Now Loading

養陰清肺シロップの主治・商品説明

咽頭痛(のどの痛み)、咳嗽(せき)

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

養陰清肺シロップ

説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ 第2類医薬品

主治・効果

(Mainly treatment)…主とする治療対象です。

陰虚(慢性咽頭炎・乾性咳・口鼻乾燥・から咳)

【適応症】咽頭痛(のどの痛み)、咳嗽(せき)、白喉(ジフテリア)

養陰清肺湯 →

次の症状のいくつかある方は、養陰清肺湯が良く効く可能性が大きいです。



 商品説明

漢方処方  処方名:養陰清肺湯よういんせいはいとう

のどの痛み・せきに養陰清肺シロップ
●中国の伝統の中で培われた養陰清肺湯は「のど」のためのお薬です。
●中国から輸入されたのどの薬で、生薬の水性エキスを飲みやすくしたシロップ剤です。のどがはれて痛んだり、せきや痰がからまって出ないような時によく効きます。のどにやさしい生薬の水製エキスに蜂蜜を加え、飲みやすくしたシロップ剤です。
のどの痛み(タバコの吸い過ぎや声の使い過ぎ等)にも効果的です。
のどが腫れて痛む、セキや痰がからむ…こんな時に効果的です。
●のどの痛みを体質や年齢、虚弱に関係なく速やかに改善します。
●しつこい咳、痰に顕著な効果をあらわします。
●声がれタイプの方に最適です。
●8種類の天然生薬の水製エキスにハチミツを加えてありますので、飲みやすくかつ安心して服用できます。
次のような方におすすめです。
・のどの痛み、炎症(扁桃腺炎など)のある方
・からせきの人
・痰の切れにくい咳
・のどや、唇、鼻がかわいている人
・ぜんそくのような咳ではあるが、ぜんそくではない人
・声がれの人


●中国清朝「重楼玉鑰」に収載されたお薬です。肺の熱を清め、肺を養うという意味があります。
●養陰清肺湯は、白喉(ジフテリア)に対する代表方剤です。
●中方医学で「養陰清肺」とは、肺熱に陰虚(臓腑の陰液が不足していること)を治療する方法のことです。『養陰清肺シロップ』は養陰清肺湯の処方を服用し易いシロップにした商品で、のどの痛み・せきに良く効きます。

 弁証一覧(次の弁証の方には、養陰清肺湯が良く効きます。)

  • ●肺陰虚
  • ●陰虚


 出典書籍

西暦1838年 清時代 『重楼玉鑰(じゅうろうぎょくやく)』 by鄭梅カン →処方使用期間:179年間

サイト内外検索

Google
 

 注 文

shopping 養陰清肺シロップのお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k2144 120ml(6日分) 1,965円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

 効能・効果

効能効果 のどの痛み、せき


 使用方法

正しく使用 大人(15才以上)1回10mL、15才未満1回5mL、
 それぞれ1日2回、水でうすめて服用する。
 (添付計量カップ使用)

 成分

生薬
本品1日量(20mL)中
生薬混合エキス3.4g
ジオウ(地黄)…1.67g
ボタンピ(牡丹皮)…0.67g
シャクヤク(芍薬)…0.67g
カンゾウ(甘草)…0.33g
バクモンドウ(麦門冬)…1.0g
ハッカ(薄荷)…0.42g
ゲンジン(玄参)…1.33g
バイモエキス0.17g
バイモ(貝母)…0.67g
添加物として、安息香酸塩、パラベンを含有する。

使用上の注意  使用上の注意

使用上の注意
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)本人又は両親、兄弟等がじんましん、かぶれ、アレルギー性鼻炎、へん頭痛、食物アレルギー等を起こしやすい体質を有している人。
(2)血圧の高い人又は高齢者。
(3)心臓又は腎臓に障害のある人。
(4)むくみのある人。
(5)医師の治療を受けている人。
2.服用に際して、次のことに注意してください
(1)定められた用法、用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)本剤は、生後3ヵ月未満の乳児に服用させないでください。なお、生後3ヵ月以上であっても1才未満の乳児には、止むを得ない場合の他は、服用させないでください。
3.服用中又は服用後は、次のことに注意してください
(1)本剤の服用により発疹・発赤、かゆみ、食欲不振、胃部圧迫感等の症状があらわれた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください。
(2)本剤を服用することにより、尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等の症状があらわれた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください。
(3)短期間の服用にとどめ、連用はさけてください。

保管及び取扱い上の注意
(1)小児の手のとどかない所に保管してください。
(2)直射日光をさけ、なるべく涼しい所に密栓して保管してください。
(3)誤用をさけ、品質を保持するため、他の容器に入れかえないでください。
(3)本剤は生薬製剤のため、まれに沈殿を生ずる場合がありますが、薬効に変わりありません。よく振ってから服用してください。
(4)服用のつど、瓶の口をよく拭いてから蓋をしめてください。
(5)添付の計量カップは、ご使用のつど、水洗いなどして常に清潔に保管してください。
(6)外箱に表示の使用期限内に使用してください。また、使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

↑ページ先頭へ