Now Loading

ウチダ 加味逍遙散料 煎じ薬の主治・商品説明

女性特有の病気に効く漢方の名薬

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

ウチダ 加味逍遙散料 煎じ薬

説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ 第2類医薬品

主治・効果

(Mainly treatment)…主とする治療対象です。

肝鬱化火の精神不安・生理不順/血虚+肝気鬱血

【適応症】冷え性虚弱体質更年期障害血の道症月経不順月経困難不眠症胃神経症胃アトニー症胃下垂症胃拡張症便秘症湿疹神経症流産中絶、卵管結紮後の血の道症慢性肝炎肝硬変症手掌角化症口内炎、虚弱者の便秘自律神経失調症膀胱炎尿道炎帯下不妊症かんしゃく持ち(怒りやすい)、産後口内炎

加味逍遙散 →

次の症状のいくつかある方は、加味逍遙散が良く効く可能性が大きいです。



 商品説明

漢方処方  処方名:加味逍遙散かみしょうようさん

不定愁訴が多いタイプに!
ウチダ加味逍遥散料煎じ薬は、イライラなどを起こしたり、時には冷えたり、あるいは肩がこったり、便秘したりという、多彩でしかも症状が一定しない、女性に多い、いわゆる不定愁訴(ふていしゅうそ)に効果がある漢方薬です。
①神経を使う為に、何となくイライラする人
神経を使い過ぎ、ストレスが蓄積している為に、相手の話も聞かずに、一方的に自分からペラペラとしゃべる人。更年期でイライラしている人にも用いられます。
②月経が一定せず、月経前になると体調が乱れる人
月経周期が早く来たり、遅く来たりして一定しない。月経前に調子が悪くなる月経前緊張症などにも使います。
③上半身が急に熱くなって汗が出て、その後急に寒くなる。のぼせやすく、些細なことが気にかかり、イライラして不定愁訴が多い方に用います。
●肝機能を高めたり血圧を下げたりする作用がありますので、その適用範囲は幅広く、男性にも使用します。


●本剤は、漢方の古典「内科摘要」(ないかてきよう)、「女科撮要」(じょかさつよう)(いずれも明代)収載の処方に基づいて作られたエキスを、飲みやすく煎じ薬としたものです。
●本方は基本処方である逍遥散に、牡丹皮、山梔子を加えたもので、加味逍遥散又は丹梔逍遥散と言います。なお、逍遥散も『和剤局方』に収載されている処方で、不安、不眠、突然上半身に現れる灼熱感、怒りっぽいなどの逍遥性の神経症状に用いられます。そこで適応となる病態に基づいて逍遥散と名付けられたと推察されています。
●体力が弱い婦人の冷え症・月経不順等に使用します。
●逍遥散に山梔子と牡丹皮を加え、昔から婦人の不定愁訴症候群や更年期障害によく用いられてきましたが、女性に限らず、
①心気症的傾向の不定愁訴
②柴胡剤と駆瘀血剤の証を併せ持つ虚証
に広く用います。
●本方は気血両虚で肝鬱化火の方に対する処方です。
●血液循環をよくして体をあたためる一方、のぼせなど上半身の熱をさまします。また、ホルモンのバランスを整える効果も期待できます。どちらかというと女性向けで、体が虚弱で疲れやすく、イライラや不安感をともなうときに向きます。

 弁証一覧(次の弁証の方には、加味逍遙散が良く効きます。)

  • ●肝気鬱結(肝気鬱滞)
  • ●肝火上炎(肝火旺)
  • ●肝脾不調(肝鬱脾虚)
  • ●肝胃不和(肝気犯胃)


 出典書籍

西暦1600年 明時代 『内科摘要』 by薛巳 →処方使用期間:417年間

サイト内外検索

Google
 

 注 文

shopping ウチダ 加味逍遙散料 煎じ薬のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k0971 30日分 14,018円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

 効能・効果

効能効果 体質虚弱な婦人で、肩がこり、疲れやすく、精神不安などの精神神経症状、ときに便秘の傾向のある次の諸症:
冷え症、虚弱体質、月経不順月経困難更年期障害血の道症。 ※血の道とは、本来血液の通る血管のことで、月経時、更年期、産後などの女性に見られる頭痛、めまい、精神不安などの諸症状を血の道症といい、子宮関係の病気の俗称としても使われています。


 使用方法

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
大人は1袋(1日分)につき水600ml(約3合3勺)を加え、あまり強くない火にかけ300ml(約1合7勺)に煮詰め、袋を取り出し、2~3回に分けて食前1時間または食間空腹時に温服します。

 成分

生薬
加味逍遙散には、血流をよくして体をあたためるもの、上半身の熱をさますもの、痛みをやわらげるもの、無駄な水分を取り除くもの、あるいは滋養作用をもつ生薬などがいろいろと配合されています。
日本薬局方 サイコ(柴胡)3.0g 日本薬局方 シャクヤク(芍薬)3.0g 日本薬局方 ソウジュツ(蒼朮)3.0g 日本薬局方 トウキ(当帰)3.0g 日本薬局方 ブクリョウ(茯苓)3.0g 日本薬局方 サンシシ(山梔子)2.0g 日本薬局方 ボタンピ(牡丹皮)2.0g 日本薬局方 カンゾウ(甘草)1.5g 日本薬局方 ショウキョウ(生姜)1.0g 日本薬局方 ハッカ(薄荷)1.0g

使用上の注意  使用上の注意

【妊娠・授乳の注意】女性
●配合生薬の牡丹皮により、妊娠によくない影響をする可能性があります。大量でなければまず心配ないのですが、妊娠中の服用については医師とよく相談してください。



↑ページ先頭へ