噯気散(旋覆花代赭石湯) 通販 注文 市販|ハル薬局
Now Loading

噯気散の主治・商品説明

胃酸過多症、留飲症、胃拡張症、胃アトニー症、胃下垂症、胃潰瘍に

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、3ページあります。

噯気散

説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ 第2類医薬品

主治・効果

(Mainly treatment)…主とする治療対象です。

胃虚痰阻・胃気上逆(胃酸過多症、留飲症、胃拡張症、胃アトニー症、胃下垂症、胃潰瘍)

【適応症】胃酸過多症、留飲症、胃拡張症胃アトニー症、胃下垂症、胃潰瘍胃癌幽門狭窄、慢性腸狭窄症、悪阻(つわり)、小児嘔吐、鼓腸で、心下痞硬し、曖気(ゲップ)、そう囃、呑酸(胃液が口中に逆流する)、嘔吐便秘、腹満、蠕動亢進、腹鳴がある方に使用します。

→

 商品説明

漢方処方  処方名:旋覆花代赭石湯せんぷくかたいしゃせきとう

心窩部の痞え(つかえ)・噫気(げっぷ)・悪心・嘔吐に使用します。
●胃濁不降による嘔吐・便秘にも用います。
●食べ過ぎ、飲み過ぎなどにより、胃の周囲に水が偏在しているために、胸焼けを起こしている場合に使用します。


●本剤は、漢方の古典「傷寒論」(しょうかんろん)(後漢時代)収載の処方に基づいて作られた顆粒剤です。

 弁証一覧(次の弁証の方には、旋覆花代赭石湯が良く効きます。)

  • ●気滞(気実)
  • ●胃気上逆(胃腸の痙攣)


 出典書籍

西暦250年 三国時代 『傷寒論』 by校訂 六経によって急性熱病を識別し、治療する方法について説明している。→処方使用期間:1767年間

サイト内外検索

Google
 

 注 文

shopping 噯気散のお買物
商品番号 規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
k2026 60包(20日分) 6,048円(税込)
数量
k2027 500g 27,000円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い

ショッピングカート ログイン会員登録 お客様マイページ

●ショッピングカート…現在のカートの注文状況を確認できます。
●ログイン会員登録…ハル薬局のお買物会員登録ができます。
●お客様マイページ…現在登録されているお客様の情報を、確認・変更することができます。購入履歴の情報を、確認することができます。

電話注文電話注文 Fax注文Fax注文 メール注文メール注文 直接来店(対面販売)直接来店(対面販売)
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

 効能・効果

効能効果 胃酸過多、胸やけ、胃部不快感、もたれ(胃もたれ)、胃重、胸つかえ、げっぷ(おくび)、 はきけ(むかつき、胃のむかつき、二日酔い・悪酔のむかつき、嘔気a)、悪心)、嘔吐、 飲み過ぎ(過飲)、胃痛、食欲不振(食欲減退)、胃部・腹部膨満感、消化不良、胃弱、 食べ過ぎ(過食)、整腸(便通を整える) a)嘔気:はきけのことを示します。


 使用方法

正しく使用 食前または食間に服用 次の量を食前又は食間注)に、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。 注)「食間」とは食後2~3時間を指します。 1回量 1日服用回数 年齢 容器入りの場合 分包品の場合 大人 1.5g(添付のサジ1杯) 1包 H歳以上15歳未満 大人の2/3の量(1.Og) 2/3包 3回 8歳以上11歳未満 大人の!/2の量(0.75g) 1/2包 5歳以上8歳未満 大人の1/3の量(0.5g) 1/3包 5歳未満 服用しないこと 〈用法・用量に関連する注意〉 (1)用法・用量を厳守すること。 (2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。

使用上の注意  使用上の注意

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる) 授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けること 費齪豆田 1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) 医師の治療を受けている人。 妊婦又は妊娠していると思われる人。 体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)。 胃腸が弱く下痢しやすい人。 今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。 次の診断を受けた人。 腎臓病 次の医薬品を服用している人。 潟下薬(下剤) 2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること (1)服用後、次の症状があらわれた場合 関係部位 症状 皮ふ 発疹・発赤、かゆみ 消化器 はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛 (2)2週間位服用しても症状がよくならない場合 3.次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続又は増強が見られた場合 には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること 軟便、下痢

【妊娠・授乳の注意】女性
●悪阻(つわり)に使用します。



↑ページ先頭へ