Now Loading

痛絡丸の主治・商品説明

神経痛、腰痛、関節痛、筋肉痛。手足や腰の痛み、がまんできますか?

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

痛絡丸

説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ 第2類医薬品

 主 治

(Mainly treatment)…主とする治療対象です。

気滞血瘀・経絡不通の関節痛など/経絡の瘀血

【適応症】多発性関節炎、関節症、腰痛症、坐骨神経痛慢性関節リウマチ神経痛筋肉痛、痛風、筋肉リウマチ、脳卒中後遺症、半身不随、脚気、下肢麻痺、漿液性膝関節炎、産後の血栓性静脈炎の疼痛。

疎経活血湯 →

次の症状のいくつかある方は、疎経活血湯が良く効く可能性が大きいです。



 商品説明

漢方処方  処方名:疎経活血湯そけいかつけっとう

●しつこい関節や腰の痛みに、神経痛筋肉痛にお試し下さい。
●「中薬 痛絡丸(ツウラクガン) 」は、筋肉痛、肘の痛み、腰痛、神経痛関節痛のための漢方製剤です。
●「万病回春」に収監されている「疎経活血湯」を服み易い丸剤にしたものです。
●無理な動作やくしゃみなどで突如襲われる腰痛や筋肉痛によく奏功し、特に神経痛などは昼間より夜間から朝方にかけて痛みが激しくなるタイプに効きます。


 弁証一覧(次の弁証の方には、疎経活血湯が良く効きます。)

  • ●血瘀(瘀血)
  • ●気滞血瘀


 出典書籍

西暦1587年 明時代 『万病回春』 by{龍+共}廷賢 8巻。《内経》《難経》より金川四大家までの医学書を編纂したもの。上巻には総論、下巻には各論が記載されており、病証の種類も比較的多く、弁証も詳細で、方剤の選択も多い。→処方使用期間:430年間

サイト内外検索

Google
 

 注 文

shopping 痛絡丸のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k2240 450丸(15日分) 4,104円(税込)
数量
k2241 600丸(20日分) 5,184円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

 効能・効果

効能効果 関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛


 使用方法

食前または食間に服用 次の量を1日3回、食前または食間に服用してください。(食間とは、食後2-3時間を指します)
年齢  大人(15才以上)  15才未満7才以上  7才未満
1回量  10丸         7丸           服用しないこと


●用法・用量に関連する注意
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

 成 分

生薬
本品30丸中
・トウキ(当帰)…1000mg
・ボウイ(防己)…750mg
・ジオウ(地黄)…1000mg
・キョウカツ(羌活)…750mg
・ソウジュツ(蒼朮)…1000mg
・ボウフウ(防風)…750mg
・センキュウ(川芎)…1000mg
・リュウタン(竜胆)…750mg
・トウニン(桃仁)…1000mg
・ショウキョウ(生姜)…250mg
・ブクリョウ(茯苓)…1000mg
・チンピ(陳皮)…750mg
・シャクヤク(芍薬)…1250mg
・ビャクシ(白芷)…500mg
・ゴシツ(牛膝)…750mg
・カンゾウ(甘草)…500mg
・イレイセン(威霊仙)…750mg
疎軽活血湯エキス2500mgを含有する丸剤です。添加物として安息香酸ナトリウム、アルファー化デンプン、バレイショデンプン、精製セラックを含有します。

使用上の注意  使用上の注意

●相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人
(4)今までに薬により発疹、発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること。
(1)服用後、次の症状があらわれた場合関係部位 症状
皮ふ 発疹、発赤、かゆみ
消化器 食欲不振、胃部不快感
(2)1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合

【妊娠・授乳の注意】女性
●牛膝、桃仁により、流早産の危険性があります。



↑ページ先頭へ