と膿が出ていましたが、粉瘤自体の大きさはそれほどでもなかったので、炎症が治まるまでしばらく様子をみることになりました。

西洋薬の塗り薬とともに、飲み薬として漢方薬の排膿散及湯が処方されました。

1週間ほど服用と塗用を続けていると、膿がだんだん出なくなり、痛みも治まって、腫れも引き、見てもわからない程度になりました。

その後Mさんは、それまで以上に体の清潔と、生活面に気を配るようになったそうです。

・現代病名:おでき

 弁証論治

中医学漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学漢方)の良さは、薬そのものよりも、にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

 弁証論治概要

症状・所見→四診→証→治法→方剤
皮膚疾患と熱毒  

次の症状のいくつかある方は、排膿散及湯が良く効く可能性が大きいです。

排膿散及湯

【中薬大分類】癰瘍剤(ようようざい)…できものに対応する方剤です。解毒消腫・托裏排膿・生肌斂瘡の効能を備え、体表部の癰(ヨウ)・疽(ソ)・疔(チョウ)・セツ・丹毒・流注・瘰癧また臓腑の癰瘍(ヨウヨウ)に適用する方剤です。

【中薬中分類】外瘍剤…体表部のできものや潰瘍に用いる方剤です。

 八綱分類

表熱実(ひょうねつじつ) 表 熱 熱 実 …証(体質・症状)は、一応表証(急性期)、熱証(発赤)、実証(体力中くらい)の方に適応しますが、この方剤は、たいていの、どの証にも対応します。



 気血津液

人体の生命を支える要素として、氣(qi)・血(blood)・津液(body fluid)の3つがあります。
水液停滞…余分な水があまっている方が使用します。津液の停滞のことで、西洋医学的には細胞内液・組織液・リンパ液などが、主として組織間・消化管内・体腔内に異常に停滞したことを意味します。 中医学では湿・痰飲・水腫と呼ぶのが一般的で、日本では水毒ともいわれます。

【気血津・臓腑証】
清熱・排膿→熱毒(せいねつ・はいのう→ねつどく)…生甘草・赤芍薬の消炎作用と桔梗・枳実の排膿作用を利用し、化膿性疾患で排膿が不十分な場合に使用します。排膿の後にしこりなどを残さず治癒するので、適宜応用するとよいです。

 中医学基礎知識

中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
五臓(ごぞう)   気・血・津液・精   弁証論治・事典  

【証(病機)】発赤腫脹・疼痛(ほっせきしゅちょう・とうつう)

【中医学効能(治法)】 清熱解毒・祛痰排膿

【用語の説明】(term)

リンク清熱解毒(せいねつげどく) »…解熱と抗炎症の作用のある方法です。

リンク清熱解毒法(せいねつげどくほう) »…寒涼性の生薬を用い、熱毒の邪、発赤・腫脹・化膿・高熱を治します。

リンク去痰(きょたん) »…痰を除くことです。

リンク排膿(はいのう) »…化膿した部分を切開して膿(うみ)を出すことです。

 証の判定

判定

証(症状・体質)判定を望む方判定の方証判定メニュー  
※この判定のために、AI(人工知能)のエキスパート・システムを構築しました。Java

↑ページ先頭へ

 診断のポイント

●化膿性の腫れ物(炎症性浸潤が強い)
●体表が主、時に膿血便や膿痰
●特別の腹証はない


【病症】(symptoms) 次の病症どれかのある方に本処方は適合します。
●局所に炎症を伴う化膿症(腹部、大腿部等)、おでき。
●発熱・悪寒等の全身症状が無い。
●便秘や季肋部圧痛(胸脇苦満)などの内臓的苦満が無い。
●急性の化膿症。


 舌 診

舌診舌診(tongue) 淡紅、白あるいは微黄苔です。


舌診

舌診
上図の舌象と似ている舌の方は、排膿散及湯が良く効く可能性が高いです。

下図の舌象は、健康な人の舌です。ご自分の舌を鏡で見て確認してください。

健康な舌

 脈 診

脈診【脈診】(pulse) 浮数です。

 腹 診

腹診【腹診】(abdomen) 不定です。

 合 方

【合方】(複数の漢方薬を合わせた処方)
他剤との効用併用を示します。合方は良効なケースが多いです。
本方の証の方で、さらに次の症状がある方は、合わせて次の方剤を飲むと良く効きます。
病症症状 合 方 備 考
ガングリオン 排膿散及湯+ヨクイニン  
腱鞘(けんしょう)から発生する良性の腫瘍(しゅよう)で、主に手の甲に小さなこぶができます。

 使用方法

正しく使用 大人…1回5錠
1日3回随時服用

 構成生薬の説明

 製剤・薬剤形状

錠剤

錠剤 錠剤…成分を一定の形に圧縮して固めた薬です。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

使用上の注意  使用上の注意

【妊娠・授乳の注意】女性
●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。



補足説明  補足説明

 


↑ページ先頭へ

食養生  食養生1

 排膿散及湯は、体質:痰湿タイプです

養生法

●料理が薬(くすり)になる膳=薬膳
●薬膳=食べる方の体質に合っている食事料理
●薬膳は中華料理とは限りません。日本の日常の食材で作れます。

●主食には、雑穀入りのご飯にしましょう。海藻、きのこ、根菜を使用すると良いでしょう。

 養生法

水分をとり過ぎないようにし、利尿作用の高いとうもろこしなどの食材を食事に取り入れましょう。
体を温める食材もおすすめです。
階段の昇り降りや自転車こぎなどの運動で、汗をかく習慣をつけましょう。

食材

次の食材を積極的にご利用ください。

 漢方食材

陳皮

 薬味etc.

しょうが セージ

 穀類・豆類

はと麦 小豆 大豆 緑豆 緑豆春雨

 野菜・キノコ

トウモロコシ なす なす とうがん セロリ

 果物・木の実

ぶどう すいか カリン

 魚介・海藻

はまぐり くらげ いわし さんま さんま あじ

 「水」の代謝が悪くなって、身体内に水分(津液)が溜まっている

体質タイプ:痰湿
津液の代謝が悪くて、体内に水分がたまった体質です。水分の代謝には脾、肺、腎臓が関係していますが、とくに腎臓の働きが低下していると、水分が体にたまりやすくなってしまいます。また、肺と脾に異常があると、むくみや喘息などの症状も現れてきます。

脾、肺、腎の働きを正常にするために、気を巡らす作用のある食材をとりましょう。さらに利尿作用のある食材で不要な水分を体外に排出します。この体質の人は冷え症の場合が多いので、体を温めるものをとり、運動をして代謝を上げましょう。

 調味料

酒 みそ 酢

 飲 物

ウーロン茶 プーアール茶 麦茶 コーヒー コーヒー ココア

 食物繊維たっぷりの食材を

痰湿タイプの人には、便通や排尿をよくする食物を使い、脂肪や水分の排泄を促して、体にたまった「痰湿」を取り除くことが肝心です。その役割を果たす食物が、食物繊維に富んだ玄米、麦、雑穀、海藻、きのこ、根菜です。

食物繊維は、人間の消化酵素では消化されにくい食品中成分の総称です。腸内で老廃物や水分を吸収し、便として体外に排出するはたらきがあります。また食物繊維が多い食物は、よく噛まなくては食べられない食品が多く、過度な食欲と食べすぎを抑えてくれます。肥満予防、高脂血症や動脈硬化の予防、整腸作用など、痰湿の症状を予防しととのえるのにぴったりのはたらきをしてくれるのです。

逆に、気になるコレステロールを増やす食物は、肉、脂っぽい食物、甘い食物です。痰湿タイプの人はなるべく控えましょう。

 む<みが強い痰湿の食材を

中医学では、のどが渇いて水が飲みたくなったときに飲めば十分に必要量を摂取できるとされていますが、最近は水のペットボトルを携帯して暇さえあれば水を飲む人がいます。しかし痰湿ならそれはタブーです。飲みすぎる傾向が強い痰湿は、逆に抑えぎみの飲水が適量でしょう。

また水分や糖分を多量に含む果物も、とりすぎると、むくみの原因になります。一日に1個ぐらいにしましょう。

おすすめの食性・食味は、「平温涼性」と「甘味」「辛味」「鹸味」です。身体に熱がこもる熱タイプの痰湿は、冬瓜(とうがん)、緑豆、緑豆春雨などの涼性の食材で熱を冷ましましょう。

 避けたい食材

●肉類、卵の黄身、魚卵、脂っぽいもの、甘いもの(ケーキ類 etc.)、味の濃いものは避けましょう。
●炭酸飲料、水分(とくに冷たい飲みもの)、酒類は控えめにしましょう。
●チョコレート、生クリームは控えめにしましょう。

 備 考

(remarks)
排膿散及湯は、その名からも分かるように、膿を排出する効果があり、皮膚の炎症などに用いられる漢方薬です。おできの処方では最もよく使われている処方のひとつです。漢方の抗生物質とも呼ばれています。

この薬が合うタイプは、局所的に腫れや化膿があっても発熱や悪寒といった全身症状がない、便秘をしていない、胸脇苦満(肋骨の下を押すと抵抗と圧痛がある)などの内臓的な苦痛がない、などが特徴として挙げられます。

排膿散及湯は、おできの初期の段階から、化膿して最も膿をもつ時期、鎮静化した時期まで、どの段階でも排膿効果があります。

特に激しく化膿しているような場合は、西洋薬の塗り薬と併用することで、大きな効果が得られます。

備考 ↑ページ先頭へ

判定  類方鑑別

【排膿散及湯類似処方の紹介】…次の方剤は、使用目的が排膿散及湯に比較的近い方剤です。あなたの症状とともに、比較検討してください。

葛根湯   …体力中等度以上の人の化膿の初期で、項背がこわばり、時に悪寒・発熱を伴う場合に用いる。赤味を帯びた発疹や表層性の紅斑。

十味敗毒湯   …体力中等度の人の皮膚疾患で、滲出液が少なく、化膿巣が小さく、散発性で時に軽度の季肋部の苦満感および抵抗・圧痛(胸脇苦満)を呈する場合に用いる。(膿疱形成初期)

清上防風湯   …比較的体力のある人で、赤ら顔でのぼせの傾向があり、特に頭部、顔面に散在性の発赤、腫脹あるいは化膿巣を生ずる場合に用いる。上半身に効き下半身には効かない。(上焦の風湿熱証)

大黄牡丹皮湯   …体力が充実し便秘をする人の腹腔内、下部尿路、あるいは肛門周囲の化膿性・炎症性疾患で、患部が腫脹・疼痛し熱のある場合に用いる。(腸癰)

十全大補湯   …体力の低下した人、特に化膿が慢性化し、衰弱した人で、るい痩、貧血、食欲不振などを呈し、皮膚の艶がわるい場合に用いる。血虚+気虚。

黄耆建中湯   …やや虚弱な人で、化膿や潰瘍が慢性化し、治癒遷延傾向の人。

↑ページ先頭へ