Now Loading

ヨクカーンSの主治・商品説明

神経症、不眠症、小児夜泣き、小児疳症、イライラして、怒りっぽい方に

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

ヨクカーンS

説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ 第2類医薬品

主治・効果

(Mainly treatment)…主とする治療対象です。

肝脾不和(神経症・過敏性結腸炎)にさらに嘔吐を伴う病態

【適応症】神経症不眠症、小児夜なき、小児疳症、自律神経失調症更年期障害高血圧又は動脈硬化による神経症状、小児夜啼症、中風、疲労症、悪阻(つわり)。

抑肝散加陳皮半夏 →

次の症状のいくつかある方は、抑肝散加陳皮半夏が良く効く可能性が大きいです。



 商品説明

漢方処方  処方名:抑肝散加陳皮半夏よくかんさんかちんぴはんげ

●ストレスの発散ができず・神経が高ぶる人に用いられます。
●イライラしているが、充分にストレスを発散できない人に使用されます。
●貧乏ゆすりやチック、登校拒否症にも。登校前や出勤前になると腹痛や頭痛の起こる人に用いられます。
●ストレスの多い中間管理職や受験生の精神安定剤として使用されます。
●本剤の「抑肝(よくかん)」という名は、肝気(かんき)が高ぶって怒りやすく、神経質で、俗に癇(かん)が強いといわれるのを鎮静させるところから来ています。もとは神経が高ぶってひきつけなどを起こす小児のために創られた処方ですが、神経過敏や精神的な緊張で眠れない、あるいはイライラして落ち着かないとか、逆にうっとうしいといった方は年齢によらず用いることができます。イライラを落ち着かせ、神経を安定させる漢方薬といえます。
●ちょっとした物音にびくっとしたり、臍(へそ)の左に動悸(どうき)や圧痛があるとか、顔などの筋肉がピクピク引きつる、睡眠中に歯ぎしりする、といった場合があるのもヨクカーンSを用いる一つの目安と考えられます。


●本剤は、わが国古来の経験による処方に基づいて作られたエキスを、飲みやすく錠剤としたものです。
●本方は抑肝散に陳皮、半夏を加えたもので、これを方剤名としました。
●「ストレスの発散ができず、神経が高ぶる人」を基本に、
①小児の夜泣き、瘡症。
②登校拒否症。登校前や出勤前になると頭痛や腹痛が起こる人。
③精神的緊張状態の強い受験生や管理職の神経症、不眠症。
④脳血管障害・動脈硬化症・高血圧症・パーキンソン病などで、興奮して神経が高ぶる人。

 弁証一覧(次の弁証の方には、抑肝散加陳皮半夏が良く効きます。)

  • ●肝脾不調(肝鬱脾虚)
  • ●肝胃不和(肝気犯胃)
  • ●肝腎陰虚


 出典書籍

西暦1800年 日本時代 『本朝経験方』 by 日本で生まれて経験的に幅広く用いられているが明確な創作者がわかっていない処方。→処方使用期間:217年間

サイト内外検索

Google
 

 注 文

shopping ヨクカーンSのお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k0362 180錠 4,644円(税込)
数量
●小太郎の協力会製品のご注文はインターネットではできません。
電話、Fax、Eメールで承ります。
弁証論治しましょう。

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

 効能・効果

効能効果 虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症:
神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症。


 使用方法

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
成人(15才以上)1回6錠、7~14才1回4錠、5~6才1回3錠。1日3回、食前又は食間に服用

 成分

生薬
抑肝散加陳皮半夏の構成生薬は下記の9種類です。柴胡は、熱や炎症をさまし、腹直筋など筋肉の緊張をゆるめる働きをします。釣藤鈎には脳循環をよくする作用があるとされ、手足のふるえ・けいれんなどにも効果的と考えられます。蒼朮と茯苓は、水分循環を改善する漢方の代表的な利尿薬です。茯苓には、気分を落ち着けたり、動悸をしずめる作用もあるといわれます。さらに、血行をよくして貧血症状を治す当帰と川きゅう、胃の働きを高める陳皮と半夏、緩和作用の甘草が加わります。
18錠中抑肝散加陳皮半夏(水製エキス)2.00g・チョウトウコウ1.50g・局トウキ1.50g・局サイコ1.00g・局カンゾウ0.75g・局センキュウ1.50g・局チンピ1.50g・局ソウジュツ2.00g・局ハンゲ2.50g・局ブクリョウ2.00g

使用上の注意  使用上の注意

 1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)血圧の高い人又は高令者
(2)心臓又は腎臓に障害のある人
(3)むくみのある人
(4)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
(5)妊婦又は妊娠していると思われる婦人
(6)医師の治療を受けている人
 2.服用に際して、次のことに注意する
(1)定められた用法・用量を厳守すること
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること〔小児の用法のある場合〕
 3.服用中又は服用後は、次のことに注意すること
(1)本剤の服用により、発疹・発赤、かゆみ等の症状があらわれた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること
(2)本剤を服用することにより、尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等の症状があらわれた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること
(3):胃苓湯1カ月位(食あたり、暑気あたり、急性胃腸炎に服用する場合には数日間)服用しても症状の改善がみられない場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること
:かく香正気散1カ月位(夏の感冒、下痢に服用する場合には数回)服用しても症状の改善がみられない場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること
:桂枝加竜骨牡蛎湯1カ月位(小児夜なきに服用する場合は1週間位)服用しても症状の改善がみられない場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること
:香砂六君子湯1カ月位(胃痛・嘔吐・消化不良に服用する場合には1週間位)服用しても症状の改善がみられない場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること
:清暑益気湯1カ月位(暑気あたり、暑さによる下痢に服用する場合には数回)服用しても症状の改善がみられない場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること
:当帰建中湯1カ月位(下腹部痛・痔・脱肛の痛みに服用する場合には1週間位)服用しても症状の改善がみられない場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること
:当帰四逆湯1カ月位(下腹部痛・下痢に服用する場合には数回)服用しても症状の改善がみられない場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること:人参湯(理中丸)1カ月位(嘔吐・下痢に服用する場合には1週間位)服用しても症状の改善がみられない場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること
:半夏瀉心湯1カ月位(二日酔、げっぷ、胸やけに服用する場合には数回)服用しても症状の改善がみられない場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること
:平胃散1カ月位(急性の場合には数日間)服用しても症状の改善がみられない場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること
:抑肝散、抑肝散加陳皮半夏1カ月位(小児夜なきに服用する場合には1週間位)服用しても症状の改善がみられない場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること
:生姜瀉心湯1カ月位(胸やけ、嘔吐、下痢に服用する場合には数回)服用しても症状の改善がみられない場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること
(4)長期連用する場合には、医師又は薬剤師に相談すること
 4.保管及び取扱い上の注意-〔G〕(注1:1-(1)、(2)、(3);3-(2)、(4)を除く)
(1)小児の手のとどかない所に保管すること
(2)直射日光をさけ、なるべく(湿気の少ない)涼しい所に(密栓して)保管すること
(3)誤用をさけ、品質を保持するために、他の容器に入れかえないこと
(4)1包を分割して服用した後、残りを保管し、続けて服用するような場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用すること(分包製剤)
(5)生薬を原料として製造しているので、製品の色や味等に多少の差異が生じることがある。
 小児の注意:5才未満には服用させないこと

【妊娠・授乳の注意】女性
●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。



↑ページ先頭へ