Now Loading

ツムラ漢方 釣藤散 エキス顆粒の主治・商品説明

慢性頭痛・物忘れに、高血圧、動脈硬化に、スッキリ、爽やかに晴れわたる、頭のビタミン剤

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

ツムラ漢方 釣藤散 エキス顆粒
相談窓口

説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ 第2類医薬品

主治・効果

(Mainly treatment)…主とする治療対象です。

高血圧症・脳動脈硬化症/肝陽上亢/肝陽化風

【適応症】高血圧、脳血管障害後遺症、頭痛神経症めまい肩こり更年期障害動脈硬化、メニエール症候群。

→

次の症状のいくつかある方は、釣藤散が良く効く可能性が大きいです。



 商品説明

漢方処方  処方名:釣藤散ちょうとうさん

●起床時やイライラしたときに頭痛を訴え、血圧が高くなる人に使用します。痰飲(体内に貯留した異常な水液)によって起こる頭痛、めまいを取ります。
●中年から高年にかけて、高血圧などの生活習慣病の傾向が出てくるとともに、頭痛がするといったことがあります。特に日ごろ過労や緊張によるストレスの強い働き盛りの方で、起床時あるいは午前中に調子が悪く、頭痛がしたり頭が重い、といった方がしばしばみられます。
ツムラ漢方釣藤散エキス顆粒は、中高年や血圧が高くなる傾向の方の慢性に続く頭痛をとる漢方薬です。
●目標となる症状は、朝、目覚めたとき、または起床後しばらくしてから感じる、頭が重だるい違和感、それに、肩こりや、耳鳴りめまい、のぼせなどです。気力を高め、また、頭部の動脈硬化を改善することから、ボケ(老人性痴呆症)の予防にも非常に有効な漢方薬です。


●本剤は、漢方の古典「類証普済本事方」(るいしょうふさいほんじほう)(宋代)に収載の処方に基づいて作られたエキスを、飲みやすく顆粒剤としたものです。
●本方は11種類の生薬から成り、その主薬である釣籐鈎の名をとって処方名とされました。

 弁証一覧(次の弁証の方には、釣藤散が良く効きます。)

  • ●肝陽上亢
  • ●肝陽化風


 出典書籍

西暦1132年 南宋時代 『普済本事方』 by許叔微 《類証普済本事方》あるいは《本事方》ともいう。10巻。本書は主に内科の常見する病証23種の治療方剤と、針灸法、約300余方を収載している。自分が用いた方剤の処方筆を論述しているところがら、《本事方》と名づけた。→処方使用期間:885年間

サイト内外検索

Google
 

 注 文

shopping ツムラ漢方 釣藤散 エキス顆粒のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k1120 24包 3,780円(税込)
数量
k1121 64包 9,720円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

 効能・効果

効能効果 慢性に続く頭痛で中年以降、または高血圧の傾向のあるもの。


 使用方法

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。むかつくときは、水で飲んでもかまいません。

 成分

生薬
釣藤散は、その名前になっている釣藤鈎をはじめ、下記のようなたくさんの生薬からなります。
主薬の釣藤鈎には、脳血管を広げて脳循環をよくする作用があるといわれます。寒性薬の石膏は、充血や炎症をひき、のぼせをさます役割りをします。また、茯苓や半夏は、水分循環をよくすることで、めまいや耳鳴りの改善に役立ちます。そのほか、痛みを発散する防風や菊花、滋養・強壮作用の人参などが配合されます。
日本薬局方 セッコウ(石膏)5.0g 日本薬局方 チンピ(陳皮)3.0g 日本薬局方 バクモンドウ(麦門冬)3.0g 日本薬局方 ハンゲ(半夏)3.0g 日本薬局方 ブクリョウ(茯苓)3.0g 日本薬局方 ニンジン(人参)2.0g 日本薬局方 ボウフウ(防風)2.0g 日本薬局方 カンゾウ(甘草)1.0g 日本薬局方 ショウキョウ(生姜)1.0g チョウトウコウ(釣藤鈎)3.0g キッカ(菊花)2.0g

使用上の注意  使用上の注意

【妊娠・授乳の注意】女性
●妊娠中毒症の高血圧の場合によく使用します。
●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。



↑ページ先頭へ