Now Loading

荊防敗毒散エキス細粒G「コタロー」の主治・商品説明

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

荊防敗毒散エキス細粒G「コタロー」

説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ 第2類医薬品

主治・効果

(Mainly treatment)…主とする治療対象です。

化膿性の腫れものが全身にできやすく、それが赤く大きくて時に痛むこともある。解表薬(体表の病邪を追い払う生薬)が主薬になっていることから、かぜの初期でノド・気管支に炎症が出てきたものにも応用

【適応症】急性化膿性皮膚疾患の初期、吹き出物、湿疹

→

 商品説明

漢方処方  処方名:荊防敗毒散けいぼうはいどくさん

●この処方名には「荊芥・防風を主薬とした化膿などの毒を敗退(しりぞく)させる散剤」という意味があります。発表薬(発汗薬)が主薬になっていることから、病邪が皮膚表面にとどまっている状態(主に初期の皮膚化膿症)によいと考えられています。
●荊防敗毒散エキス細粒G「コタロー」は、湿疹や皮膚炎などの化膿症の初期で、発赤(赤い)、腫脹(はれる)、疼痛(痛い)など炎症症状が顕著なものを改善させる漢方薬です。


 出典書籍

西暦1587年 明時代 『万病回春』 by{龍+共}廷賢 8巻。《内経》《難経》より金川四大家までの医学書を編纂したもの。上巻には総論、下巻には各論が記載されており、病証の種類も比較的多く、弁証も詳細で、方剤の選択も多い。→処方使用期間:430年間

サイト内外検索

Google
 

 注 文

shopping 荊防敗毒散エキス細粒G「コタロー」のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k2253 2.0g×90包 12,960円(税込)
数量
●小太郎の協力会製品のご注文はインターネットではできません。
電話、Fax、Eメールで承ります。
弁証論治しましょう。
k2254 500g 32,400円(税込)
数量
●小太郎の協力会製品のご注文はインターネットではできません。
電話、Fax、Eメールで承ります。
弁証論治しましょう。

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

 効能・効果

効能効果 比較的体力があるものの次の諸症:急性化膿性皮膚疾患の初期,湿疹・皮膚炎。


 使用方法

正しく使用 食前に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2~3時間を指します。

[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包:3回
15歳未満7歳以上:2/3包:3回
7歳未満4歳以上:1/2包:3回
4歳未満2歳以上:1/3包:3回
2歳未満:1/4包:3回

 成分

生薬
3包(6g)中
ケイガイ・ドクカツ・レンギョウ・センキュウ・ボウフウ・サイコ・キキョウ・ゼンコ・ブクリョウ・キョウカツ・ハッカ・キコク・キンギンカ各1.6g, カンゾウ0.8g

使用上の注意  使用上の注意

■してはいけないこと (守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります) 次の人は服用しないでください  生後3ヵ月未満の乳児。 ■相談すること 1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください  (1)医師の治療を受けている人。  (2)妊婦または妊娠していると思われる人。  (3)胃腸が弱く下痢しやすい人。  (4)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。 2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師または薬剤師に相談してください  (1)服用後,次の症状があらわれた場合 [関係部位:症状] 皮ふ:発疹・発赤,かゆみ 消化器:食欲不振,胃部不快感  (2)1週間位服用しても症状がよくならない場合 3.本剤の服用により,まれに症状が進行することもありますので,このような場合には,服用を中止し,医師または薬剤師に相談してください

【妊娠・授乳の注意】女性
●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。



↑ページ先頭へ